なつぞら97話の見逃し配信動画の無料視聴方法!テレビ漫画『鉄腕アトム』が大ヒット。東洋動画もテレビ漫画の制作を行うことに!

なつぞら97話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

 

手塚治虫のテレビ漫画『鉄腕アトム』が大ヒット。

それに伴い、東洋動画もテレビ漫画の制作を行うこととなりました。

なつや茜、坂場はそのテレビ班に移動となります。

ますます、なつの活躍が見られそうですね!

 

なつぞらなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>なつぞら97話の動画を見る

なつぞら97話の動画配信を見る方法

なつぞら97話の動画を配信しているVODサービスはこちらです

VOD動画配信サービス 配信状況
U-NEXT
hulu ×
FOD ×
paravi ×
amazon prime video ×
Netflix ×

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでなつぞら97話の動画を見る

 

(参考)U-NEXTの申し込み手順の解説はこちら

(参考)NHKオンデマンドを視聴する具体的な手順はこちら

 

なつぞら97話の見どころ・感想

雑誌に取り上げられるなつ

昭和38年、夏。

なつ(広瀬すず)は26歳、東洋動画初の原画を担当する女性アニメーターとなっていました。

なつの活躍は雑誌にも取り上げられるほどでした。

数日後。

なつのインタビューが掲載された雑誌が発売されました。

亜矢美(山口智子)と一緒に、その雑誌を読むなつ。

「北海道のご家族にも雑誌送ってあげないとね~、あとのぶさん(工藤阿須賀)にも。」と亜矢美は言いました。

信哉はいま、北海道の放送局に務めていました。

「千遥にも送れたらいいんですけどね…。」となつ。

亜矢美は「絶対この記事も見てるって!」と励まします。

 

雪次郎と蘭子の噂

なつと亜矢美が話していると、風車に咲太郎(岡田将生)とレミ子(藤本沙紀)がやってきました。

なつは咲太郎に雑誌を渡します。

「おぉ!これか!」と目を輝かせる咲太郎。

咲太郎の立ち上げた声優プロダクションもなんとか形となって四谷という場所に事務所を構えるほどとなっていました。

この時はもう、レミ子も声優プロダクションの貴重な戦力となっていたのです。

そんなレミ子がなつに「最近、雪次郎(山田裕貴)と話してる?」と聞きます。

「雪次郎くんと?雪次郎くんも仕事順調なんでしょ?」と答えるなつ。

雪次郎も努力のかいあって、吹き替えの当たり役を得ることとなったのです。

亀山蘭子(鈴木杏樹)と雪次郎が吹き替えを担当したアメリカのコメディー『ビューティフル・ナンシー』は大人気となっていました。

しかし咲太郎は「どうも、劇団で妙な噂が立ってるんだ。」と困った顔をしながら言います。

「噂?」となつ。

「あの亀山蘭子と雪次郎が恋仲になってるとか。」と咲太郎は言います。

「え!うそでしょ?」となつは驚きました。

咲太郎とレミ子はなつなら雪次郎の本音を知っていると期待していましたが、なつは何も知りませんでした。

 

蘭子さんは憧れ

咲太郎とレミ子の話を聞いたなつは、雪次郎の自宅へ向かいました。

まずなつは嬉しそうに自分のインタビューが掲載された雑誌を雪次郎に渡します。

食いつくように渡された雑誌を読む雪次郎。

そんな雪次郎に「演劇は?楽しくやってる?」と何気なく聞きます。

しかし、雪次郎は「え?なんでそんなこと聞くんだ?なんか聞いたのか、咲太郎さんとレミちゃんから。」と暗い顔をして言いました。

「うん。」となつは答えます。

雪次郎は蘭子と恋仲になっているという噂が立っていることは知っていましが、恋仲ではないんだときっぱりと言います。

「俺はあの人に早く追いつきたい。俺の中にある思いは、魂は、やっぱりそこなんだわ。」「なっちゃん、好きだ何だとそったらこと言ってる場合でねえんだ。」「芝居が好きなように、蘭子さんが好きだ。」と雪次郎は言いました。

雪次郎にとって蘭子は憧れの人、恋愛感情は一切なかったのです。

 

大切な話とは?

翌日。

作画課のみんなは雑誌に掲載されたなつの写真をお面にして、出社したなつを出迎えました。

みんなからからかわれるなつ。

そんななつに仲(井浦新)が「今日、10時に会議室に来てくれる?大切な話があるんだ。」と言います。

仲は今や会社の中間管理職・作画課長となっていました。

「私も呼ばれてるのよ。」と茜(渡辺麻友)はなつに言いました。

 

テレビ漫画『鉄腕アトム』が大ヒット。東洋動画もテレビ漫画を制作することに

仲に言われた通り、会議室に向かったなつと茜。

そこには坂場(中川大志)の姿も。

「手塚治虫さんのプロダクションが製作している『鉄腕アトム』がテレビで放送されているのは知ってる?」と3人に聞く仲。

「その『鉄腕アトム』がテレビ漫画で大ヒットしている。そこでうちもテレビ用のアニメーション、テレビ漫画を制作するテレビ班を作ることとなった。」「なっちゃんは原画として、茜ちゃんは動画として、そのテレビ班に行ってもらいたい。」と仲は言いました。

「君たちは長編映画を外れて、テレビ漫画に専念してもらいたい。」と井戸原(小手伸也)も言います。

「もう映画には関われないんですか?」と聞くなつ。

「今は東洋動画らしく、このテレビ漫画を成功させることが何より先決なんだ。」と仲は言います。

「坂場君はこのテレビ漫画でようやく演出家として世に出られることとなった。君たちの若い力に期待しているよ。」と露木(木下ほうか)。

放送は今年の12月からで、企画も決まっており『百獣の王子サリー』というテレビ漫画を作ることとなっていました。

舞台は架空のジャングル。そこでライオンに育てられた人間の少年・サリーが様々なトラブルを解決していき、やがて動物たちに認められるといったストーリーでした。

Nerima Oizumi-animegate Chronological table Astro Boy 1.jpg
By 京浜にけ – 美術著作物の題号:「ねりまアニメ年表」(鉄腕アトム

 

1963年(昭和38年)1月1日から1966年(昭和41年)12月31日までフジテレビ系列にて1話30分の連続TVアニメとして『鉄腕アトム』は放送されました。「当初の制作費は1話当たり55万円であった」と手塚治虫は生前語っていましたが、実際には1話あたり155万円が代理店から支払われていたとされています。

 

坂場vs仲さん

なつは「東洋動画らしくとは、『鉄腕アトム』とは違うやり方で作れ。ということでしょうか?」と仲に尋ねます。

「いや、『鉄腕アトム』と同じやり方で作らなければ、テレビでは成立しない。」と仲は言います。

すると坂場が仲に「仲さんは、あれをアニメーションだと認めていますか?僕は少なくとも思えません。仲さんはどう思っていますか?」と尋ねました。

「もちろん、あれはフルアニメーションではないと思っているよ。」と仲。

「それでも作る価値はあると思いますか?」と坂場は強く仲に返しました。

またもや坂場と仲の間に不穏な空気が漂います。

なつはどう動くのでしょうか…

 

広瀬すず主演のなつぞらは、本当に1話から面白いです!

朝ドラがそもそも100回記念ですし、評価も非常に高いですよ!

 

 

朝ドラなつぞら97話の動画を見るならU-NEXTで♪

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでなつぞら97話の動画を見る

 

コメント