西郷どん(大河ドラマ)のストーリーあらすじと感想。面白い作品なのか評判は?

2018年に放送された大河ドラマ「西郷どん」

かの有名な西郷隆盛が主人公となった作品です。

西郷隆盛を俳優の鈴木亮平さんが、坂本龍馬を俳優の小栗旬さんが、大久保利通を俳優の瑛太さんが演じられました。

2018年は明治維新から150周年であったことから企画された作品とされています。

平成最後となった大河ドラマ「西郷どん」を見ていたという方は多くいることでしょう。ですが、中には見ていなかった!知らなかった!という方もいるはず……

そんな方に大河ドラマ「西郷どん」のあらすじやストーリー、感想などをご紹介いたします!

これを読めばきっと大河ドラマ「西郷どん」を見たくなりますよ!

スポンサーリンク

大河ドラマ「西郷どん」のあらすじ・ストーリーはどんな話?

西郷小吉(後の西郷隆盛)の誕生

幕末の薩摩、貧乏な下級藩士に西郷小吉(後の西郷隆盛)が誕生します。

長男として誕生した西郷小吉は正義感溢れる少年に育ちました。

隣に住む大久保正助(後の大久保利通)とは幼馴染で、後に2人は幕末の動乱を駆け巡ることは、この時だれも予想していませんでした。

薩摩藩の若君・島津斉彬との出会い

少年時代、西郷小吉は郷中同士の喧嘩に巻き込まれ右腕を負傷します。以降、剣を持つことはできず侍になれないと嘆く日々を送ります。

しかし、薩摩藩の若君・島津斉彬に出会い「刀を差しふんぞり返る時代はもう終わる、民のために尽くす侍となれ!」と励まされました。

薩摩藩に仕え、江戸において札姫と徳川家定の縁談を成功させる

立派に成長した西郷小吉は名前を「西郷吉之助」と変え郡方書役助として薩摩藩に仕え始めました。

斉彬が藩主になると西郷吉之助は江戸勤めを命じられ江戸へと向かい、斉彬の「お庭番」として活動するのでした。

江戸に渡った西郷吉之助は篤姫と将軍・徳川家定の縁談を成功させる、また一橋慶喜と知り合うなどの出来事に恵まれます。

『安政の大獄』によって幕府から追われる

その後、井伊直弼による『安政の大獄』と呼ばれる弾圧政治が始まり、これに反対していた西郷吉之助は幕府に追われる形となります。

島流しとなる

その後、西郷吉之助は薩摩藩によって死んだことにされ、「菊池源吾」と名前を変えたのち島流しされるのでした。

島流しされ、そこで出会った島の娘・愛加那とし、子供に恵まれるも、その3年後に薩摩藩に戻ってくるように命じられます。しかし、島津久光の怒りを買ってしまったため今度は沖永良部島に流されるのでした。

薩長同盟を結ぶ

紆余曲折を経て薩摩へ戻った西郷吉之助は禁門の変や長州征伐で指揮を執るようになりますが、徳川幕府に不満を持ち次第に倒幕派に傾いていきます。

勝海舟、岩倉具視、坂本龍馬らと知り合った西郷吉之助は坂本龍馬とともに長州藩と薩摩藩の間「薩長同盟」を結ばせました。

「王政復古」のクーデターを起こす

この頃になると将軍・徳川家茂が亡くなり徳川慶喜が将軍となっていました。

徳川慶喜は統治権を天皇に返上する「大政奉還」を行います。

これに対し、西郷吉之助と大久保利通は徳川慶喜を排除するために「王政復古」のクーデターを起こすのでした。

その後、西郷隆盛は廃藩置県や帯刀禁止令や地租改正、裁判制度など次々と改革を行います。

『征韓論』に賛成派につくも、幼馴染である大久保利通は反対派につく

やがて隣国・朝鮮の取り扱いを巡って『征韓論』が起こき、新政府は『征韓論』に賛成派、反対派と真っ二つに分かれてしまうのでした。

この時、西郷隆盛は征韓論』に賛成派につきましたが、幼馴染である大久保利通は反対派についていました。

結局『征韓論』は瓦解し西郷隆盛は新政府を去る結果となります。

西南戦争で最期を迎える

鹿児島へと戻った西郷隆盛でしたが、西郷隆盛のもとに大久保利通の命を受け刺客が姿を現します。

これを暗殺と捉えた西郷隆盛は激高し騒動を起こしました。

この騒動は西南戦争へと発展し、西郷隆盛は新政府軍と戦うこととなりますが、徐々に追い詰められ銃弾を腹と脚に受け、亡くなるのでした。

「西郷どん」のキャスト感想。豪華なキャストだったので見やすい

普段から大河ドラマは豪華なキャストで彩られています。今回も、主人公・西郷隆盛に俳優の鈴木亮平さん、大久保利通に俳優の瑛太さん、坂本龍馬に俳優の小栗旬さんなどが登場しました。また他にもAKBの柏木由紀さんや女優の北川景子さん、また黒木華さんや二階堂ふみさん、橋本愛さんなど現在も多くのドラマや映画で活躍されている女優さんが登場しています。

 

コメント