新選組!(大河ドラマ)のストーリーあらすじと感想。面白い作品なのか評判は?

大河ドラマ「新選組!」

香取慎吾さんが近藤勇を演じた「新選組!」は大河ドラマの中でも人気の高い作品です。

ですが、中には、気になっていたけども見ていない。初めて知った。という方もいるかと思います。

そんな方に大河ドラマ「新選組!」のあらすじ、ストーリーをご紹介いたします!

今でも活躍されている俳優さんがたくさん登場しているので、見やすい作品だと思いますよ。

スポンサーリンク

大河ドラマ「新選組!」のあらすじ・ストーリーはどんな話?

将軍上洛のお供のために結成された浪士隊に近藤勇、土方歳三、沖田総司が参加

将軍上洛のための警護組織・浪士隊に近藤勇、土方歳三、沖田総司が参加するところから物語ははじまります。

この浪士隊とは後の新選組となる、組織で、いわば新選組の前身ともいえます。

浪士隊として京都の警護のために上洛を果たした一行でしたが、浪士隊は尊皇活動を行うための組織であったということを知らされると、京都に残るもの、江戸に戻るものに分離することとなりました。

幕府から京都市中警護の職を拝命する

京都に残った浪士隊の近藤勇らは、その後、京都市中の警護を任されるようになり、新選組の前身でもある「壬生浪士組」を結成しました。

 

「誠」を旗印に近藤勇・土方歳三を中心とした新撰組が結成される

その後、壬生浪士組八月十八日の政変で働きぶりを見せると、その功績が認められ武家伝奏から「新選組」という隊名が与えられました。

 

池田屋事件

「新選組」が関わった出来事として有名な池田屋事件。

京都の池田屋に潜伏していた尊王攘夷派志士を新選組は襲撃します。

この池田屋事件以降、新選組に入隊するものが増え、隊員数は200人以上にも及ぶこととなります。

 

会津藩の松平容保のもと京都を守るために必死に戦う

会津藩の幕臣となった新選組のメンバーは、その後、旧幕府軍と新政府軍の対立である鳥羽・伏見の戦いを迎えます。

 

近藤勇・土方歳三の戦死によって新選組は終わりを迎える

旧幕府軍に従い、戊辰戦争を始め必死に戦いますが敗戦が続き、隊長の近藤勇が新政府軍に斬首され、土方歳三も函館で戦死し、新撰組の終焉を迎えました。

 

新選組!のキャスト感想。豪華で実力派が勢ぞろいで、見ごたえ抜群。

主人公・近藤勇を演じたのは元SMAPの香取慎吾さんです。

そのほかにも山本耕史さん、オダイリジョーさん、藤原竜也さん、中村勘九郎さん、堺雅人さん、佐藤浩二さん、ぐっさん、中村獅童さん、江口洋介さん、野際たか子さん、優香さんが出演されました。

また脚本を務めたのは三谷幸喜さんで、笑いあり、感動ありの作品です。

新選組!感想。名シーンは池田屋襲撃

内容も、香取慎吾さん扮する近藤勇が田舎から出てきて「誠」の忠義を守り立派な武士として成長していく姿に胸が熱くなりました。
好きなシーンはやはり新選組の見せ場である、池田屋の回です。
新選組ってエキセントリックな内容ですが、それを感動的に、情緒的によくまとまったドラマでした。
さすが三谷幸喜さんです。

 

芹沢鴨(佐藤浩一)の暗殺や、山南敬介(堺雅人)の脱走の罪での切腹、池田屋襲撃など、血なまぐさいが、とても見どころあるシーンが多数あるが、中でも新選組一の曲者の斉藤一(オダギリジョー)が抜群にはまり役で、格好良かったです。
以上が、大体の新選組!のあらすじ、ストーリーです。
ここからは個人的な感想をご紹介します。

楽しめて見られるような脚色がなされた大河ドラマ

この大河ドラマはキャストも適役であり、脚本が三谷幸喜だけあって史実に基づきながらも、楽しめて見られるような脚色がなされています。

 

近藤勇が新選組の運用に悩み、葛藤する姿に感動

特に厳しい掟があった新撰組ですが、近藤勇も土方歳三も掟が必要であることは理解しながらも、心の中でその運用に悩み、葛藤していたことが山南敬助が脱走し、切腹に至るシーンからひしひしと伝わり、感動しました。

 

山南敬助と遊女・明里の別れのシーンに胸熱

個人的に好きなエピソードとしては山南と明里の話です。山南が明里の名付けをするシーンや、粛清される直前に牢獄の格子越しに別れをするシーンなど、ラブストーリーとしてもかなり胸熱でした。

 

幕末という時代を生きた若者たちの青春群像劇と呼べる作品

新撰組をテーマにした作品は数多くありますが、三谷氏の脚本だけあって、時代物の作品には馴染みの薄い若い世代の視聴者にも観やすいテンポの良さとセリフ回しの小技の効いた脚本は大変面白かったです。史実上の人物の歴史をなぞったドラマではなく、幕末という時代を生きた若者たちの青春群像劇と呼べるかと思います。

 

大河ドラマ「新選組!」は特に若い方におすすめです!

幕末という時代は少し難しく方が多いかもしれません。

しかし、脚本が三谷幸喜さんだけあって史実に基づきながらも、楽しめて見られるような脚色がなされています。

そのため時代物の作品には馴染みの薄い若い世代の視聴者にも観やすい作品となっています。

これを機に大河ドラマ「新選組!」を見てみてください!

以上、「新選組!(大河ドラマ)のストーリーあらすじと感想。面白い作品なのか評判は?」でした。

コメント