功名が辻(大河ドラマ)のストーリーあらすじと感想。面白い作品なのか評判は?

山内一豊とその妻・千代が主人公となった大河ドラマ「功名が辻」は2006年に放送された大河ドラマです。

「内助の功」で知られる山内一豊の妻・千代は、生涯、夫・山内一豊を支え続けました。

夫婦仲がとてもよかったとされる山内一豊と妻・千代の生涯が描かれた大河ドラマ「功名が辻」は「夫婦の絆を意味する一本の糸が複雑にさまざまに変化し、その移り変わりの背景に、色々な素材が登場しては消えて行く。その流れが、夫婦の絆と、それを取り巻く事象を意味している」というコンセプトで製作されたとされています。

山内一豊を俳優の上川隆也さん、妻・千代を女優の仲間由紀恵さんが演じられていたので、見たよ!という方が多いではないでしょうか。

ですが、中には中には興味はあったものの見れなかった、初めて知った!という方も多いはず。

そこで今回は「功名が辻」のあらすじやストーリー、見どころをご紹介いたします。

乱世を生きた山内一豊とその妻・千代の夫婦仲がよくわかる作品となっていますよ!

スポンサーリンク

大河ドラマ「功名が辻」のあらすじ・ストーリーはどんな話?

幼くして父と母を亡くし千代

近江・浅井家の地侍であった千代は幼くして父と母を戦で亡くしていました。

千代を支えた幼馴染・六平太とも、敵から逃げる中はぐれてしまいます。

山内一豊と千代の出会い

桶狭間の戦いの直前、1人、敵から逃げていた千代は尾張で奉公先を探し求めて旅を続けていた山内一豊と出会います。

山内一豊はさまよう千代を優しく迎え、山内一豊と母・法秀尼のもとに預けるのでした。

山内一豊も千代と同じく、父を戦で亡くすといった悲しい過去を持っており、父を討った織田信長にいつか仇討ちをしようと考えていたのです。

桶狭間の戦いが勃発、山内一豊は織田信長に槍を向ける

桶狭間の戦いが勃発すると山内一豊は織田信長の背後から槍を向けました。

しかし、戦う織田信長の姿に感銘を受け、一転して織田信長に仕えることを決意します。

こうして山内一豊は織田信長の家臣・豊臣秀吉に仕え始めたのでした。

その頃、山内一豊の母・法秀尼のもとに預けられていた千代は密かに山内一豊に恋心を抱き始めます。

法秀尼も千代が将来、山内一豊の妻になることを夢見ていました。

しかし、千代は亡き実母の親戚を頼り美濃へと旅発つのでした。

山内一豊と千代の結婚

時はたち、美濃で育った千代はとても美しい女性となります。

その後、山内一豊と千代は再会を果たすこととなり、2人はやがて結婚します。

千代の夫となった山内一豊は一国一城の主人になることを夢にみており、千代も共にその夢を追うこととなるのです。

夫とともに、夢を追う千代

その後、姉川の戦い、本能寺の変、豊臣秀吉の死などの中で出世を果たした山内一豊。

山内一豊の出世には必ずといっていいほどの千代の助言があったのです。

こうして千代の支えによって出世を果たした山内一豊は関ヶ原の戦い後、夢であった一国一城の主人になることが叶い、山内一豊と千代は大喜びするのでした。

しかし、大阪の陣直前、夫・山内一豊は病によって亡くなり、後を追うように千代も生涯を閉じるのでした。

「功名が辻」のキャスト感想。山内一豊と千代の夫婦仲がよくわかる作品でした。

山内一豊が出世することができたのは、千代の支え合ってのことでした。天真爛漫で男勝りな千代は、女性が政治に口出しすることをよく思われない時代であっても、夫・山内一豊にアドバイスをするなどしました。そのかいあってか、山内一豊は出世を果たすことができ、夢であった一国一城の主人となることができたのです。天真爛漫な千代に比べ、大人しい山内一豊。2人の掛け合いがおもしろかったです。

「功名が辻」の感想。山内一豊の妻・千代は主婦の鑑。

山内一豊を支えた妻・千代は主婦の鑑のような女性でした。戦が当たり前だった時代で、戦に反対するなど平和主義であった千代は、どうにか話し合って解決することを1番に考えていました。夫・山内一豊が出世を果たしても、あまり出世に興味を持たなかった千代ですが、実は心の中では自分のことのように喜んでいたはずです。金銭にもあまり執着しなかった千代は、自分のために両親が残してくれたお金を山内一豊のために使ってしまいます。夫が一国一城の主となっても、贅沢はしなかった千代。常に一族の存続を願っていた千代は主婦の家の鑑のような女性です。
以上が、大体の「功名が辻」のあらすじ、ストーリーです。
ここからは個人的な感想をご紹介します。

天真爛漫な千代と、大人しい山内一豊の掛け合いが面白い

千代は常に明るく天真爛漫でした。それに比べ、夫・山内一豊は大人しく、少し優柔不断な夫です。そんな千代と山内一豊の掛け合いが面白く、毎回楽しく見ることができました。子供のできなかった千代と山内一豊ですが、夫・山内一豊が見知らぬ女性と一晩を明かしたことを知り、ふてくされ悲しむ千代がとても可愛らしく感じました。

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康がピッタリのキャスティング

織田信長は俳優の舘ひろしさん、豊臣秀吉は俳優の柄本明さん、徳川家康は俳優の西田敏行さんいよって演じられました。肖像画に似せた衣装や風貌であったため、どれもピッタリの役柄でとても見やすかったです。

ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんなどが登場しており、見やすい作品でした

芸人のロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが中村一氏を演じられていました。他にも玉木宏さんが山内康豊を、俳優の三浦春馬さんが湘南を、女優の長澤まさみさんが小りんを演じられるなど、若い人が知っている俳優さんや女優さんが多く登場されているので、とても見やすかったです。

大河ドラマ「功名が辻」は歴史に詳しくない女性におススメです!

あまり歴史に詳しくない方は進んで大河ドラマを見ないかと思います。

特に、合戦物となると女性の方は避けてしまうかもしれません。

ですが、「功名が辻」は山内一豊と千代の夫婦仲が中心に描かれた作品です。

戦国時代という戦の絶えない時代の中で強い絆を持っていた山内一豊と千代。

戦国時代の乱世と時代は異なりますが、山内一豊と千代は理想の夫婦像ではないでしょうか。

常に夫・山内一豊を支え続けていた千代はまさに妻の鑑です。

興味を持った方はこれを機に大河ドラマ「功名が辻」を見てみてください!

以上「功名が辻(大河ドラマ)のストーリーあらすじと感想。面白い作品なのか評判は? 」でした。

コメント