エール第40話の無料動画と見逃し放送配信情報! 自分のことだけを考えていた音楽

エール第40話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 1990円 888円 933円 800円〜 925円 500円 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 14日間 14日間 40日間 40日間 40日間 40日間 40日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 300 なし 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

エール第40話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

 「野球ば頑張っている人のラジオを聞いて、頑張れる人がおる」

「頑張ることは繋がるんや」

早稲田の応援部長 田中の言葉が裕一の心を動かした。

裕一は徹夜で「紺碧の空」の作曲を完成させた。

タイトルロール

 この三年間の屈辱ば晴らすときがきたぞ。 「紺碧の空」で「若き血潮」をば倒す。

応援部長、田中が部員に叫んだ。

二勝一敗で早稲田は慶應義塾に勝った。

  帰り道、裕一と音は屋台でラーメンを食べていた。

早稲田大学応援部がやって来て、全く曲が採用されない裕一にエールを送ってくれた。

エールなNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

40日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第40話の動画を見る

 

スポンサーリンク

エール第40話の動画配信を見る方法

エール第40話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

40日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第40話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(40%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「エール」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第40話の動画を見る

エール第40話の見どころ・感想

古山裕一のモデルとなった古関裕而とはどんな人?

ミュージカル俳優が大勢出演!

前回のお話はこちら

エールNHK公式サイトはこちら

裕一はコロンブスレコードの廊下で、壁に貼られた木枯のデビュー曲のポスターを見ていた。

木枯もやって来て、古枯は話があると裕一をレコーディングルームに連れて行く。

木枯は、色々聞いて、裕一のことを心配していたと言った。

裕一はもう一回頑張ってみようかと思っていると答える。

 裕一は木枯に、曲が書けなくなったという経験があるかと聞いた。

木枯は、ギターを持つと何かしら浮かんでくると答える。

自分の力を示す音楽

 木枯は、裕一に、自分の為にも、曲が浮かんでこないとは、どんな気分か教えてほしいといった。

 裕一は「ずっと自分だけをただひたすらに見ていた」と言った。 

自分の頭の中は自分のことだけで一杯で、そこに誰もはいってくる余地がなかったと話した。

裕一は悟りを得たかのように、

「僕は自分の力を示すことに固執していた」 「そんなひとりよがりの音楽 伝わるわけがない」

と言った。

木枯は「やっぱり君は天才だよ」言い、裕一が「天才ならばとっくに気づいているよ」と返すと、

木枯は「天才だから気付かないんだ」と言った。

裕一は「これから、何をどうしていいかわからない」と言うと、

木枯は「誰かを思い浮かべるんだろ」「目を閉じてみたら」と裕一に促す。

音楽 誰かを思い浮かべる

 裕一は言われるように目を閉じてみた。

暫くすると、裕一は何かを突然思いだしたかのように

「これまでのやり方じゃだめだ」「今、今できることを頑張ってやってみっから」

と言ったあと、「ありがとね「「本当にありがとう」と木枯の手を握った。

音楽は技量だけじゃない

 音は学校で、廊下ですれ違った千鶴子に、

先週学校を休んだので、二次選考会やめたのかと思った。本気で歌手を目指しているのかと言われた。

音は、「歌は、音楽は、技量だけじゃない」「心から生まれるものだってことを、昨日彼のおかげで知りました」

「ビオレッタ。本気で勝ち取りにいきます。宜しくお願いします」と千鶴子に言った。

 その頃、裕一は鉄男を家に呼んでいた。

喫茶店「バンブー」で

裕一は鉄男に「大将、一緒に曲作んねえか」「君もそろそろ夢に向かって進む時期だ」と言った。

「しかも、歌うのは久志だ」と言って、久志も呼んでいた。

エールなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

40日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第40話の動画を見る

コメント