「おちょやん」第35話の無料動画と見逃し放送配信情報!『好きになれてよかった』「うちも いつか絶対 高城さんみたいな役者になります」

「おちょやん」第35話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 2189円(税込) 976円(税込) 1026円(税込) 800円〜 1017円(税込) 550円(税込) 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 14日間 14日間 37日間 14日間 31日間 37日間 37日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 550 500 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

 

「おちょやん」第35話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

 カフェー『キネマ』で、店長、女給たちが、『太陽の女カルメン』の台本を見ています。

「大抜擢やんけ!」「良かったぜぇ 千代ちゃん」と言われますが、

 千代は「うちの実力ちゃう。高城さんのおかげや」と言って、うれしそうではありませんでした。

 撮影所では、千代の出演場面の撮影をしています。

ジョージ監督が撮影を止めます。

「ストップ。ノー」「全然表情がよくない」と。

 カフェー『キネマ』では洋子が言いました。

洋子「その高城百合子は、もういてへんのやで」

「『カルメン』の役だけではあらへん。小暮君の心もあんたが手にいれるまたとない時や」

「どないな役か おしえてみぃ」

千代「ほかの女の人を好きになった旦那さんを引き留めようとして、捨てられる妻の役なんだす」

<撮影現場>

ジョージ監督「ノー。バッー! どんどん悪くなる」

「決してもどることはないと悟っている女の愛が全然、見えてこない」

「本気で人を好きになったことあるのか!」

 千代は「あります」と答えました。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第35話の動画を見る

 

スポンサーリンク

「おちょやん」第35話の動画配信を見る方法

第35話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第35話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 2189円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(35%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

2189円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質989円です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「おちょやん」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第35話の動画を見る

前回のお話はこちら

「おちょやん」第35話の見どころ・感想

千代 ラストチャンス

 『太陽の女カルメン』の千代の出演場面の撮影が翌日に延期されました。

ジョージ監督が千代に、「次 出来なかったら、他の奴にチェンジだ」と言います。

大山社長「血ぃちゅうのんは、嫌でも親から子へ受け継がれていくもんなんや」

 鶴亀株式会社の大山社長が一平のところに来ています。

社長は一平の書いた脚本を見て、言いました。

大山「おもろいか おもろないか それ以前の問題やな」

「必死におやじとは違うもんを書こうとして、もがいてんのが 手にとるようにわかるわ」

「けどな。残念ながら、血ぃちゅうのんは、嫌でも親から子へ受け継がれていくもんなんや」

「見とうもない汚らわしさも、優れた才能もな」

「おやじ超えたいんやったら、まず。おやじのこと知るこっちゃ」そう言いました。

 休憩所で居眠りをしている千代のところに一平がやって来ます。

小道具の熊の面で、千代を脅かします。

一平は「落ち込んでるから、からこうたろ思うて」と言います。

そして、「落ち込んでたのは俺や。お前、からこうて、元気だそう思たんやけど、期待外れやな」と言います。

 一平は千代に、「あれからお父ちゃんどないしてん?」と聞きます。

千代は「うちがここいてんのも 知れへんわ」

「嫌な事、思い出ささんといて」と答えます。

 千代は一平に「なんで落ち込んでんの?」と聞くと、

一平は「そないなこと 言うてへんわ」と言い、戻っていきます。

小暮「僕は、高城さんのことが好きだったんだ」

 千代は小暮と活動写真舘に来ています。

小暮は、はっはっはっはっと笑って見ていました。

 千代と小暮はレストランにいます。

小暮「あんなに笑ったの 子供のとき以来じゃないかな」と言いました。

千代は、「おおきに」「ほんまは うちを励ますために誘てくれはりましたんやろ?」と言います。

 小暮は、あれはどうしても見たい写真だったから。 おかげで元気出たよ。また千代ちゃんに救われた 言いました。

そして、僕は、高城さんのことが好きだったんだ。彼女の芝居には、いつも一点の曇りもない。

自由で真っすぐで。 大監督にも屈しない意思の強さは僕の憧れだった。

だから千代ちゃんが、高城さんみたいな女優になりたいって言ってくれて、本当にうれしかった と言いました。

 千代が「このままでよろしの?」と訊ねました。

小暮は、あの人が僕なんかに見向きもしないことは、最初からわかってたから。

    それでも彼女を好きでいたかったんだ。好きになれてよかった 言いました。

 千代は夜、母の写真を見て「苦しいわ・・。お母ちゃん」とひとり言を言いました。

千代「いつか絶対 高城さんみたいな役者になります」

 翌日、カルメンの撮影現場で、ジョージ監督は千代に「ラスト チャンスだ」と言って、アクション!を掛けます。

千代は、父テルヲのことを呟きながら、表情をつくり、芝居をしました。

 監督、小暮以下スタッフが千代の表情を見つめます。

 無声映画とはいえ、作品とは全く異なるセリフを言う千代にスタッフが文句を言おうとしました。

ジョージ監督は、それを制止します。

千代がしゃべり終わりました。

 ジョージ監督が、カットを掛けます。

暫くの間の後、ジョージ監督が立ち上がって、千代のところにやって来ます。

 監督「セリフはフィルムの無駄だって言ったろう!」と怒鳴りました。

「だが、いい芝居だった」「コングラチュレーション!」と言って、拍手をしました。

現場にいたスタッフ、キャストの皆も拍手を送ります。

 柱の陰から、一平もそれを見ていました。

 休憩所に千代と小暮がやってきます。

小暮「本当にいい芝居だった」

「僕も負けていられない」「早く一人前の監督になって、自分の作品を撮れるように頑張らないと」と言います。

千代は「うちも いつか絶対 高城さんみたいな役者になります」

「その時は、小暮さんの映画に出さしてくなはれな」と言いました。

小暮は「もちろん」「これからもよろしくお願いします」

 千代と小暮は握手をします。

カフェー『キネマ』店長 千代の映画を見て泣く

 こうして、千代は初めて、名前のある役で活動写真に出ることができました。

活動写真舘で、『太陽の女カルメン』が上映されています。

千代の登場する場面を、カフェー『キネマ』の店長が見ていました。

店長は、涙を流しながら、ハンカチで拭いています。

 そしていつの間にか、一平は黙って、撮影所からいなくなりました。

 千代は一平がいた作業部屋にやってきます。

ゴミ箱に捨てられていた台本を、千代は取り上げて、読みました。

微笑みながら読みました。

千代 中堅どころの女優になる

 みんな、自分と戦いながら、3年の月日が流れました。

昭和3年7月

 亀撮影所のジョージ本田監督の撮影現場、樋口組の撮影現場などで千代が出演する活動写真の撮影が行われています。

千代は中堅どころの女優として、どうにかこうにか 名前を出してもらえるようになっていました。

 鶴亀撮影所の正門に、作品のチラシをもつひとりの男の後ろ姿がありました。 

「ははははっー。見つけたで!」「はははははっー」

父テルヲでした。

<千代の撮影現場>

千代のセリフ「お父ちゃーん」「お父ちゃーん」

<活動写真の中のテルヲ>

活動写真の中にテルヲが出ています。

テルヲが言いました。

「あほやなぁー」「あっはははは!」「あっはははは!」

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第35話の動画を見る

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
水産会社ならではの確かな品質! オホーツク海の海産物、北海道各地より新鮮な蟹や魚貝類を買い付け、中間業者を極力通さずに300種類以上の北海道の味覚を直接全国のお客様の元へお届け!
スポンサーリンク

歴史を楽しむテーマ別ツアー

スポンサーリンク
スポンサーリンク