なつぞら98話の見逃し配信動画の無料視聴方法! テレビ班に異動となった坂場、しかし不満があるようで…。そして雪次郎が次回公演の主役に抜擢!

なつぞら98話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

 

テレビ班に異動となったなつ、坂場、茜。

しかし、坂場は上層部からの自身の評価に悩みます。

そんな坂場をなつと露木は励ましました。

一方で、雪次郎は次回公演の主役に抜擢されることとなりました。

しかし、雪次郎が主役に抜擢されたことに対し、劇団仲間から反対の声が…

なつぞらなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>なつぞら98話の動画を見る

なつぞら98話の動画配信を見る方法

なつぞら98話の動画を配信しているVODサービスはこちらです

VOD動画配信サービス 配信状況
U-NEXT
hulu ×
FOD ×
paravi ×
amazon prime video ×
Netflix ×

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでなつぞら98話の動画を見る

 

(参考)U-NEXTの申し込み手順の解説はこちら

(参考)NHKオンデマンドを視聴する具体的な手順はこちら

 

なつぞら98話の見どころ・感想

フルアニメーションの存続を危惧する坂場

昭和38年、日本でも本格的な連続テレビ漫画が誕生しました。

連続テレビ漫画とは、なつたちが製作していた『白蛇姫』のようなフルアニメーションとは違い、30分のアニメーションが毎週放送されるといったものです。

フルアニメーションとは違い、連続アニメ漫画は製作手法も違ったものでした。

その第一号となったのが手塚治虫の『鉄腕アトム』だったのです。

テレビ漫画『鉄腕アトム』の大ヒットを受け、東洋動画もテレビ漫画を製作することとなりました。

それに伴いテレビ班が作られることに、なつ(広瀬すず)、茜(渡辺麻友)、坂場(中川大志)はそのテレビ班に異動してほしい、と仲(井浦新)たちから告げられます。

しかし坂場は「仲さんはあれをアニメーションだと認めていますか?僕は少なくとも東洋動画らしいアニメーションの作り方だとは思えません。」と言います。

坂場はフルアニメーションとは違う手法を使用した連続アニメ漫画をアニメーションとは認めていなかったのです。

「もちろん、あれはフルアニメーションではないと思っているよ。」と言う仲。

「それを形だけ東洋動画が真似をして慣れてしまったら、日本のアニメーションはもう、そこから後戻りはできなくなるんではないでしょうか?」と坂場は言います。

連続アニメ漫画の手法を使用すれば、今後フルアニメーションの製作手法に戻れなくなると坂場は危惧していたのです。

「大げさだなぁ、相変わらず君は。」と言う井戸原(小手伸也)。

しかし、露木(木下ほうか)は「いや、坂場君の言っていることはまんざら大げさなことじゃないかもしれないよ。」と坂場の意見に賛成します。

「もしそうだとしても、やる価値はあると僕は思ってるよ。」「アニメーションを見る子供たちにとってはフルアニメーションかどうかなんて全く関係ないことだろ?」と仲は言います。

確かに、アニメを見る子供たちは、そんなこと全く気にするはずがありません。

そう言われ坂場は「わかりました。」と小さく言います。

「それにフルアニメーションの良は、これからも我々が守っていくつもりだよ。」と仲は言いました。

 

神地もまた坂場と同じ意見だった

仲たちとの話を終え作画課に戻ったなつと茜。

下山(川島明)に「どうだった?」と聞かれます。

「うちでもテレビ班を作ることになりました。そこに私となっちゃんは異動することになりました。」と茜が言います。

「優秀ななっちゃんと茜ちゃんを取られちゃうわけだ。」と下山は悲しみます。

「イッキュウさん(坂場)も演出で入るんです。」となつ。

茜は「それでまた仲さんにかみついたりして…。」と下山に坂場と仲が少し対立したことを話しました。

話を聞いていた神地(染谷将太)は「さすがイッキュウさんだ!」と坂場を褒め、「これはテレビ班だけの問題じゃない!我々アニメーター全体にとっての死活問題です!」と言い、テレビ漫画の登場によって長編映画、フルアニメーションの手法は存亡の危機に晒されていることを危惧しました。

 

漫画映画をもっと作りたかった

中庭を通りかかったなつ。

中庭のベンチに寂しそうな顔をした坂場が腰かけていました。

「どうしたんですか?」と声をかけるなつ。

「僕はもう、漫画映画を作れないだろうな。」と言います。

どうしてですか?と尋ねるなつ。

「露木さんの後に次々と若手が演出に抜擢されてるのに、僕にはお呼びがかからない。僕たちが作った短編映画だっていまだにお蔵入りしたまま、長編映画の付録として劇場にかけられることもないだろ。僕に対する上層部の評価が低い証拠だ。」と坂場は言います。

自身に対する評価に坂場は悩んでいました。

「仲さんは短編映画を褒めてくれたかじゃないですか。」と坂場になつは言います。

しかし「あの人は、本音を見せないからな。あの人が描く絵を同じように誰にでもいい顔をしていたんでしょう。」と坂場。

坂場の弱気な発言を聞いて「何を拗ねてるんですか!あなたらしくない。」となつは言います。

それに対し坂場は悔しい顔をして「君のこともそれに巻き込んでしまったかもしれないんです。」「それが悔しくて…1本くらいは君と長編漫画映画に挑戦してみたかった…この会社にいてももうその可能性はないだろうな…。」と言いました。

そんなことまだ分からないと言うなつ。

するとどこからか「そう、まだわかりませんよ。」と声がしました。

 

突然の露木の関西弁

声の方向を向くと露木の姿が。

露木はなつと坂場の会話をずっと聞いていたのです。

「君をテレビの演出にしたのは私だよ。」と言う露木。

「露木さんが?」と坂場は驚きます。

坂場君は全く新しい環境で演出家になった方が、伸び伸びできるんじゃないかって思ったため、露木はテレビ漫画の演出家として坂場を推したのでした。

「だからテレビに行っても腐るな。」「そりゃ、君は多くのアニメーターから嫌われているよ。君の味方なんていない、ほぼ0だ。だからくさるな、くさったら負けだ。人に嫌われる勇気を持つことも演出家にとっては大事な資質なんだ。君には生まれながらにしてその資質ってもんが備わってる。」と露木は坂場を励まします。

新しい環境で頑張れと言われた坂場は小さな声で「はい。わかりました…」と言いました。

すると露木はいきなり坂場の頭を叩き「声小さいねん!自分も関西出身やったらな、根性みせんかい。」と関西弁で坂場に言いました。

「関西出身だったんですか?」と坂場に聞くなつ。

中学までは神戸にいたんです。と坂場は言います。

 

なつと坂場の噂

「それとなっちゃん。坂場のこと頼むな。内助の功でしっかり支えてやってくれ。」と露木はなつに言います。

「はい、わかりました。」となつは1度は言ったものの、内助の功という言葉に引っ掛かり「…え?いまなんて言いました?」と露木に慌てて言います。

「え?めちゃくちゃ噂になってるよ。」と言い去っていった露木。

「え?噂ってなんですか?!」と言うなつ。

会社内ではなつと坂場が恋仲であるといった噂が立ち込めていたのです。

坂場はなつに噂とはなにかと尋ねられますが、「さ、さぁ…」「う、噂なんて気にしなくてもいいでしょう。」と知らないふりをしました。

 

さっそくテレビ班が動き出す

数日後、新しい部屋にテレビ班の作画室が置かれました。

そのため、机などの移動作業が行われます。

人手が足りないため京都の映画撮影所から呼ばれた荒井はきつめの関西弁で移動作業の指揮を執っていました。

強面でキツイ関西弁を話す荒井になつと茜は怖がります。

同じくテレビ班の仲間となった猿渡と話していると「そこの3人!何ボーっと立っとんねん!手ださんかい、ボケ!」と荒井に叱られてしまいました。

 

雪次郎が主役に抜擢!でも…

そのころ、雪次郎(山田裕貴)にも人生の転機が訪れようとしていました。

雪次郎が次回公演「かもめ」の主役に選ばれたのです。

そして同じくヒロインに亀山蘭子(鈴木杏樹)が選ばれました。

しかし、同じ劇団仲間たちはなぜ雪次郎が主役に抜擢されたのか、その理由を教えてください。と監督に詰め寄りました。

劇団仲間たちは「我々はこの配役が1人の俳優の私情によって決められていることに問題を提起します!」と言います。

劇団仲間たちはこの配役は恋仲の噂が立っている蘭子と雪次郎の私情から決められたと考えていたのです。

「それは全く事実無根だよ!」と言う監督。

しかし劇団仲間は納得せず「我々の意見も聞き入れ、演目とや配役が再び選ばれることを要求します。それができなければ、我々はこの公演に一切協力することはできません。」と言いました。

「仕方ないわね。できないという人に無理に参加してもらうことはないわよ。」と蘭子

 

新しい劇団を作らないか?小畑雪次郎!

その後、雪次郎が劇団仲間に「そんな噂は事実じゃありません!蘭子さんに失礼です。」と説明しました。

「自分の実力だけで大きな役をつかんだと思ったのか?」

「たとえ、恋愛関係になくても、君が亀山蘭子さんからえこひいきを受けているのは事実だ。」

と劇団仲間たちは雪次郎を責め立てます。

「じゃあ、俺にどうしろと言うんだよ。」と雪次郎は言います。

「我々は君の実力を認めている。我々と一緒に新しい劇団を作らないか?」「新しい演劇を作らないか?小畑雪次郎!」と1人の劇団仲間が言います。

それに対し雪次郎は困惑した表情を浮かべながら「蘭子さんと共演することが、亀山蘭子という女優と共演することが夢でそのためにここにいます。だから今は、辞めれるわけにはいきません。」と言いました。

雪次郎以外の劇団仲間たちは結局、新しい劇団の立ち上げに向かうこととなったのでした。

 

広瀬すず主演のなつぞらは、本当に1話から面白いです!

朝ドラがそもそも100回記念ですし、評価も非常に高いですよ!

 

 

朝ドラなつぞら98話の動画を見るならU-NEXTで♪

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでなつぞら98話の動画を見る

 

コメント