龍馬伝(大河ドラマ)のストーリーあらすじと感想。面白い作品なのか評判は?

大河ドラマ「龍馬伝」では歌手、俳優と多くの活躍を見せる福山雅治さんが主人公・坂本龍馬を演じています。

坂本龍馬を扱った作品は多くありますが、福山雅治さんが演じた坂本龍馬が印象に残っているといった方も多いはずです。

ですが、中には、気になっていたけども見ていない。初めて知った。という方もいるかと思います。

そんな方に大河ドラマ「龍馬伝」のあらすじやストーリーをご紹介いたします!

福山雅治さん演じる坂本龍馬、とてもかっこいいですよ。

 

スポンサーリンク

大河ドラマ「龍馬伝」のあらすじ・ストーリーはどんな話?

 

龍馬の幼馴染である岩崎弥太郎の語りで龍馬の幼少期から物語が進んでいく

以下は、大河ドラマランキングのあらすじからの引用です

「龍馬伝」は坂本龍馬の人生を描いたもので龍馬の幼馴染である岩崎弥太郎の語りで龍馬の幼少期から物語が進んでいきます。

岩崎弥太郎を演じたのは俳優の香川照之さん。主役を食うほどの演技力と存在感を醸し出しました。

坂本龍馬の性格はどんな人物像?生い立ちやエピソード・逸話が面白い!

 

憎しみからはなにも生まれないという母の教えのもと生きていく龍馬

幼少期から争いごとが嫌いな性格であった龍馬は憎しみからはなにも生まれないという母の教えのもとで育っていきます。

しかし生まれながらに身分を決められ、差別の激しい土佐では葛藤を持ちながら生活を送っていました。

 

黒船来襲

そんな中、日本に黒船が襲来します。

黒船の襲来を受けた龍馬はこれを機に外国との文化の違いを見つめ、日本も平和で身分などの格差、差別のない、皆したいことができる世界を作ることを望んでいきました。

 

勝海舟、桂小五郎に出会い平和な世の中の築き方を学なぶ

勝海舟、桂小五郎といった人たちに出会いどうしたら平和な世の中が築けるか学んでいきます。

そして、龍馬は仲間を集め、世の中を変えていこうとしました。

 

明治維新へとつながっていく

しかし、この改革の動きをよく思わない人たちもいます。

龍馬は次第にその人たちに命を狙われてしまうのですが、この龍馬の動きが明治維新へとつながっていくのです。

 

「龍馬伝」のキャスト感想。超モテ男だった坂本龍馬と共通する俳優は福山雅治さん以外にはいません。

坂本龍馬は実際、モテ男であったとされています。そんな坂本龍馬を演じたのは福山雅治さんです。超モテ男だった坂本龍馬と共通する俳優は福山雅治さん以外にはいません。他にも主役を食うほどの演技力と存在感を醸し出した香川照之さん(岩崎弥太郎)や、岡田以蔵を演じた佐藤健さん、高杉晋作を演じた伊勢谷友介さんなどが登場しています。また脇を固める俳優陣にはチームナックスの大泉洋さんや音尾琢真さんなど、豪華でフレッシュな俳優陣となっています。

「龍馬伝」感想。名シーンは新選組に追われる岡田以蔵を坂本龍馬が助けるシーン

龍馬伝の中で一番好きなシーンは、龍馬が再三に渡り岡田以蔵を助けるシーン。岡田以蔵演じるは佐藤健。新旧の最高キャストと言えます。新選組に追われる岡田以蔵。大声で「龍馬!龍馬!」と叫び、助けを求め、龍馬は遠くに聞こえるその声を「あれ?」と感じ、救出に向かいます。この福山と佐藤のやり取りが絶妙に良く、何度見ても好きなシーンです。以蔵を見つけて、新選組に立ち向かう龍馬。「もう大丈夫じゃ」の龍馬の一声に、頼もしさを感じ、涙が出ます。
以上が、大体の龍馬伝のあらすじ、ストーリーです。
ここからは個人的な感想をご紹介します。

歴史好きな人もそうでない人も楽しめる作品

坂本龍馬を演じた福山さんも、これまでの大河ドラマの主役の俳優さんたちの重厚さとは少し違った感じでかなり新鮮でした。時代物なので、好きな人は好きだけど嫌いな人はほとんど興味がわかないという事が多いと思うそれまでの大河ドラマとは違い、リアルさを一定程度確保しつつ、より分かり易く見やすく演出された作品だったのではないかと思います。

龍馬ファンからしたら、最良な作品

「龍馬伝」は坂本龍馬の幼少時代から青年期までの激動の人生をドラマチックで龍馬をカッコよく表現した作品です。 坂本龍馬を題材にした作品は多数ありますが、やはりヴィジュアル的にカッコイイ役者が演ずる(福山雅治さん)作品は、龍馬ファンからしたら、最良な作品だと思います。

 

龍馬の二面性が見事に演じ切られている

福山雅治さん演じる坂本龍馬の見どころは、志士活動に熱する暑苦しさ、一方でぼんやりと時を待つ龍馬の二面性を見事に演じ切っているところです。他のキャストだと暑苦しいだけの龍馬になってしまい、クールな龍馬が出てこないのです。このクールさも兼ね備えた龍馬が、一番実在した龍馬に近いのではないかと思えます。

高杉晋作役の伊勢谷友介さんとのシーンにワクワク

龍馬役の福山雅治さんはとてもかっこよく、親友となる高杉晋作役の伊勢谷友介さんとのシーンはワクワクさせられます。
歴史好きな人もそうでない人も楽しめる作品だと思います。

大河ドラマ「龍馬伝」は特に福山雅治さんファンの方におすすめです!

実際にモテ男であった坂本龍馬を演じたのは福山雅治さんです。

志士活動に熱する坂本龍馬を他のキャストが演じられると暑苦しいだけの龍馬になってしまい、クールな龍馬が出てこないのです。

このクールさも兼ね備えた福山雅治さんが演じた龍馬が、一番実在した龍馬に近いのではないかと思います。

これを機に大河ドラマ「龍馬伝」を見てみてください!

以上「龍馬伝(大河ドラマ)のストーリーあらすじと感想。面白い作品なのか評判は?」でした。

 

コメント