「おちょやん」第36話の無料動画と見逃し放送配信情報!『あんたにうちの何がわかんねん!』「このままやったら、うちかて いつどないなるか分かれへん」

「おちょやん」第36話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 2189円(税込) 976円(税込) 1026円(税込) 800円〜 1017円(税込) 550円(税込) 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 14日間 14日間 37日間 14日間 31日間 37日間 37日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 550 500 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

 

「おちょやん」第36話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

 黒子により、千代が鶴亀撮影所にはいってからの流れが紹介されます。

時は大正から昭和へとなっています。

千代は朝、大部屋に来て、大部屋女優の皆に「おはようさんだす!」と挨拶をします。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第36話の動画を見る

 

スポンサーリンク

「おちょやん」第36話の動画配信を見る方法

第36話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第36話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 2189円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(36%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

2189円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質989円です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「おちょやん」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第36話の動画を見る

前回のお話はこちら

「おちょやん」第36話の見どころ・感想

明日は我が身や

 千代は3年たっても、主役をやれるような幹部女優どころか、準幹部女優にもなれずにいました。

大部屋の中堅として、ボチボチの役をもらい、ボチボチ せりふをしゃべり、ボチボチ 名前も知られ・・・。

(大部屋の化粧台の前)

 千代は弥生にちょっと働き過ぎちゃう?と言われます。

そして、「もらえる役があるだけ マシや思うけどな」

「また3人クビになったって」「絹江も歌子も辞めてしもたしな」

「ここもどんどん さみしゅうなるわ」と言いました。

 昭和3年、金融恐慌によるあおりを受け、鶴亀撮影所はヒット作に恵まれず、
多くの役者たちが解雇される事態となっていました。

弥生「明日は我が身や」

ビッグスポンサーのご令嬢

ジョージ監督の撮影現場では、気に入らんことがあると何時間も個室に立て困るわがままな幹部クラスの女優、滝野川恵に悩まされていました。

監督の妻のミカが「何で私が、あんな小娘に謝らなきゃならないわけ?」とジョージ監督に抗議しています。

監督「分かるよ。うん うん」「しかし、鶴亀のビッグスポンサーのご令嬢なんだから」「ミーの立場・・」と言いました。

 千代と小暮がその様子を見ていました。

千代が「まだまだかかりそだなぁ これは」と言います。

千代ちゃんを主役にするって約束

 小暮が千代に言います。

小暮「ごめん 千代ちゃん」

「千代ちゃんを主役にするって約束 また果たせそうにない」

千代は「脚本 またあかんかったんだすか?」と聞きます。

小暮「うん まぁ いつも通りだよ」

「お前の考える話は 金にならんて」と答えます。

千代は「今回のは どないな話だす?」と聞きます。

小暮「貧しさゆえに生き別れた兄と妹が、長~い年月をかけて再会するまでの話」

千代は脚本を見ながら「相変わらず 地味だすなぁ」「こら 当たらへんわ」と言います。

千代「けど うちは好きだす」「いつか見てみたい」と言いました。

千代に客が来る

 守衛の守屋が自転車に乗ってやってきます。

千代に客が来たことを伝えます。

守屋「まぁ とりあえず 大部屋で待っているように言うたけど」

「あれ ほんまにあなたの客か?」と言います。

千代が「誰やろ?」というと、

守屋は「ヨシヲとか言うてたで」と答えます。

千代は「ヨシヲはうちの弟だす」と言って走り出します。

父 テルヲがやってきた

千代が大部屋に着いてみると、父テルヲが大部屋女優と話をしていました。

女優「何や 千代さんのお知り合いですの?」

千代「いや 知らん 他人さんや」と言います。

テルヲが「照れんなや もう わざわざお父ちゃんが会いにきたったのに」と言うと、

千代は部屋に駆け上がり

「やい テルヲ」「ヨシヲの名前 語りおって 今度は何する気や!」と言って、テルヲに掴みかかります。

そして、後をおいかけてきた、守衛の守屋に

「この人 さっさと 追い出してくなはれ」と言います。

守屋「邪見なこと言うもんでないで」

「折角 お父ちゃんが訪ねて来てくれたんやさかいな」と言いました。

 テルヲは「守衛さんの言う通りや」と言うと、バタンとうつ伏せに倒れてしまいます。

千代が「しっかりし!」と言うと、テルヲのお腹がグッーと鳴りました。

テルヲが千代に「また一緒に暮らそや」

 千代は休憩所でテルヲにうどんやいなりを食べさせています。

千代が「ご飯も食べられんくらい お金あれへんの」と言います。

テルヲは、3年前、道頓堀で千代に裏切られてから、何なっても、あんじょういけんでなと言いました。

千代は、「うちが悪者みたいやんか」「うちが道頓堀 いてられへんようなったんは あんたのせいやろが!」と怒ります。

 テルヲは、今度こそ真面目に仕事するさけ、また一緒にくらそやと言います。

千代は、3年前のテルヲの借金は、「岡安」のごりょんさんが、道頓堀の人たちからお金を集めて、肩代わりしてくれはったんやでと言いました。

テルヲが「人づてに聞いたわ」「ほんま 有難い話やなぁ」「観音さんの化身みたいな人やな あの女将さんは」と言います。

千代が「感心してる場合ちゃう!」「借りたもんは返さなあかんやろ!」と言います。

テルヲは、わかってる そやさかい一緒に暮らそ言うてんのや お父ちゃん他にどっこも行くとこあれへんねんと言いました。

千代は「自業自得やんか」「うちの知ったこっちゃあれへん」と反論して、行こうとしますが、戻ってきます。

そして、カフェー『キネマ』の地図を書いて、

「うちまだ 撮影あるさかい 先 行っといて」

「今晩だけ泊めてたってて、店長に頼んだげるさかい」「うちもいろいろ聞きたいことあるし」と言いました。

小暮 父からの手紙

 助監督室では、小暮が脚本を書いています。

小暮は手を停めて、父親からの手紙を読みます。

手紙には、「約束の5年が過ぎた。映画監督になりたいというお前の熱意はわかった」

「しかし 向き不向きはある 帰ってこい」という、父の言葉がありました。

「こねな人の言うこと 信じたらあかん!」

 カフェー『キネマ』では、店長と真理に囲まれて、テルヲは、酒を飲んでいました。

テルヲは店長に、「いやー。こねな立派なお店持つやて われすごいな」と言うと、

店長は「あんたさんこそね 男手ひとつでよう千代ちゃん 育てはった 偉い!」「あんたが主役!」と言い、拍手されます。

テルヲは「いや。親として当たり前の事したまでやさけ」と言います。

千代が帰ってきました。 テルヲの言葉を聞いて、

千代は「どの口が言うてんねんな」「何で飲んでんの?」と言います。

真理が「お父さんから、いろいろ聞いたよ」「今まで 大変やったがいねぇ」言います。

千代は「こねな人の言うこと 信じたらあかん!」「嘘ばっかりやさかい」と言いました。

真理が「昔 豚の餌 食べたって話もけ?」と言うと

千代は、その話は嘘やんと言いました。

テルヲは千代と二人で鶏の流星丸を売りに行ったときの話をします。

鳴きまねしたことあったやろと。

(流星丸を売りに行ったときの回想シーン)

テルヲが「今 思たら おまんの芝居の才能 あん時 芽生えたんちゃうか?」と言います。

「なんで借金なんかしたんや?」

 千代は「絶対ちゃう!」「ちょっと表、行こか」とテルヲを店の外に連れ出します。

 千代はヨシヲのことを問いました。

テルヲはどこにいるかわからないと答えます。

千代は、栗子とちゃんと赤ちゃん生んだんかと聞きました。

テルヲは可愛らしい女の子やと答えます。

千代は、「せやのに、何で借金なんかしたんや?」と聞きます。

テルヲは、千代が生まれたときのことを思い出して、大きな養鶏場作って、がっぽり稼いで、生まれた子を幸せにしたろ思て。

そして、千代も呼び戻してと言いましたが、でもあかんかった。栗子は赤ん坊と出てってもうたと言います。

その後は、ヨシヲとあちこち転々としたが、結局、ヨシヲも出ていこってと言いました。

「うちかて いつどないなるか分かれへん」

 テルヲは店長から、千代がいつかヨシヲと暮らそうと思って、お金を貯めていると聞いたと言います。

千代は「ちょこっとだけやけどな」「『岡安』のごりょんさんにも返さなあかんしな」と言います。

テルヲはその金で家でも借りてと言いました。

 千代は「うちの金 あてにせんといて」

「景気 悪うて、周りもどんどんクビ切られてんねん」

「このままやったら、うちかて いつどないなるか分かれへん」と言います。

テルヲは「あかんやんけ」「どないすんねん」と聞きました。

 千代は「そら もっと上にいくしかあれへん」「主役やれるような役者になるしか」と答えます。

それを聞くと、テルヲは

「分かった」「お父ちゃんが おまん主役にしたらぁ」

「一緒にてっぺん取ったろやないけ 千代」と言います。

テルヲ「てっぺん てっぺんや!」「てっぺん 一緒に取ったろやないけ!」と大声で叫びました。

千代は「来んな!」「黙れ!」と言いました。

「次の映画では 是非ともうちの千代を主役に」

 翌日、テルヲは撮影所の所長室にやってきます。

テルヲは所長に言いました。

「所長さん 次の映画では 是非ともうちの千代を主役にしたって下さい」

「お願いします」と・・・。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第36話の動画を見る

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お家のビールサーバー 3選比較  


リモートワーク続きやステイホームでお家の中がガチャガチャしてきたら・・

水産会社ならではの確かな品質! オホーツク海の海産物、北海道各地より新鮮な蟹や魚貝類を買い付け、中間業者を極力通さずに300種類以上の北海道の味覚を直接全国のお客様の元へお届け!  
スポンサーリンク





歴史を楽しむテーマ別ツアー