2020年度下期 NHK新朝ドラ「おちょやん」とは。

2020年度下半期放送のNHK新朝ドラ「おちょやん」。

コロナ禍の影響で前作「エール」が2か月押しで放送されたので、11月30日にスタートします。

「おちょやん」は女優の故:浪花千栄子さんの生涯を題材にしたNHK大阪放送局制作のフィクションドラマです。

浪花(なにわ)千栄子(ちえこ)さん

浪花千栄子さんというと、年配の方ならば、真っ先に「浪花千栄子(なにわちえこ)でございます」というオロナイン軟膏のテレビコマーシャルが頭に浮かぶと思います。

やさしいおばあちゃんのような声で、挨拶されるそのお声がまだ耳に響きます。

また、昔はあちこちの町中の塀などに貼られていた看板も懐かしいです。

水のように(浪花千栄子 自伝)

浪花千栄子 昭和日本を笑顔にしたナニワのおかあちゃん大女優 (角川文庫)

「おちょやん」とは

「おちょやん」という言葉は、関西弁で、料亭や茶屋などで働く小さな女中さんをあらわす「おちょぼさん」がなまった言葉だそうです。

ドラマのあらすじは、タイトルの表す内容の通り、明治の末に南河内の貧しい家庭に生まれた少女が9歳の時に、道頓堀の芝居茶屋に奉公に出されます。そこで目にした芝居の世界に魅され、女優を目指して、大阪に新しく生まれた「鶴亀新喜劇」に参加、喜劇女優として成長していきます。しかし、戦争をはさんで、結婚生活の破綻、芝居の世界からの一時引退などを経験しますが、ラジオドラマへの出演をきっかけに復活し、「大阪のお母さん」として、人気を博し、上方を代表する女優さんとなる過程が描かれます。

主役の竹井千代役は女優の杉咲花さんがつとめられます。

NHK公式「おちょやん」

引用元:Wikipedia「おちょやん」

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
水産会社ならではの確かな品質! オホーツク海の海産物、北海道各地より新鮮な蟹や魚貝類を買い付け、中間業者を極力通さずに300種類以上の北海道の味覚を直接全国のお客様の元へお届け!
スポンサーリンク

歴史を楽しむテーマ別ツアー

スポンサーリンク
スポンサーリンク