真田丸(大河ドラマ)のストーリーあらすじと感想。面白い作品なのか評判は?

真田幸村が主人公として登場した大河ドラマ「真田丸」

2004年に放送された大河ドラマ「新選組!」以来、2度目となる三谷幸喜さんによる脚本です。

これまでのお堅いイメージのある大河ドラマとは違い、コメディー要素の詰まった作品となっています。

若い人でも見やすい大河ドラマでしたので、見たよという方が多くいるかと思います。

ですが中には興味はあったものの、見ていない。初めて知った。という方もいるかと思います。

そんな方に大河ドラマ「真田丸」のあらすじやストーリーをご紹介いたします!

星野源さんや中川大志さんなど今を時めく俳優の方も多く出演されているので、とても見やすい作品ですよ!

スポンサーリンク

大河ドラマ「真田丸」のあらすじ・ストーリーはどんな話?

少年時代から始まるストーリー

大河ドラマでよくある幼少期の表現は無く、少年時代から堺雅人が真田源二郎を演じています。

父・兄とともに真田家の生き残る道を模索する

真田家が仕えていた武田氏が滅亡すると、真田家は乱世の世の中に放り投げられます。

そんな中で、真田幸村は父・昌幸、兄・信幸とともに真田家の生き残る道を模索するのでした。

織田家に仕える

織田家に仕えた真田家でしたが、仕えて間もなく、本能寺の変が起こります。

これによって織田信長は亡くなり、再び真田家は乱世をさまようこととなるのでした。

そんな中、父・昌幸は独立し大名になることを決意します。

信長亡き後、秀吉に仕える

豊臣秀吉に仕えた真田幸村は北条征伐に出陣するなど、関白・豊臣秀吉を支えました。

秀吉が関白の座を秀次に譲ると、真田幸村は継続して関白に就任した秀次を支え、その功績を称えられ真田幸村は「左衛門佐」、兄・信幸は伊豆守の官位が与えられます。

豊臣秀吉亡き後、真田兄弟、親子は別々の道を歩む

豊臣秀吉亡き後、天下統一を目論む徳川家康と石田三成が対立を見せ始め、関ヶ原の戦いが勃発しました。

多くの武将が西軍、東軍どちらに味方をするか悩む中、真田家はお家の存続を1番に考え真田幸村と父・昌幸は豊臣方(西軍)、兄・信幸は徳川方(東軍)に味方することとなりました。

どちらが勝っても負けても、真田家は存続されると考えたのでした。

関ヶ原の戦い後

関ヶ原の戦い後、勝利した東軍についていた兄・信幸は西軍についていた幸村と父・昌幸の赦免の要請を続けるも、徳川家康は許可を下すことはありませんでした。

大坂の陣

江戸幕府と豊臣家との間で大坂の陣が勃発します。

豊臣方についた真田幸村は大坂城における唯一の弱点である平野口に出丸を築き、徳川方を迎え撃つことを決意します。

完成された出丸は「真田丸」と名付けられ、その後、徳川方を迎え撃つこととなりました。

「真田丸」のキャスト感想。かっこよさと和やかさがあって、安心できるし、楽しく見れました。

堺雅人さん主演で、生真面目な兄の役を大泉さんがしています。大泉さんはコミカルなイメージの俳優さんですが、生真面目な兄役もよかったです。ヒロインの長澤まさみさんもうざかわいいキャラで、新鮮でした。まじめで堅いイメージの歴史ものを三谷さんのカラーで、魅せる場面では魅せて、くすっと笑いありの作品になっていて見ていて飽きることがない。かっこよさと和やかさがあって、安心できるし、楽しく見れました。

【2019】歴代で一番面白い大河ドラマ傑作ランキング!時系列もあり、初心者にもおすすめの「もう1度見たい作品」とは?から引用

「真田丸」感想。オススメのシーンは最終回前の幸村とキスシーン

 

 

長澤まさみさん演じるきりが最初は少しウザくて苦手でしたが、ドラマ後半になるに連れて本当に味のある役になっていました。オススメのシーンは最終回前の幸村とキスシーンがとても良かったです。文句言いながらキスしてるのが本当にきりらしくて可愛い!
あと、私が好きなのは西村さん演じる室賀が大泉さん演じる源三郎に、この小童が!と言うシーンです。
ファンとしてはあのシーンが好きで。
後半は、信之(源三郎)が室賀の息子と出会い、その息子に対して、この小童が!と言い返すシーンで凄くほっこり、笑いがでました。
以上が、大体の真田丸のあらすじ、ストーリーです。
ここからは個人的な感想をご紹介します。

大河らしくないストーリーで見やすい時代劇

のちの真田幸村は、家族と共に戦国の世の中を戦術を交えて戦っていくドラマです。
三谷幸喜さんの脚本とあって、コメディー要素がたっぷりで、大河ですが大河らしくないストーリーで見やすい時代劇でした。

【2019】歴代で一番面白い大河ドラマ傑作ランキング!時系列もあり、初心者にもおすすめの「もう1度見たい作品」とは?から引用

キャストが豪華

大河に出いているキャストが豪華なのも見どころです。
最後のほうに出てくる豊臣秀頼役で出ていた中川大志さんに一目ぼれでした。
もちろん真田幸村役の堺雅人さんも素敵ですが、清々しくお殿様役を演じられた中川さんは、タダのイケメンではなく責任感がある立派なお殿さまでした。
藤井隆さん演じる佐助が、毎回シリアスなシーンも笑いに変えてくれ、さすが新喜劇出身だと思わせてれくれました。
最後まで佐助は真田幸村と共に、戦い死ぬシーンは涙が止まりませんでした。
星野源さんも出演されるなど、今考えてもそうそうたるメンバーだったと驚きます。

【2019】歴代で一番面白い大河ドラマ傑作ランキング!時系列もあり、初心者にもおすすめの「もう1度見たい作品」とは?から引用

人間味が溢れた大河ドラマ

歴史的にもとても勉強になる作品で、本能寺の変に有名な関ヶ原の戦い、なども書かれており大阪夏の陣まで描かれています。
三谷幸喜監督なの所々面白く、歴史的に有名な偉人たちも癖ものに書いているので凄く人間味が溢れた大河ドラマです。

大河ドラマ「真田丸」は歴史に詳しくない人にもおすすめです!

大河ドラマは、一般的なドラマと異なり、かなり長いストーリーで、歴史に詳しくなければ飽きる、用語などもわからなくなってしまうのですが、三谷幸喜さんが脚本を務めているため、コメディー要素もあり、真田丸は最後までわくわくするような話です。

歴史に詳しくなくてもコメディー要素もあるため、楽しく見ることができ、その上しっかりと歴史について学べることができます。

これを機に大河ドラマ「真田丸」を見てみてください!

以上「真田丸(大河ドラマ)のストーリーあらすじと感想。面白い作品なのか評判は? 」でした。

コメント