なつぞら動画。138話9月7日の見逃し配信の無料視聴方法!マコプロダクションに移籍することを決意したなつ(広瀬すず)それを告げられた仲(井浦新)は…

なつぞら138話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 1990円 888円 933円 800円〜 925円 500円 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 1ヶ月間 14日間 30日間 30日間 31日間 30日間 30日間 入会月 1ヶ月
貰えるポイント 1380 1380 なし なし 300 なし 540 1080 540 なし
無料視聴する方法 詳細解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

 

なつぞら138話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

マコプロダクションに移籍することを決意したなつ。

東洋動画を辞めることを報告された仲は…

 

 

 

 

なつぞらなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>なつぞら138話の動画を見る

 

なつぞら138話の動画配信を見る方法

なつぞら138話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでなつぞら138話の動画を見る

 

(参考)U-NEXTの申し込み手順の解説はこちら

(参考)NHKオンデマンドを視聴する具体的な手順はこちら

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 972円~1944円
毎月ポイント付与 1380p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「なつぞら」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでなつぞら138話の動画を見る

 

(参考)U-NEXTの申し込み手順の解説はこちら

(参考)NHKオンデマンドを視聴する具体的な手順はこちら

なつぞら138話の見どころ・感想

前回のストーリーはこちら

マコプロダクションに移籍することを決意!

マコプロダクションの新企画アニメーションの舞台は北海道でした。

北海道の開拓者の話にするという坂場(中川大志)。

「だから私にやってほしかったの?」となつ(広瀬すず)は聞きます。

「というより、僕も柴田家の家族に影響を受けているんだと思う。柴田家だけじゃなく、天陽君や十勝の人々に…。この日本にもささやかな日常を一生懸命に生きている開拓者たちがいることを、その作品を通して描きたいんだ。リアルにもちろんアニメーションにしかできない表現で…。」

「それをできるアニメーターは誰かと考えたら君しかいないだろ。」と坂場は新しい企画に対する意気込みを話しました。

本当にそんな企画は通るの?と心配するなつ。

「マコさんは賛成してくれた、必ず企画を通すって。ただしマコさんの条件も、君が作画監督を引き受けてくれるならということだ。」と言う坂場。

下山(川島明)も神地(染谷将太)も、なつが作画監督を引き受けるなら、この作品に協力したいと言っているのでした。

「分かった。イッキュウサンが演出をしてくれるなら、是非、やってみたい…。やりたい。」となつ。

こうしてなつは東洋動画を辞め、マコプロダクションに移籍することを決意したのでした。

 

仲もなつの移籍に賛成

翌日、出社したなつは仲(井浦新)をお昼ご飯に誘います。

休憩室でお弁当を食べる2人。

話したいことがあると言い出した夏ですが、なかなかマコプロダクションに移籍したいということを仲に話せません。

「いったい、どうしたの?話したいことがあるんでしょ?言ってごらんよ。」と仲。

「実は…辞めたいんです。この会社を辞めようと思ってます。」となつは口を開きます。

「それはアニメーターをってこと?」と仲は聞きました。

「違います。この仕事は続けたいと思ってます。アニメーターはやめません。」というなつに「つまり、他でやりたいということか?」と仲。

下山も神地も、モモッチもマコプロダクションに移籍していく中、なつもまたマコプロダクションに移籍することを仲は察しました。

「そうか、君もか。」と少し残念がる仲に、なつは謝ります。

「私は仲さんのおかげで…皆さんにも力になってもらってこの会社で仕事を続けることができました。それを裏切ることになります。」となつ。

しかし仲は「なっちゃんはそれを裏切りだと思ってるの?この会社を裏切りたいとか、僕たちを裏切りたいと思ってる?」と聞きます。

「そんなことは思ってません。」と首を振るなつ。

「だったら、その選択は裏切りじゃないよね?マコちゃんのところに行くのか?」と仲はなつに聞きます。

はい。と答えたなつに、仲は優しく「それでいいと思うよ。アニメーターはもう1つの会社にこだわっている時じゃない。それより1つの作品にこだわるべきだろう。」と言い、なつがマコプロダクションに移籍することに賛成しました。

 

社長に退職願いを提出

その後、社長室を訪れたなつ。

なつは社長に「これは純粋に私のわがままです。どうかお許しください。」と言い退職願いを提出しました。

 

なつの退職を悲しむ佐藤部長

なつが退職することを知った佐藤部長。

佐藤部長は作業中のなつに「奥原さん!社長に退職願いを出したんですって?!」と言います。

「そういうこと私を通してくれないと…困るよ!本当に困るよ。君、大事な戦力なんだから…。『魔界の番長』だって大変好調なんだよ。」と大きな声を出す佐藤部長。

「この番組は最後までやってくれるんだよね?」と聞かれ、なつは「そのつもりです。」と答えます。

「君はメインのキャラクターを作り出した、作画監督なんだから!」と悲しむ佐藤部長に、堀内(田村健太郎)が「あ、あの!私が作画監督をやってはいけないでしょうか?代わりはできませんけど、たとえ奥原さんが抜けたとしてもその穴を埋めることができるかと思います。」と言い出しまた。

「堀内さんなら絶対にできます。」となつ。

なつの言葉を聞いて佐藤部長は「分かりました。放送はこの先どこまで続くか分からないけど、どこかで堀内君にも作画監督をやってもらいましょう。」とゆくゆくは堀内を作画監督にすると言いました。

「辞めんのかー!できる人から辞めていくな、この会社は!」と言い佐藤部長は去っていきました。

 

チャンスを掴んだ堀内

「堀内さん、すみません。」と謝るなつですが、「いや、いいんだよ。とっさにチャンスだと思っただけだから。少しはなっちゃんの負担を減らすことができたか?」と少し嬉しそうな堀内。

堀内に「しかし、なっちゃんも辞めるなんて。やっぱり子育ては大変だよな。」と言われ、なつは「いえ、マコプロダクションに移るんです。」と返します。

てっきり子育てのために会社を辞めると思っていた堀内たちでしたので、「ええっ!」と驚きました。

 

咲太郎と光子に報告

仕事を終え、優を迎えに行くため急いで咲太郎(岡田将生)の声優プロダクションにやってきたなつ。

会社には咲太郎と光子(比嘉愛未)しかいませんでした。

「お兄ちゃん、光子さん。私、来年になると思うけど、またイッキュウサンと一緒に作品作ることにしたから。また新しいことに挑戦することにした。」となつは言います。

「それならその作品にうちの声優を使って頂戴ね。」と光子。

咲太郎も嬉しそうに「それは頼むぞ。」と言います。

 

これからも優に寂しい思いをさせてしまうかもしれない

帰り道、「優、ママはこれからもお仕事するからね。優には寂しい思いをさせちゃうかもしれないけど、これからも絵を動かしていくからね。」と優に言います。

「うん、いいよ。ママ大好き。」と優はなつに抱き着きました。

結局、なつは年が明けた昭和49年の3月まで東洋動画で働いたのでした。

 

広瀬すず主演のなつぞらは、本当に1話から面白いです!

朝ドラがそもそも100回記念ですし、評価も非常に高いですよ!

 

朝ドラなつぞら138話の動画を見るならU-NEXTで♪

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでなつぞら138話の動画を見る

 

コメント