なつぞら56話の見逃し配信動画の無料視聴方法!麻子(貫地谷しほり)からある疑いがかけられるなつ(広瀬すず)

なつぞら56話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

出社2日目。

初日よりも派手な服装で出社したなつ。

そんななつは麻子からある疑いがかけられます。

 

 

なつぞらなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

>>なつぞら56話の動画を見る

なつぞら56話の動画配信を見る方法

なつぞら56話の動画を配信しているVODサービスはこちらです

VOD動画配信サービス 配信状況
U-NEXT
hulu ×
FOD ×
paravi ×
amazo56 prime video ×
Netflix ×

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

当サイトからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

>>なつぞら56話の動画を見る

 

(参考)U-NEXTの申し込み手順の解説はこちら

(参考)NHKオンデマンドを視聴する具体的な手順はこちら

 

なつぞら56話の見どころ・感想

麻子vs堀内

憧れのアニメーターの職場、作画課に訪れたなつ(広瀬すず)。

なつは仲努(井浦新)にパンダのキャラクターが可愛かったと伝えます。

そんななつに仲努はパンダのキャラクターの絵が描かれた書き損じをあげるよと言いました。

書き損じとは失敗作、ごみ箱に捨てられてしまった作品のことです。

下山克己(川島昭)から原画を描いているのは仲努と井戸原昇(小手伸也)だけ、たったアニメの原画はたった2人だけで作られていると聞きます。

その2人を助けるために下山を含めた6人のセカンドと呼ばれる人たちが原画担当者の間にたって動画担当に指導しているのでした。

しかし、下山もまだ新人。

そのため新人が新人を育てるようなものだったのです。

下山から話を聞いていた最中、麻子(貫地谷しほり)が「だから、できるかできないかじゃないの!いいか悪いかなのよ!」と動画担当の堀内幸正に声をあららげます。

堀内も「だから悪いならどこが悪いのか言ってくれよ。こっちは指示通りに描いているだけなんだからさ」と反論しました。

これに対し「その指示に従って自分で考えるのが動画担当の役目じゃないの?これじゃ、人物の気持ちが伝わってこないのよ」と麻子も反論します。

結局、話はまとまらず、麻子が「その原画のキャラクターを捉えきれていないような気がする。とにかくもう一度考えてみて、お願いします」と話を切り上げました。

 

クタクタななつ

おでん屋「風車」に帰宅したなつ。

風車には2人のお客さんがいました。

女将の岸川亜矢美(山口智子)はなつに夕食をとるようにと勧めます。

奥の部屋になつが姿を消すと、2人の客は「ママの娘なの?」と聞きました。

夕食をとり、自室に戻ったなつは仲から貰った書き損じのパンダのキャラクターを真似して、絵を描きました。

しかし、いつの間にか机の上で眠りについてしまっていたようで、咲太郎(岡田将生)と亜矢美はそっとなつを布団へと移動させました。

 

初日より派手な服装で出社

出社2日目の朝。

なつはまた亜矢美に服を選んでもらいました。

しかし、亜矢美の選んだ服は初日よりも派手なもので、なつは派手じゃない?と不安を感じます。

出社し作業を始めるなつ。

作業をしながら桃代(伊藤六花)と話をしていたのでしょう。

桃代はなつが新宿に住んでいると知り驚きます。

新宿=遊ぶ街の印象が強いため桃代は「遊びに帰っているようなものじゃない!」となつに言いました。

それに対しなつは遊んでいませんと答えますが…派手な洋服に身を包んでいるのであまり説得力はありません…

桃代によると仕上げ課にいる若い女性たちは育ちの良いお嬢様が多いとのことでした。

会社がいい花嫁になりそうな人を選んでいるみたいと桃代は言います。

そんな桃代になつは「ももっち先輩もですか?」と聞きましたが、桃代は「私は違うわよ。お金に困っているもの。でも実際、みんな遊びに来ているようなところがあるからね、ここには」と言いました。

漫画映画を夢見ていたなつにとって、東洋動画に遊びにくるということは考えもしなかったのではないしょうか。

そのため、多くの若い女性は昼休みになると中庭に集まりバレーボールをしたり、お喋りをしたりと楽しそうでした。

しかし、なつはそんなのお構いなし。ひたすら絵コンテに目を通します。

 

麻子が怖い

作画課に向かったなつ。

戦う兵士を描いていた下山に「これは白娘と戦う場面ですね?」と尋ねます。

よくわかったねとなつを褒めた下山は、「白蛇娘」が悲しい物語であるからこそ、戦うシーンはおもしろくしたいと語りました。

「私もいつか描いてみたいです」とつぶやくなつに、下山はごみ箱から拾って先輩の絵をどんどん真似したらいいとアドバイスします。

なつはそのアドバイスを受けごみ箱から破棄された絵を拾いました。

ふと顔をあげるとそこには麻子が。

麻子はなつの顔を見るとムスっとした表情を見せます。

そのまま麻子は堀内の席へと移動し「やっぱりだめです。やり直してください」と強い口調で堀内に言いました。

しかし、結局その頼みは受け入れてもらえず、麻子は「もういいです。ここは私がやる」と言い強い足取りで自席へと戻ります。

なつはそれを見ながら、堀内が捨てた白姫の動画を拾い作画課を後にしました。

 

あんた、何しに仕事に来てるの?結婚相手でも探しに来てるの?

作画課を後にし、中庭で堀内が描いた白姫の動画をじっくりと見ようとしていたなつ。

そんななつのもとに麻子が近づいてきます。

麻子はなつの前にたつと

「あんたはなんなの?何しにここへきてるの?結婚相手でも探しに来てるの?」と嫌味そうに聞きました。

そして続けてなつの服装を見ながら「そんなおしゃればっかりに気を遣って、それしか考えていないんでしょ?会社の男は自分のものいたいな顔しちゃって、将来の旦那に会いたいって気持ちがにじみ出てんのよ」

「男を探しに来てるんだったら、目障りだから私の前をうろちょろしないでちょうだい。」

となつに対し麻子は言いたい放題言います。

東洋動画には花嫁候補として勤めている若い女性が多くいます。

それに対し、仕事に熱い麻子は嫌気をさしていたのでしょう。

おしゃれをするなつも、そのうちの1人と考えていたのかもしれません。

さすがのなつもこれにはびっくりしたようで、何も言い返すことはできませんでした。

なつの前から麻子が姿を消すと、なつは「え?なんだべ、今の…」とこぼします。

めんどくさい人間関係になつは巻き込まれていくこととなります。

 

 

広瀬すず主演のなつぞらは、本当に1話から面白いです!

朝ドラがそもそも100回記念ですし、評価も非常に高いですよ!

 

 

 

朝ドラなつぞら56話の動画を見るならU-NEXTで♪

>>なつぞら56話の動画をU-NEXTで楽しむ

 

コメント