天皇陛下即位のパレードに伴う交通規制は?通行止めになる通りや場所は?

2019年10月22日(火)に新天皇陛下即位を祝うための「祝賀御列の儀」と呼ばれるパレードが行われます。

このパレードではトヨタ自動車センチュリーに乗車された新天皇陛下が皇居から皇太子殿下の御在所までの間を走行される予定ですので、多くの方が新天皇陛下をお目にかかることができます。

パレードで使用されるルートは国会議事堂の裏を左折し、国会図書館自民党本部前を通過、その後、永田町駅方面に向かうコースで検討されていますが、このパレードに伴い交通規制が行われる予定です。

今回はパレードに伴う交通規制についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

パレードの通過コースは?

10月22日(火)に行われる「祝賀御列の儀」は新天皇陛下即位を祝うためのパレードです。

このパレードのコースは

国会議事堂の裏を左折し、国会図書館自民党本部前を通過、その後、永田町駅方面に向かうコース(新提案コース)
で検討されています。

この新ルートが決定されると

  • 日差しを遮る首都高速の高架下を通る距離が短くなる
  • 皇居を取り囲む内堀通りの交通規制の範囲が狭められる

などの調整が行われる予定です。

ですが、正式な決定は新天皇陛下の即位後となっているため、また変更があるかもしれません。

残念ながら交通規制はまだ発表されていません

さてパレードに伴う交通規制ですが、残念ながらまだ発表はされていません。

ちなみに今上天皇(平成時代の天皇陛下)が即位された時は、平成2年11月12日に「祝賀御列の儀」が行われました。

この際

青山通りを西に進むコース(平成代替わりコース)

でパレードが行われたのですが、宮殿から赤坂御所までの沿道には約11万7000名にものぼる人々が集まり、天皇陛下のご即位をお祝いしたとされています。

平成2年に行われたパレードでももちろん厳しい交通規制が行われていたので、今回のパレードも厳しい交通規制や通行止めなどが行われることでしょう。

パレードが行われる10月22日(火)は今年に限り祝日に指定されています。

パレードに多くの国民が参加することが予想されているので、パレード直前に発表される交通規制をしっかり確認するようにしましょう。

まとめ:天皇陛下即位のパレードに伴う交通規制は?通行止めになる通りや場所は?

新天皇陛下即位を祝うパレードに伴う交通規制についてご紹介いたしました。

残念ながら、まだ交通規制は発表されていませんでした。もしかするとパレード直前に発表されるかもしれませんね。

10月22日(火)に行われるパレードは新天皇即位後のイベントの中でも最も華やかなイベントです。

そのため大変混雑することが予想されています。

事前に発表されるであろう交通規制をしっかりと確認し、パレードに挑むようにしましょう。

以上「天皇陛下即位のパレードに伴う交通規制は?通行止めになる通りや場所は?」でした。

コメント