なつぞら109話の見逃し配信動画の無料視聴方法!なつ(広瀬すず)と坂場(中川大志)が結婚の挨拶をしに北海道へ!しかし、泰樹から厳しいお言葉が…

なつぞら109話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

 

なつと坂場は結婚の挨拶のため北海道の十勝にやってきました。

緊張しながら挨拶を済ます坂場。

しかし、会社を辞め今は無職であるということを伝えると、泰樹から厳しい言葉をかけられます。

どうする、坂場…!

そして夕見子がある大きな挑戦に挑もうとしていました。

 

なつぞらなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>なつぞら109話の動画を見る

なつぞら109話の動画配信を見る方法

なつぞら109話の動画を配信しているVODサービスはこちらです

VOD動画配信サービス 配信状況
U-NEXT
hulu ×
FOD ×
paravi ×
amazon prime video ×
Netflix ×

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでなつぞら109話の動画を見る

 

(参考)U-NEXTの申し込み手順の解説はこちら

(参考)NHKオンデマンドを視聴する具体的な手順はこちら

 

なつぞら109話の見どころ・感想

前回のストーリー感想はこちら

結婚の挨拶に緊張する坂場

昭和41年、秋。

なつ(広瀬すず)と坂場(中川大志)は結婚を報告するために北海道の十勝にやってきました。

緊張した表情をし、「はじめまして、坂場一久と申します。」と柴田家の家族に挨拶する坂場。

「それで?挨拶はそれだけですか?」と富士子(松嶋菜々子)は言います。

「こっちから、せかさなくても…。」と言う剛男(藤木直人)。

富士子は早く、坂場にこの家でくつろいでほしい、早く家族になってもらいたいと考えていたため、結婚の報告を手短に済ませようとしたのです。

「あの、わたくし坂場一久はなつさんと結婚したいと考えております、どうかお許しください。お嬢さんを僕に下さい!」と坂場は頭を下げます。

柴田家の家族みんなは、坂場がなにをしに柴田家に来るのかは分かっていたので、形だけでも富士子は「え!?そうなの?なつ!そうですか…わかりました、ふつつかな娘ですが、どうかよろしくお願い致します。」と驚く演技を見せました。

 

いま無職であることを伝える

じいちゃんからもなんか言うことないの?と泰樹(草刈正雄)は富士子に聞かれます。

泰樹は「なつを本当に幸せにできるのか?」と坂場に聞きました。

しかし、坂場はすぐに答えることができず、「なしてすぐに答えることができない?」と言われてしまいます。

「幸せにします…きっと。」と答える坂場。

「きっとってなんじゃ…その、きっとが引っ掛かる。」と渋い表情を泰樹は見せました。

実は、どうどうと言えない事情がありまして…と坂場は家族みんなに会社を辞めた、今は無職であるということを伝えます。

驚く柴田家の家族たち。

なにか考えがあって辞めたんでしょ。と富士子は言いますが、いえ、仕事に失敗して責任を取っただけです。と坂場は正直に答えました。

 

子供は正直

「仕事ってあの映画?」と聞く砂良(北乃きい)。

砂良は坂場が初監督を務めた『神をつかんだ少年クリフ』を帯広に息子の地平とともに観に行ったのでした。

しかし、まだ小さい地平には難しかったようで興味を示さなかったのです。

「つまんなかった。」という地平。

「私もみたけど、私はおもしろかったわ。」という明美。

明美は大学生になっていたので、映画のストーリーは理解できたのです。

 

泰樹にどうどうと物を言えるようになった剛男

仕事はすぐ見つかると柴田家の家族から励まされる坂場。

しかし泰樹は「休んでる場合か?仕事見つけて、ここに来るのが筋だべ。」と坂場に言います。

仕事にこだわる泰樹剛男は「そんなことはいいでしょう!この人はなつが選んだ人です!なつの見る目は狂いはないと私は信じています!したって、お義父さんの孫でないですか。」と言いました。

「なつさんを必ず幸せにします。約束します。」と坂場。

「はじめっから、そう言えばいい…」と言い、泰樹は仕事に戻りました。

 

夕見子が農協に就職

その後、坂場に牛舎を紹介するなつ。

「さっきの父さん、かっこよかったわ!どうどうと、じいちゃんからに物言えるようになったんだね。」となつは悠吉(小林隆)に言います。

それに対し悠吉は「そりゃ、剛男さんは今や音問別農協の専務だからな。貫禄もつくべや。」と言いました。

剛男が働く農協に夕見子(福地桃子)も就職したようで、今や剛男は夕見子の上司でもあったのです。

「なつ、夕見子は今すごいこと考えてんだ。農協で。」という照男(清原翔)。

夕見子は外国に視察旅行に誘われるほど、組合長から信頼を受けていました。

 

また坂場の難しい話が始まった…

「いいですね、皆さんの暮らしは。」と言う坂場。

なにがいいんだ?と言う悠吉と菊介(音尾琢磨)。

「生産の美をいくらでも追及できるところです。」という坂場に2人は首をかしげます。

「この暮らしこそが人間の美徳ですよ。」と坂場。

ただ牛飼いだから仕方なくなってるだけだわ。とう菊介に坂場は「それではダメだと思いますね。仕方なくやってるなんて、そんなこと言ったら牛が泣きますよ。」と言います。

「都会からやってきてなにを言ってんだ、あんたわ。牛飼いのことは何も分からんだべさ。」と怒る菊介。

しかし坂場は引き下がらず「生きるために牛飼いをするのは正しいことだと思います。しかし、そこに生産することの喜びを見出すことができるから、牛飼いをすることで人に喜びを与えることができるからこそ、牛飼いに誇りを持てるんじゃありませんか?」

「どんな仕事にも人に感動を与えることはできます。農業にも酪農にもそういう精神は必要なんじゃないでしょうか?」と言いました。

坂場の話に圧倒された菊介。

「なっちゃん、ごめん。よくわからんわ。」と言い、菊介たちは仕事に戻っていきました。

 

泰樹の冗談は冗談に聞こえない

その夜、砂良の父・弥市郎(中原丈夫)が柴田家にやってきました。

弥市郎が捕った熊の肉を使った鍋が坂場に振舞われます。

よく熊なんて捕ろうと思ったねと砂良に言われ、「結婚と聞いて無性に熊が撃ちたくなった。」と弥市郎は答えます。

「わしにも、その銃かせや。撃ちたいやつがおる…。」と言う泰樹

なつと坂場は顔を強張らせます。

「ははは…冗談だべ。」と笑う泰樹

泰樹の冗談は冗談に聞こえませんね…

 

農協のこれから

「あ、夕見。照男兄ちゃんから聞いたけど、農協でなんかすごいこと考えてんだって?」と夕見子に聞くなつ。

夕見子はなつと泰樹が作りたがっていたバターを農協で作ろうとしていたのでした。

泰樹のバターを農協で作ろうとしていることに驚くなつ。

十勝の農協が集まって乳製品の工場を作ろうとしているのさ。と剛男は嬉しそうに語ります。

なつの大好きなふるさとにも新しい風は吹いていました。

広瀬すず主演のなつぞらは、本当に1話から面白いです!

朝ドラがそもそも100回記念ですし、評価も非常に高いですよ!

 

 

朝ドラなつぞら109話の動画を見るならU-NEXTで♪

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでなつぞら109話の動画を見る

 

コメント