「おちょやん」第33話の無料動画と見逃し放送配信情報!『好きになれてよかった』「うち ほんまに好きになってしもたみたい」 

「おちょやん」第33話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 2189円(税込) 976円(税込) 1026円(税込) 800円〜 1017円(税込) 550円(税込) 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 14日間 14日間 37日間 14日間 31日間 37日間 37日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 550 500 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

 

「おちょやん」第33話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

 妥協知らずの鬼才映画監督が、高城百合子『太陽の女カルメン』の撮影をしています。

監督は高城百合子にセリフのダメ出しをしました。

 千代は小暮を呼び出します。

小暮「大事な話って、何?」

千代は小暮に言います。

「こないなこと言うのは、ほんまにこっ恥ずかしいんやけど・・」

「うちの恋人になってくれはれんやろか?」

 そう言って、何とはなしに、千代は小暮の後方を見ると、

なんと一平が、こちらを見ていました。

 千代は目を丸くします。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第33話の動画を見る

 

スポンサーリンク

「おちょやん」第33話の動画配信を見る方法

第33話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第33話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 2189円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(33%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

2189円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質989円です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「おちょやん」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第33話の動画を見る

前回のお話はこちら

「おちょやん」第33話の見どころ・感想

作戦会議

 千代は小暮に活動写真に誘われます。

千代は、そのことをカフェー『キネマ』の人達に話します。

店長の宮元は、「いきなり誘うてくるあたり、そいつ遊び慣れとる そいつ悪い男や」と言いました。

千代が「小暮さんは、そないな人あれへん」言います。

洋子は「こういうのんは、最初が肝心なんえ」と言います。

<小暮が千代の恋人役を引き受けてくれると言ったときの回想シーン>

 作戦会議が始まりました。

まず服から合わせてみようかと、千代は和服、洋服と着せられます。

千代 ワンピースを着る

 翌日、千代はワンピースを着て、撮影所にやってきます。

履きなれない、ヒールの靴に足取りもフラフラする千代でした。

 正門で守衛さんに挨拶すると、守衛は「今日はなんの撮影や?」とびっくりしたような顔をしました。

千代は「恋愛ものだす」と答えました。

  千代は撮影所で小暮と待ち合わせをしていたのでした。

『太陽の女カルメン』の撮影現場はピリピリしていました。

高城百合子のセリフが、監督からダメ出しされます。

百合子「なにがいけないのかしら?」

村川監督「君の芝居はさ!」

「君のお芝居は僕の映画になっていないんだよ」と監督は百合子に怒ります。

撮影技師は小暮に「おい。いつまでやんねん」と文句を言います。

小暮は「すみません」と謝ります。

 所長の片金がやってきました。

片金「よう! やってんな!」

「諸君 朗報や」「今朝は一段とはみだしおったわ」

 休憩になりました。

「ただの知り合いだす」

 千代は小暮を待っています。

誰かが通りました。

千代が振り返ると、一平でした。

千代は一平に、「なんであんたがここいてねんな?」と聞きます。

一平は「役者が撮影所おって 何が悪いねん」と言います。

千代は「女優さん追いかけてきたんやろ」といいました。

一平「何や。そのちゃらちゃらした格好は?」

「真昼間から、男に恋人になっとくれ 言うて、せがんでたしなぁ」

千代「ちゃうねん!」「ちゃうねん! 誤解やて 一平 落ち着き!」

一平が「お前が落ち着け」

千代は小暮のことを一平にいろいろと説明します。

一平が「けど、二枚目やったなぁ」「嫌いやあれへんのやろ?」と聞くと、

千代は「そらまあ どっちかって言われたら、好きやけど」と言います。

気が付くと、小暮がきていました。

小暮は、撮影がまだ終わりそうにないことを伝えに来たのでした。

千代は「うち 構しまへん」「待ってますさかい」と言います。

小暮が一平の方をみました。

千代「この人はどうでもよろしんだす」

一平が「前に道頓堀で、千代と一つ屋根の下に暮らしてたもんです」と言いました。

千代は「おかしい!」「それもけったいや!」と言います。

千代「ただの知り合いだす」

小暮「あっ そうなんだ」と言いました。

「じゃあ もしよかったら 僕の代わりに・・」

千代「絶対 お断りだす!」

道頓堀のみんなは?

 小暮が撮影現場に戻ってしまうと、千代は一平に道頓堀のことを聞きました。

千代「あっ なぁ?」「道頓堀のみんな 元気にしてはる?」

一平「元気やで」「お前が役者になったって聞いて みんな言うてたわ」

千代「なんて?」

一平「あほやなぁ」「役者なんか やるもんやあれへんのになあて」

千代「うそやろ?」

一平は「フフフフ」と笑いました。

「役者なんか やるもんやあれへんのに」

 千代は夢を見ていました。

一平と『貫一お宮』の活動写真を見に来ています。

千代は一平に訊ねます。

千代「なあ あんた」「ほんま 何しに 来たん?」

 活動写真の貫一が一平になっていました。

一平「せやからな みんなの言葉を伝えに来たんや」

須賀廼家千之助がお宮で出てきます。

お宮「どうせ おってもおらんでも変わらん役者にしかなられへんのに」

「おちょやんて あほやのう」

山村千鳥、高城百合子、みつえちゃん、シズ、そして、テルヲが。

みんな「あほやなぁ~」と言います。

「千代ちゃんがいてくれてよかった」

 千代は小暮に起こされます。

千代「怖い夢やったぁ・・・」と言いました。

千代が小暮に「すんまへん」「寝てしもうてました」というと

小暮は「こっちこそご免」「どうする?」と言いました。

千代は「そうだすなぁ」「また今度に しましょか?」と言います。

 千代は撮影所内を歩きながら、小暮に訊ねます。

「高城さんと監督は大丈夫だしたか?」

小暮は「まあ なんとかね」と言って、現場に戻ります。

  夜、小暮と千代は活動写真舘にやってきました。

すでに上映が始まっていました。

小暮が「いや じゃあ ご飯でも食べて帰ろうか」と言いました。

千代と小暮はレストランで食事をしています。

千代「こないなとき 恋人やったら、どないな話 しますのやろ」と聞きました。

小暮が「ご趣味は?とか」というと、千代は「それ お見合いとちがいます?」と言います。

千代は小暮に趣味を聞きました。

千代が「活動写真とちがいますの?」というと、

小暮「活動写真は趣味じゃない。夢」

「いつか 一本でいいから、自分が本当に作りたい作品を撮ろうと思ってる」と答えます。

千代は「小暮さんやったら できるわ 絶対」と言いました。

小暮は「千代ちゃんるご免」と言って、話はじめます。

僕は千代ちやんを利用したと。

「カルメン」の撮影が大変で、村川監督と高城さんも気が立っていて、自分も気が抜けなかった。

けれど、休憩所で千代ちゃんと話をしていると、何だかいつもホッとして元気になれた。

だから、自分が千代ちゃんに救われているんだと。言いました。

そして、「千代ちゃんがいてくれてよかった」と言います。

「うち ほんまに好きになってしもたみたい」

 千代はカフェー『キネマ』に帰って来ます。

だれも、千代にどうだったかを聞きません。

千代は「あの・・」「どないやったか 聞きはれへんのだすか?」と言います。

純子が「よう考えたら、所詮、真似事やし」「うまいこといくも いかへんも あらへんしな」と言いました。

真理が奥から出て来ました。

真理「あっ!」「千代ちゃん。どうやったがけ?」と聞きました。

千代「なんや。うち・・あの人のこと 好きみたいや」と答えます。

京子「今 何て・・?」

千代「どないしょ?」「うち ほんまに好きになってしもたみたい」と答えました。

店長 以下全員「えっ~!」

真理「あっちゃ!」

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第33話の動画を見る

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お家のビールサーバー 3選比較  


リモートワーク続きやステイホームでお家の中がガチャガチャしてきたら・・

水産会社ならではの確かな品質! オホーツク海の海産物、北海道各地より新鮮な蟹や魚貝類を買い付け、中間業者を極力通さずに300種類以上の北海道の味覚を直接全国のお客様の元へお届け!  
スポンサーリンク





歴史を楽しむテーマ別ツアー