新元号「令和」の海外の反応は?和暦を外国人はどう思っているのか評価や評判は?

4月1日に発表された新元号「令和」は現在に残る最古の和歌集である「万葉集」が出典とされています。

国内のみならず海外でも新しい元号の発表はニュースとして伝えられましたが、海外の反応は一体どのようなものであったのでしょうか。

今回は新元号「令和」の海外の反応と、外国人は「和暦」についてどう感じているのかを調べてみました。

スポンサーリンク

新元号「令和」の発表の海外の反応

新元号の発表をニュースや、号外、ネットで知ったという方が多いでしょう。

「令和」は「万葉集」の「梅花の歌」三十二首の序文が出典とされており、「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」といった意味がこめられました。

日本のみならず海外でも新元号の発表は伝えられましたが、海外では「令和」の言葉の解説が難しいとされ様々な解釈によって新元号の発表が伝えられています。

例えば

  •  米紙ウォールストリートジャーナルは

「”rei,” which can mean auspicious(縁起が良い) in traditional texts, and “wa” meaning peace(平和).」

「縁起が良い」「平和」といった単語を使用し「令和」を解説しています。

  • 米ブルームバーグ通信は

「 “order(秩序),” and “peace(平和)” or “harmony(調和)”」

「秩序」「平和」「調和」といった単語を使用し「令和」を解説しました。

  • 英ガーディアン紙は

「TV commentators struggled to offer a direct translation」

テレビコメンテーターは「令和」の翻訳を解説するのに苦労しました。と綴り

「”decree(政令)” and “peace.(平和)”」

「政令」「平和」といった言葉で「令和」を解説しました。

  • 英BBCでは

「order(秩序) and harmony(調和)」

「秩序」と「調和」といった言葉で「令和」を解説しています。

海外の反応

Twitterにおける「令和」についての海外の発表を少しご紹介いたします。

 

新時代の日本の歴史は、次のとおりです。

5月1日にナルヒト皇太子皇太子が皇帝になり新帝国時代を発表した後の日本に興味をそそります。 「令和」は正式に「美しい調和」と訳されています。

「つまり、令和は部下としての人々が調和のとれた環境を作り出すことによって遵守するという新しい皇帝の統治下での「秩序」についてです。つまり、反対意見が許されない全体主義的な状態です。」

5月1日、日本の秋仁皇帝が息子に譲位いたしました。新しい時代の名前は令和(美しい和)になります。

「それは新時代の幕開けですさよなら平成、こんにちは令和」

「最近の世界政治のあやふやな状態からの気を散らす素敵なことの1つは、令和を歓迎することです。」

和暦を外国人はどう思っているのか?

日本人は日常から西暦と和暦(元号)、どちらも使用します。

約2000年以上前から中国で使用されていた元号の文化が日本にも用いられるようになり今でも日本で使用されています。

中国や日本のみならず韓国や北朝鮮、またベトナムや台湾でも元号が使用されていました。

しかし、今も元号を使用している国は日本のみとされています。

そのため日本に来た外国人の人は、和暦で表記されていると困るといった経験も多いかもしれません。

そういった不便さを考え2017年12月にはJR東日本が切符に表記される発行日や有効期限などを西暦で表記し始めました。

また役所などの手続きでは必ずと言っていいほど和暦を記入することがあります。

このような和暦と西暦の併用に外国人は混乱しているようです。

日本が元号を廃止すべき時が来たようです。このグローバル化された時代にはあまりにも非効率的で不利

 

まとめ:新元号「令和」の海外の反応は?和暦を外国人はどう思っているの?

新元号「令和」の海外の反応についてご紹介いたしました。

日本では非常に分かりやすい意味をしている元号ですが、海外の人からすると「令和」を解釈するのは少し難しいようでした。

しかし、新元号の発表を祝う声が多く挙げられていましたね!

また普段馴染みのない和暦を使用することも外国の人からすると難しいと感じていることがわかりました。

これから東京オリンピックや万博など外国人観光客の方が多く日本に訪れます。

それだけではなく、日本で働く外国人の方も増加するので、外国の人からすると西暦に統一したほうが日本で生活しやすいのかもしれませんね。

以上「新元号「令和」の海外の反応は?和暦を外国人はどう思っているのか評価や評判は?」のご紹介でした。

コメント