「おちょやん」第34話の無料動画と見逃し放送配信情報!『好きになれてよかった』「自分だけは絶対に騙しちゃ ダメ」

「おちょやん」第34話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 2189円(税込) 976円(税込) 1026円(税込) 800円〜 1017円(税込) 550円(税込) 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 14日間 14日間 37日間 14日間 31日間 37日間 37日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 550 500 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

 

「おちょやん」第34話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

『太陽の女カルメン』の撮影が行われています。

 村川監督が高城百合子にダメ出しをしています。

助監督の小暮と千代はレストランで食事をしています。

小暮「本当は、僕が千代ちゃんに救われているんだ」

そして、「千代ちゃんがいてくれてよかった」と言います。

 千代はカフェー『キネマ』に帰って来ます。

千代は皆の前で、「どないしょ?」「うち ほんまに好きになってしもたみたい」と言いました。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第34話の動画を見る

 

スポンサーリンク

「おちょやん」第34話の動画配信を見る方法

第34話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第34話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 2189円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(34%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

2189円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質989円です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「おちょやん」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第34話の動画を見る

前回のお話はこちら

「おちょやん」第34話の見どころ・感想

「いやや 砕けとうない」

 千代は、カフェー『キネマ』で女給たちに囲まれています。

洋子は「よかったやないの もともとそういう気持ちを知るために、始めたことやろ」と言います。

京子が「あとはどないして、その気持ちを伝えるかやな」と言います。

真理「千代ちゃん。当たって砕けろやちゃ」

千代は「いやや。砕けとうない」と言いました。

一平 脚本の勉強に?

 翌日、千代は小暮から声を掛けられます。

小暮が、昨日の彼のことだけどと言いました。

千代は「あいつとは、あのほんまに何の関係もあらへんのだす」と答えます。

小暮は「相当苦しんでるみたいだから、相談に乗ってあげたらどうかなと」と言いました。

千代が「えっ! 苦しんでる?」というと、

小暮「彼 鶴亀の大山社長に言われて、脚本の勉強しに来たらしいんだけど」

「前の劇団は、解散したらしいよ」と言いました。

天海天海一座 解散していた

 千代は一平のところにやってきます。

千代は一平が丸めて投げ捨てた脚本を読み上げます。

千代が「悪ないや ないの」というと

一平は「三流役者に褒められても うれしないわ」「何の用や?」と返します。

千代が「天海天海一座 解散したんやてな 何で?」と聞きました。

一平は、千之助兄さんがいてへんようになって、人気ガタ落ちで、一人辞め、二人辞めで、

だーれもいてへんようになってしもうた 現実は甘うないわと話しました。

千代は、「せやさかい 役者なんかやるもんやあらへんで言うたやんね」と言います。

一平は「あないな男にうつつ抜かしている場合か お前」といいます。

千代は、小暮さんをあないな男よばわりせんといて。あんたとは違いますと言いました。

高城百合子 千代のことを思い出す

 千代が一平の文句を言いながら、撮影所の中を歩いていると、セットの家の中から、高城百合子が飛び出てきます。

スタッフが追ってくると、千代は別の方向に行ったと言って、百合子を逃がします。

 百合子が礼をいいにもどってきました。

百合子は「あれ・・。前にも確かこんなことが・・・?」というと、千代のことを思い出しました。

 千代と高城百合子はセットの家の中で話をします。

百合子が「驚いたわ。こんなふうに再会できるなんて」と言います。

千代は、百合子が昔、自分に言ってくれた言葉を覚えているかと百合子に聞きます。

(回想 百合子「そんなにお芝居が好きなら、自分でやってみたら」

「一生一回 自分が本当にやりたいことやるべきよ」)

 百合子は「全く覚えてないわ」と言いました。

そして、「でもそれを実現できるなんてすばらしいことよ」

「やっぱり、私が見込んだだけのことはある」と言います。

千代は「いつかきっと、高城さんみたいな主役もはれるすごい役者になってみせます」と言いました。

  百合子は「分かったわ」「私に任せなさい」

「いい役につけるよう 所長に頼んであげるから」と言います。

千代は、「そないなことしたら 妬まれたり恨まれたり」というと、

百合子「そんなの 私が黙らしてあげるから」と言いました、

 そして、百合子は、この世界で生きていく覚悟があるなら、遠慮してはだめ。

使えるものは何でも使いなさい。誰かに何を言われようと、自分がやりたいと思うようにやるべきよ。と話しました。

そして、役者は、ある意味、人をだます仕事かもしれないけど、自分だけは絶対に騙しちゃだめ。

自分に正直にならない限り、いいお芝居はできなくてよ。私たちは、自由なのよ。 と言いました。

 小暮がやってきました。

小暮が、「どうしたら高城さんの思いが監督に伝わるか、もう一度話し合いましょう」

「僕も考えますから」と言いました。

 高城百合子は、千代に「またね」と言って、小暮とともに出ていきます。

気ぃ散る千代

 千代は美髪部で手伝いをしていましたが、百合子の言葉を考えているのか、ぼーっとしていました。

千代は洋風ドレスの衣装を着ながら、時代劇の撮影現場を通ろうとして、監督に怒られます。

夜は、寝床で、千代「このままやったら、うち 気ぃ散って 何もでけへん」

「真理ちゃん どないしょ」「どないしたらええやろか?」と言います。

高城百合子が駆け落ち!?

 翌朝、千代が撮影所にやって来ると、スタッフたちが高城百合子を探しています。

千代は小暮に聞くと、

小暮「今度は前と違う」「相手役の小竹英一と駆け落ちした」と言いました。

 撮影所の所長室で、片金所長と村川監督が話をしています。

村川が「申し訳ない」「高城百合子の本性を引き出そうとして 引き出し過ぎた」といいました。

村川は「責任をとって僕もおります」「彼女でなければ、この作品をやる意味もない」と言います。

所長は「ここまで金つぎこんで 今更 やめるわけには・・」と話しました。

 鶴亀株式会社の社長がやってきました。

大山社長「どういうこっちゃ?」「説明してもらおうか?」と言いました。

結局、『太陽の女カルメン』はジョージ本田監督で撮り直すことになりました。

小暮 高城百合子に惚れてた?

  撮影所内ではスタッフたちが話をしています。

高城百合子もちやほやされて、天狗になってもうたな。

村川監督の期待に応える芝居ができんと、逃げ出したっちゅうことやろ。相手役 道連れにして。

小暮がいいます。

小暮「高城さんはそんな人じゃないですよ」

「彼女は自分に嘘がつけないだけなんです」

「だから 自分が納得できない芝居を押し付けられるのが耐えられなかった」

小暮は撮影技師に殴られました。

撮影技師「おい スケカン!」「身の程 知れっちゅうんや」

千代は休憩所の小暮に声をかけようとしますが、別のスタッフにとめられます。

「そっとしといたり」

「よっぽど こたえたんや思うわ」「あいつ ほんま ほれてたさかいな 高城さんに」

千代は「えっ!」と声をあげました。

高城百合子の置き土産

 ジョージ監督がニューカルメンの本読みはじめるぞ。カモーンとやって来ます。

小暮が「すいません」と言って、向かいます。

ジョージ監督は千代にも「ユーもだ。カモン」と言って、声を掛けました。

撮影所の会議室で配役の紹介がされています。

主演は、ミカ本田。ジョージ監督の奥さんでした。

相手役は、高瀬百乃介 ミスターチャンバラでした。

大部屋の歌子が「要するに いつもの座組ね」

絹江「チャンバラやあれへんけどな これ」と言いました。

そして、

ジョージ監督「今までミカがやっていた 夫に出ていかれた若い妻役を・・竹井千代にやってもらう」

部屋の後ろに立っていた千代の方を皆が一斉に見ます。

千代は会議は自分には関係ないというように下を向いて、立っていました。

千代「今 誰か うちのこと呼びました?」と周りの大部屋女優に聞きます。

ジョージ監督「ユー」「返事は!!」

千代「はい」

これは百合子から千代への置きみやげでした。

千代「はい」

百合子の「私たちは自由なのよ」という言葉が響きます。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第34話の動画を見る

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お家のビールサーバー 3選比較  


リモートワーク続きやステイホームでお家の中がガチャガチャしてきたら・・

水産会社ならではの確かな品質! オホーツク海の海産物、北海道各地より新鮮な蟹や魚貝類を買い付け、中間業者を極力通さずに300種類以上の北海道の味覚を直接全国のお客様の元へお届け!  
スポンサーリンク





歴史を楽しむテーマ別ツアー