エール第55話の無料動画と見逃し放送配信情報! 三郎 逝く

エール第55話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 1990円 888円 933円 800円〜 925円 500円 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 14日間 14日間 55日間 55日間 55日間 55日間 55日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 300 なし 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

エール第55話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

 裕一と話したいことがあると言って、二人だけで神社にやってきた三郎。

三郎「おめえに承諾してもらいてえことがあんだ」

タイトルロール(表紙絵のみ)

●養蚕農家・畠山家

 浩二は、役場の仕事で、養蚕農家に再びやってきた。

深々と頭を下げて挨拶をする浩二。

畠山「何だ? 昨日の威勢はどうした?」

浩二「畠山さんに言われてから 改めて考えてみたんです」

  「僕・・・本当は何でもいがった」 「見返すことができんなら」

畠山「見返すって 誰を?」

浩二「親父や兄貴」  「いや…世の中にですかね」

  「音楽の才能がある兄貴と違って、俺には何にもねがった」

  「だから親父から店 任された時うれしかったんです」

  「けど・・…結局 店 閉めることになって…」

畠山「どんな家族にも 割を食うやつはいる」

  「俺だって 虫なんか大嫌いなのに お蚕様30年だぞ」

浩二「役場入って うちみたいな潰れた商売人や農家が大勢いることを知りました」

  「福島出てった人も少なくねえ」

  「だから 残された俺たちにできっことをと思って りんご栽培提案したんです」

畠山「ほい」

畠山は、昨日浩二が置いて行った『福島市果樹栽培振興計画書』を出してきた。

畠山「なかなかよく調べてあるじゃねえか」

浩二「えっ 読んでくれたんですか?」

畠山「いっちょ やってみっか」

浩二「えっ?」

畠山「まだ隠居するのも早えしよ」

  「これからの人生 何か新しいことに挑戦するんのも悪くねえ」

浩二「本当ですか?」

畠山「ただし・・・補助金が出るならだ」

浩二「必ず取り付けます」

畠山「なら お前 しけた面してねえで さっさと上の者 連れてこ」

浩二「ありがとうございます」

浩二は再度、深々と頭を下げた。

●福島「喜多一」茶の間

 裕一はゆりかごで寝ている華を見ていた。

音が買い物から帰って来た。

ハーモニカを買ってきたのだった。

音「裕一さん」

裕一「ありがとう」

音「これでよかった?」

 裕一は包装を開けて、ハーモニカを出した。

裕一「大丈夫」

  「これで父さんに聴かせてあげられる」

音「うん」

裕一「ありがとう」

 裕一は早速、三郎の寝室に行った。

裕一「父さん 入るよ」

 裕一「父さん?」

   「・・父さん!」

裕一は三郎の異変に気が付いた。 

裕一「父さん!」

裕一「音! お医者さん呼んで!」

裕一「母さん・・母さん!」

エールなNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

55日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第55話の動画を見る

 

スポンサーリンク

エール第55話の動画配信を見る方法

エール第55話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

55日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第55話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(55%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「エール」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第55話の動画を見る

エール第55話の見どころ・感想

古山裕一のモデルとなった古関裕而とはどんな人?

ミュージカル俳優が大勢出演!

前回のお話はこちら

エールNHK公式サイトはこちら

裕一 三郎が自身の状態を知っていたことを伝える

●福島「喜多一」三郎の寝室

 裕一とまさが三郎の横に座っている。

浩二が帰って来た。

浩二「父さん?」

  「父さん・・?」

まさ「今 お薬で眠ってる」

浩二「医者は何て?」

まさ「このまま逝っても おかしくないって」

浩二「無理ばっか しやがって・・」

  「こんなことなら もっとちゃんと病気のこと話しとけばよかった」

裕一「父さん 知ってたよ」

  「自分が長くないこと」

 まさと浩二は裕一の顔を見つめた。

浩二「えっ?」

裕一「痛みが出るたんびにね」

 裕一は三郎の腕をとり、着物をめくって、噛み跡を見せた。

裕一「こうやって噛んで我慢してたんだって」

浩二「バカだ・・ バカだ 父さん」

  「だったら・・文句の一つぐらい言えよ」

裕一「浩二」

浩二「俺 だます気だったのかって怒れよ」

まさ「浩二!」

浩二「何かっこつけてんだよ・・」

●福島「喜多一」三郎の寝室

 浩二が三郎の横に座り、三郎の顔を見つめていた。

裕一が入って来た。

裕一「代わるよ」

浩二はうなづいた。

●福島「喜多一」茶の間

浩二とまさは、食事をしている。

●福島「喜多一」三郎の寝室

裕一「父さん・・」

  「いつも僕の味方だったよね」

幼い頃からの裕一と三郎の数々の映像。

裕一「周りに何言われても・・かばってくれた」

大人になってからの、裕一と三郎の数々の映像。

裕一「まだ・・全然 恩返しできてない」  

  「お願いだからさ・・」

裕一は泣いていた。

三郎が目を覚ました。

三郎「だから・・」

三郎「何だ?」

裕一「えっ?」

三郎「化けもんじゃねえぞ」

裕一「父さん・・ 父さん・・」

  「と・・父さん 起きたよ!」

裕一は大声で皆を読んだ。

裕一「父さん 起きた! 父さん・・」

 浩二、まさが部屋にはいってきた。

音もふすま越しに見ている。

浩二「父さん? 父さん?」

三郎「おめえ 帰ってたのか」

浩二「とっくだよ」

まさ「おとうさん 3日も寝たままだったのよ!?」

音「私 お医者さん 呼んできます」

三郎「あ~あ~・・・」

  「浩二と2人にしてくれねえか」

三郎と浩二 最後の会話

三郎「浩二」

浩二「うん?」

三郎「おめえには さんざん迷惑かけて悪がったな」

浩二「何だよ・・気持ち悪い」

三郎「店継いでくれた時は・・腹の底からうれしかった」

浩二「本当は 兄ちゃんの方がいがったろ?」

三郎「ハッ・・バカ言え」

  「あいづは音楽しか能がねえんだから」

浩二「俺・・2人が音楽の話するのがずっと嫌だった」

  「全然 話題に入れねえしさ」

三郎「音楽があったから あいづと話ができたんだ」

  「浩二とは 何がなくても言いてえこと言い合ってきたべ」

  「なっ?」 「ハハッ」

浩二「うん」

三郎「いいか?」 「浩二」

三 郎は布団の上に起き上がった。

浩二「うん?」

三郎「俺が死んだら・・・喪主は おめえだ」

  「喜多一を継いだやつが この家の主だ 家長だ」

  「この家も土地も全部 おめえが引き継げ」

三郎が裕一と二人で神社に行ったときの回想。

(回想)

三郎「喜多一の土地と家 全部 浩二に譲らせてくれ!」

三郎は裕一に頭を下げている。

三郎「おめえは古山家の長男だ。けど俺は 喜多一を継いでくれた浩二にやりてえ」

  「それぐれえしか あいづにしてやれることがねえんだ!」

再度、三郎は裕一に頭を下げる。

裕一「いや・・もちろんだよ 父さん」

  「父さんの好きにして」

裕一は三郎の手をとり、肩に手を当てる。

三郎「本当か!?」

(回想おわり)

●福島「喜多一」三郎の寝室

三郎「ちゃんと承諾取ったから」

  「母さんのこと・・・頼んだぞ」

浩二は頭を伏せて泣いていた。

三郎「聞いてんのか?」

浩二「聞いてるよ」

  「何だよ・・口約束ばっかし・・」

  「だから だまされんだよ」

三郎「おめえは だまさねえ」

浩二「分かんねえぞ」

  「長生きしねえと 何すっか分かんねえぞ」

三郎「フフフフ・・」

浩二「笑い事じゃねえって」

  「俺のこと ちゃんと見張ってろよ」

  「もっと・・ もっと・・長生きしてくれ」

  「生きてくれ・・」

三郎は浩二の頭をさすった。

三郎「おめえ・・いいやつだな」

(浩二の鳴き声)

 裕一はその会話を部屋の外でハーモニカを手にして、聞いていた。

裕一と三郎の神社での回想。

(回想)

三郎「おめえらのおかげで・・いい人生だった」

  「ありがとな」

裕一「父さん・・」

三郎「ありがとう」

(回想おわり)

 裕一が三郎の寝室の外でハーモニカを吹く。

その夜、三郎は安らかに息を引き取った。

●福島「喜多一」玄関

裕一、音、華の三人は帰ろうとしていた。

まさ、浩二が見送りに出て来た。

裕一「世話になりました」

まさ「いつでも帰ってきてね」

音「はい」

まさは音の腕の中の華の顔をのぞきながら、

まさ「華ちゃん また来てね」

小雪がちらついてくる。

浩二「兄ちゃん・・・」

  「俺 りんご やんだ」

  「うまいの出来たら送るよ」

裕一「ありがとう」

  「浩二。元気でな」

浩二「うん」

裕一「母さんもね」

裕一 茂兵衛に挨拶に行く

喜多一を出た裕一一行は 川俣の茂兵衛のところに来ていた。

●川俣・権藤家

 茂兵衛は作陶している。

裕一「お・・伯父さん」

  「あの。 お・・お花 ありがとうございました」

茂兵衛「行かなくて悪いな」

   「どうせ あの世で会えっから」

音が笑った。

裕一「ち・・父の生前は ご心配やご迷惑をおかけして 申し訳ありませんでした」

  「と・・というより あの・・僕が本当に身勝手で 
  
   叔父さんの期待に沿えなくて ご・・ごめんなさい」

茂兵衛は裕一のことについては触れずに、

今、自分が作陶している作品について話しだした。

茂兵衛「いいだろう? この曲線」

   「本当はずっとこれがやりたかったのよ」

   「没頭できるってのは いいことだな~」 「ああ~」  「ちっとも飽きねえ」

   「好きなことだけで飯食えるやつなんざ 一握りだ」

茂兵衛は裕一と音の方へ振り向いた。

茂兵衛「せいぜい気張って かみさんと子どもに苦労かけるんでねえぞ」

裕一「はい!」

茂兵衛「うん」

 茂兵衛は自分の脇に置いてあった木箱を裕一の前に置いた。

茂兵衛「ほれ・・夫婦茶わんだ」  「持ってけ」

裕一「あっ・・」

音「ありがとうございます」

裕一「ありがとうございます」

画面下にキャスト・スタッフの文字のみのタイトルロールが流れる。

裕一「あれ? これ…」

裕一が木箱を開けて、茶わんを手にした。

音「あの これ どっちがどっちですか?」

裕一「どっちですか? これ・・」

茂兵衛「見れば分かっぺ!」

音「ハハハハ・・」

裕一「フフフ・・」

エールなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

55日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第55話の動画を見る

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  水産会社ならではの確かな品質! オホーツク海の海産物はもちろんの事、北海道各地より新鮮な蟹や魚貝類を買い付け、中間業者を極力通さずに300種類以上の北海道の味覚を直接全国のお客様の元へお届け!
スポンサーリンク

歴史を楽しむテーマ別ツアー