「おちょやん」第28話の無料動画と見逃し放送配信情報!『楽しい冒険つづけよう!』「だんない 千代やったらできる」

「おちょやん」第28話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 1990円 888円 1026円 800円〜 1017円 500円 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 28日間 28日間 28日間 28日間 28日間 28日間 28日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 550 なし 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

 

「おちょやん」第28話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

 『正チャンの冒険』初日前日に、足をくじいてしまった清子さん。

清子は千代に「正チャン。あんたやって!」と頼みました。

千代「えっー!?」と言います。

 千鳥「冷静になりなさい!」

「千代は初舞台なのよ!」「主役なんかできるわけないでしょう」

清子「セリフさえ間違えんと言えたら、何とかなります」

千鳥「今日1日しか稽古できないのよ!」

清子「そやからこそ。今セリフ覚えてる千代にしか」「この役はでけへんのです」

千鳥「はっきりお云いなさい!」「恥ずかしい思いするのはあなたなんだから」

 千代の頭に、『正チャンの冒険』を楽しみにしている進太朗やお客たちの顔が浮かびます。

千代「自信あれしまへん」

千鳥「当然よ」

千代「けど・・・」「気張らしてもらいます」

 千鳥「芝居 甘く見るのもいいかげんになさい」

千代「甘うなんかみてしまへん」

「うちかて、これまで道頓堀で舞台の表と裏見て来て、どんだけ自分が無茶なこと言うてんのか、わかっているつもりだす」

「けど。どないしてもこの芝居やりたいんだす」「みんなに見てもらいたいんだす」

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第28話の動画を見る

 

スポンサーリンク

「おちょやん」第28話の動画配信を見る方法

第28話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第28話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(28%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「おちょやん」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第28話の動画を見る

前回のお話はこちら

「おちょやん」第28話の見どころ・感想

発声方法

 千代は「うちにやらしておくんなはれ」と言って、千鳥に頭を下げます。

座員たちも皆、頭を下げました。

千鳥は「勝手にしたら」と言って、劇場を出て行きました。

 千代が正チャンを務める『正チャンの冒険』の舞台稽古が始まります。

 千代がセリフを言いました。

清子は稽古を一旦止めました。

そして、清子は客席の後ろに行って、「千代。も一遍、今のところやってみて」と言います。

 清子は困ったという顔をして、「聞こえへん」と言います。

座員「一旦、止めます」

清子「芝居小屋では、思てるよりも声が吸われて消えてしまう」

「これでお客さん入ったら、ますます聞こえんようになんねん」

千代「もっと大きい声でやってみます」

清子「大声だすだけやったらあかん」

「お腹から息吐きながら、体に響かせるような声ださな」

団員 美鈴「複式発声いうてな。お腹から声出すんは、初歩の初歩やで」

千代「やってみます」

 そう言って、千代は何回かやってみますが、うまくできません。

美鈴「あかん。叫んでるだけや」「力入ってしもて。固い固いわ」

千鳥がやってくる

 その日、稽古は夜遅くまで続きましたが、千代はなかなかうまくできませんでした。

皆が帰ったあとも、千代はひとり残って稽古をつづけます。

千代は「あかん。ひとりでやってても、ええか悪いかわからへん」とひとり言をいいます。

千鳥がやってきました。

千鳥「こんなことだろうと思ったわ」

「あなたの困った顔を見るのが楽しみだって」「気にせずつづけて」と千鳥はいいました。

千鳥が教えに来たんじゃないと言うと、

千代は、「笑われても、誰かに見ててもらえるほうがやりがいがあります」

「よろしゅうお願いもうします」と言います。

千鳥は「ひどいとは思ってたけど、予想以上ね」と言うと、

 客席の後ろで、持ってきた大福を食べ始めます。

千鳥は大福を食べ終わると、貧乏ゆすりをして、千代がセリフを言うのを見ていました。

千鳥「いい加減。飽きたわ」と言って、立ち上がり、舞台袖に消えました。

千代は「ありがとうございました」と言います。

千鳥の秘伝の発声練習法

千鳥が再び、舞台に出てきました。長刀をもっていました。

千鳥「これを振りなさい」

そして、「あなたがセリフを言うなんて100年早い!」と言います。そして、

「『あ い う え お』でいいから、これを振って声を出せば、自然と腹式になる」

「横隔膜を使って、吐く息を調節して、声の大きさを変えるの」と言います。

そして、千鳥は長刀をもって、実演して見せます。

千鳥「この感覚を体に覚えこます」

千代が「あの・・・・」と言うと、

千鳥「質問禁止!」「みんなが長い時間かけてやるところを一晩でやるのよ」

「無駄な時間は1秒もない」「さっさとやりなさい!」と言いました。

千代がやり始めました。

千鳥「叫ぶんじゃない!」

「小声で話す芝居ができないでしょ」

「普通に話す声で聞こえるように響かせるの」

「響かせるの。もう一度!」

千鳥「次 セリフ言って見なさい」

「棒読みでいいから、ちゃんと音を響かせることを考えて」

千鳥「違う!」

千鳥は台本を投げます。

「棒読みでって言ってんだろ!」

「役の気持ちなんか考えなくていい」「もっべん」

千代は投げられた台本を千鳥のところに持っていき、

そして舞台に這い上がります。

千鳥「こざかしい!」「もっべん!」

千鳥は這い上がる千代の尻を台本で叩きます。

千代は稽古を続けます。

千鳥「違う!」「音を響かせることを考えろって言ってんだよ!」

千鳥「響かせて」「響かせて」

千鳥「違う!」

千鳥「叫ばない!」

 夜が開けました。

清子たちが、舞台にやって来ると、散らかった劇場の舞台と客席で、千代と千鳥が寝ていました。

座員たちは笑います。

 お客の入場が始まりました。

カフェー『キネマ』の洋子、進太朗がやってきます。

店長や平田、真理や他の女給たちも来ていました。

千鳥は客の入り具合を見ていました。

開演前、楽屋で清子が千代を送り出します。

清子「だんない」「千代やったらできる」

清子は、小道具のカバンを千代に渡します。

千代「ありがとうございます」

小道具の短剣が、楽屋の座布団の横に置き忘れられている映像。

いよいよ、『正チャンの冒険』が始まりました。

正チャン役の千代が舞台に出てきました。

千代がセリフを言い始めます。

千鳥が心配そうな顔で、見つめています。

 客席の『キネマ』の面々はびっくりしています。

「千代 主役ちゃうんけ?」

店長「大抜擢やな!」

舞台袖では、清子がほほ笑みながら見ています。

千代たちは花道で、芝居を続けます。

客席は大笑いで拍手喝采でした。

(千代の心の声:「良かった。みんな楽しんでくれてはる・・」)

千代の機転 芝居の筋書きを変える

 舞台終盤、正チャンはカバンから短剣を取り出そうとして、

千代は短剣が入っていないことに気づきました。

(千代の心声:「ない・・・短剣があれへん」

「なんか。言わな・・」)

 リス役の美鈴がアドリブでいいます。

「やい? り・りす様が相手だ!」

千代は小声で美鈴に言います。「待って」

 
 正チャン「山賊さん。僕と友達になろ」

山賊 シゲ「えっ!」

舞台袖の清子「はっ!・・・」とびっくりします。

 正チャン「ほんまは、寂しかったんやろ?」

「せやさかい。お姫さん さろたりしたんやな」

(美鈴の心の声:「勝手に筋かえて、どないすんの?」)

山賊 シゲ「えと・・。それは。それはどうだろう」

 しばらく無言の状態が続きます。

客席も舞台を見つめます。

 千代は微笑みながら、客席に向かって、いいはじめます。

正チャン「今まで辛いことばっかりだったかも分かれへんけど、大丈夫 だんない」

 千鳥も千代のセリフを聞いています。

客席の進太朗も見つめています。

「きっとこれからは、ええこともぎょうさんある」

「せやさかい・・」「みんな一緒に楽しい冒険 続けよう」

 客席の店長が立ち上がって、拍手をします。

他のお客たちも拍手し始めます。

洋子は進太朗と笑顔で話をしています。

千代も笑顔で客席を見渡します。

 幕が引かれます。

舞台上では、千代が清子と抱き合っていました。

こうして、どうにか千代の初舞台は、無事に幕を下ろすことができました。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第28話の動画を見る

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  水産会社ならではの確かな品質! オホーツク海の海産物はもちろんの事、北海道各地より新鮮な蟹や魚貝類を買い付け、中間業者を極力通さずに300種類以上の北海道の味覚を直接全国のお客様の元へお届け!
スポンサーリンク

歴史を楽しむテーマ別ツアー

スポンサーリンク
スポンサーリンク