おんな城主直虎(大河ドラマ)のストーリーあらすじと感想。面白い作品なのか評判は?

戦国時代に生きた女城主・井伊直虎をご存知でしょうか?

これまであまり知られていない女性でしたが、大河ドラマ「おんな城主 直虎」が放送されたことによって知名度を伸ばしました。

井伊直虎を女優の柴咲コウさん、井伊直虎に育てられた井伊直政を俳優の菅田将暉さんが演じられたことでも話題になりましたよね。

井伊直虎の知名度アップにも繋がった大河ドラマ「おんな城主 直虎」を見たよ!という方が多いのではないでしょうか。

ですが、中には見たかったけど見れなかった、知らなかった!という人も多くいることでしょう。

そこで、今回は大河ドラマ「おんな城主 直虎」のあらすじやストーリー、見どころなどをご紹介いたします!

菅田将暉さんファンの方なら、必見の大河ドラマですよ!

スポンサーリンク

大河ドラマ「おんな城主 直虎」のあらすじ・ストーリーはどんな話?

幼馴染の亀之丞と婚姻を結ぶも

戦国時代に誕生した後の井伊直虎であるおとわは、井伊家の当主・井伊直盛の1人娘として誕生しました。

年頃となったおとはは、幼馴染の亀之丞と婚姻を結びます。

しかし、亀之丞の父が謀反を起こしたため井伊家の当主である今川家に斬首されてしまいました。

そのため亀之丞は井伊家から離れることとなりました。

出家し「次郎法師」と名乗る

とはは、亀之丞のため、井伊家の当主である今川家に許しを得るため、井伊家の菩提寺に出家し「次郎法師」と名乗ります。

10年たったある日、亀之丞は元服を迎え「井伊直親」と改めます。

この時はすでに次郎法師との婚姻は解消されていたため、井伊直親はしのという女性と結ばれ、2人の間には嫡男・虎松が誕生しました。

桶狭間の戦いが勃発、井伊家は大打撃を受ける

永禄3年(1560年)桶狭間の戦いが始まります。

この戦いによって父・井伊直盛は戦死し、井伊家は大打撃を受けるのでした。

永禄5年(1563年)には今川の実力者であった寿桂尼が当主となっていた井伊直親を殺害します。

その後も戦や策略によって跡継ぎの男性が次々に命を落としていく中、残された者は亡き井伊直親と子供・虎松でした。

そのため虎松が井伊家の当主となりますが、この時はまだ幼かったため次郎法師が「井伊直虎」と名乗り、城主となったのでした。

城主となった井伊直虎は領民のために孤軍奮闘

こうして城主となった井伊直虎は城を守りながら領民のために荒地の耕作地を3年間無税とする、隣接する国の商人と通じ材木業を通して協力関係を築くなど、領民のために孤軍奮闘します。

虎松の教育も欠かさない井伊直虎

当主となった井伊直虎は虎松(後の井伊直政)の教育も欠かしませんでした。

そんな中、武田氏が井伊氏に侵攻を行ってきます。

井伊直政はなんとか武田氏の侵攻を阻止することができたのですが、その直後、虎松は井伊直虎の前から姿を消すのでした。

井伊直政が徳川家康を支える重臣となる

数年後、井伊直虎の前から姿を消した虎松が井伊直虎のもとに帰ってきます。

成長した虎松は井伊家の再興を決意し帰ってきたのです。

その後、虎松は徳川家康に仕えはじめ、「井伊直政」と名前を改めると後に「徳川四天王」と呼ばれるほど活躍を果たすのでした。

「おんな城主 直虎」のキャスト感想。キャストが豪華で、とても見やすいドラマ

大河ドラマはいつもキャストが豪華ですが、今回も非常に豪華なキャストとなっています。まず、主人公・井伊直虎を女優の柴咲コウさん。そして井伊直虎に育てられる井伊直政を俳優の菅田将暉さん、他にも三浦春馬さんや高橋一生さん、市川海老蔵さんや松平健さんなどが登場されています。

「おんな城主 直虎」感想。見どころは直虎と幼馴染で家老・小野政次との別れのシーン

印象的なシーンは、何といっても政次(高橋一生)との別れのシーン。幼馴染で家老の小野政次が「自分ひとりの命ですむなら」と、井伊家を守るために一人で謀反人の汚名をかぶることになります。政次の処刑場には、直虎(おとわ)の姿も。「私がおくってやらねば」と処刑に立ちあう直虎。てっきり念仏を唱えるのかと思いきや、まさかの展開。直虎の手によって胸を刺された政次は、嬉しそうな笑顔を浮かべた後、直虎に「やれるものならやってみろ!地獄の底から見ている・・・」と言いながら息絶えます。この回は、長年大河ドラマを見てきた私の中では、最も切なく、悲しく、胸の痛くなる場面でした。

【2019】歴代で一番面白い大河ドラマ傑作ランキング!時系列もあり、初心者にもおすすめの「もう1度見たい作品」とは?から引用

以上が、大体の「おんな城主 直虎」のあらすじとストーリーです。
ここからは個人的な感想をご紹介します。

ストーリー展開が巧みで、視聴者を釘づけにさせるドラマです。

幼少期から描かれたおとわの生涯全体の物語としてもよくできた作品です。マイナーな人物ですが一話一話にを見ても、ストーリー展開が巧みで、視聴者を釘づけにさせるドラマです。脚本も演出も、もちろん俳優も、全てにおいてすばらしいスタッフによって作られた大河ドラマだと思いました。

【2019】歴代で一番面白い大河ドラマ傑作ランキング!時系列もあり、初心者にもおすすめの「もう1度見たい作品」とは?から引用

「おんな城主直虎」は概念を覆した名作といえます

大河ドラマでは、織田信長や徳川家康など、歴史的に著名な人物が主人公となることが多いですが、この大河ドラマの主人公は、どちらかといえば歴史的にマイナーな人物。そのような人物が主人公となる場合、大河ドラマとしては面白みに欠けることが多いように思いますが、「おんな城主直虎」はその概念を覆した名作といえます。

【2019】歴代で一番面白い大河ドラマ傑作ランキング!時系列もあり、初心者にもおすすめの「もう1度見たい作品」とは?から引用

マイナーで詳しく知らない人物だからこそ、すんなりと見ることができた。

あまり知名度の高い女性ではなかったので、井伊直政を知っていても、井伊直虎は知りませんでした。そのため、全くどのような人なのか知らない状態で視聴したのですが、全く知らない人物であったからこそ、すんなりと見ることができたのではないかな。と思います。柴咲コウさんや、菅田将暉さん、三浦春馬さんなど有名な俳優、女優さんが登場されていたので、とても見やすかったです。

井伊直政を演じる菅田将暉さんがかっこいい

井伊家の再興を決意し、一直線に突き進む井伊直政がとてもかっこよかったです。反骨心むき出しな少年・井伊直政を演じたのは俳優の菅田将暉さんで、一直線に突き進みながらも無邪気な一面を見せる井伊直政を見ていると、大河ドラマではなく青春物語を見ているような気持でした。

大河ドラマ「おんな城主 直虎」は菅田将暉さんファンの方に特におすすめです!

あまり知られていない井伊直虎が主人公が上に、歴史物は苦手という人もいるため若い人は「おんな城主 直虎」を見ていなかったという人が多いかもしれません。

ですが、今とても人気のある俳優の菅田将暉さんがこの作品の中で重要な人物となる井伊直政を演じられています。

菅田将暉さんファンの方でかつ、あまり歴史に詳しくないという方には特におすすめの大河ドラマとなっています。

多くのドラマに出演されている菅田将暉さんですが、武将姿を見ることができるのは「おんな城 直虎」だけではないでしょうか(^^)

これを機に興味を持った方は、ぜひ「おんな城主 直虎」を見てくださいね!

以上「おんな城主 直虎(大河ドラマ)のストーリーあらすじと感想。面白い作品なのか評判は? 」のご紹介でした。

コメント