「おちょやん」第3話の無料動画と見逃し放送配信情報!『うちはかわいそやない』「おかあちゃんのおかげやな」

「おちょやん」第3話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 1990円 888円 1026円 800円〜 1017円 500円 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 14日間 14日間 3日間 14日間 3日間 3日間 3日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 550 なし 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

 

「おちょやん」第3話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

 テルヲが栗子を連れ戻す為、出て行ってから10日が経っていました。

千代は結局、学校に行けていません。

 小林家のお父ちゃんは「戻ってきよったら、おっちゃんが、キツゥーお灸すえたるさけぇ」と言い、千代は「ガツンと言うたって」と言うのでしたが・・・・。

 小林家のお母さんは「そのおなごひょっとしたら、もう戻ってきやいんのとちゃうけ?」と言います。

千代は「三味線置きっぱなしだし、あの女初めから戻るつもりや」

「ただ、うちを困らすために出て行きおったんや」と言い、栗子の本心を見透かしている千代でした。

 勝次が宿題をもってきてくれましたが、

千代は「このままやったら、うちの人生、まちがいのうお先まっ暗や」

「あしたどないなるかもわからへんのに、先のことなんて考えても無駄や」

「ほんま生きるってしんどいなぁー」と言うのでした。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第3話の動画を見る

 

スポンサーリンク

「おちょやん」第3話の動画配信を見る方法

第3話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第3話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(3%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「おちょやん」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第3話の動画を見る

前回のお話はこちら

「おちょやん」第3話の見どころ・感想

 

テルヲと栗子が戻って来た

 翌日、テルヲと栗子がやっと戻って来ます。

栗子を前に、小林のおとうちゃんが座っています。

耳元でテルヲが「べっぴんやろ」「うらやましいか」とささやきます。

 栗子の挨拶と、頭を下げたときの栗子のうなじを見て、小林のおとうちゃんはポカンとしてしまいます。

そして、お灸どころか、「こまったことがあったら、いつなんどきでも言うてきて」と言って、帰ってしまいました。

 テルヲは「あいつ絶対悔しがってる」「ワイの勝ちや」と言います。

そして「おい千代。お前、栗子おかあちゃんに謝れ」「お前、栗ちゃんにひどいこと言うたそうやないけ」

「お父ちゃんが一生懸命なんべんも詫び言うて、やっと許してもらうたんや」と言うのでした。

千代は「こんどはどねな約束、しさいらしたんか?」「大方、なんかうまいもの食わしたるとか」

テルヲ「そやねん。うなぎやろ。すき焼き・・・」

 千代は「あほぅー」「うなぎ買うゼニどこにあんねん」「ミミズでも食うとけ」と言うと、

テルヲは「ゼニやったらある」「ついにこの時が来たわ」と言いました。

流星丸を売りに行く

 テルヲと千代は歩いて1時間ほどの小さな町にやってきます。

流星丸を売りに来たのでした。

 町で大きなガラス工場を経営している峰岸社長の家の庭で観賞用の鶏の品評会が開かれていました。

流星丸を見せると、社長は一瞥しただけで、関心を示しません。

テルヲが「もうちょっとよく見てもらわなぁ」と言うと、

社長は「とさかの大きさ、色、形、どれも並み」「羽の色艶もさほどええことない」

「素人が育てるとな。あんななんのや」と答えました。

 テルヲは「まだ鳴き声、聞いとらへんがな」と言います。

社長は「長泣きかい?」「鳴かしてみぃ」と言ってくれたので、テルヲ、千代が流星丸を鳴かそうとしますが、流星丸は鳴きません。

するとテルヲは「千代。おまえ鳴け」「つられて流星丸も鳴くはずや」と言うので、千代は「コケコッコー」と言うが、

流星丸は鳴きませんでした。

千代の流星丸 販売戦略

 社長が「次!」と言うと、千代が前に出ます。

千代は流星丸を手に持って、「この子。鳴き声だけはほんまにすごいんや」

「何でな知りたい?」と言います。

 社長が「何でや?」と聞くと、

「うちとこ貧乏やさけぇ。まともに餌やらりゃーえんの」

「そやさけぇ。この子はいつもお腹へったぁって、大声で鳴いとんねん」

「この子の鳴き声は生きるための鳴き声やさけぇ」

「せやのになぁ。見た目だけで判断するやて、ガラス工房の社長さんやなんやわからへんけど」

「おっちゃんの目はくもりガラスやなぁ」と言います。

そして「ええもん 見せたるわぁ」と言って、懐から、亡き母からのビー玉を取り出します。

そして、「どや。きれいやろ。お母ちゃんの形見や」と言って、ビー玉をかざして、

「おっちゃんの工場でも、こねぇなの作ったらええのに」と言いました。

すると、社長は「見せて」「見せて」と言って、千代のところにやって来ます。

そして、ビー玉を手にとって眺めました。

社長は千代の亡き母を知っていた

そして、社長は「お前。さえの子か?」と聞きました。

千代はテルヲの方を振り返ります。

 テルヲが「社長。さえのことしっとんのけ?」と聞くと、

社長は「知っとるもなにも」と言って、話を始めました。

 サエは、ちょうどいまの千代の年頃の頃、社長の工場で奉公していました。

社長「一生懸命。働く子やったぁ」

「16かそこらいん。辞めたあとは、しばらく顔、見せんかったけどなぁ」

「亡うなるちょっと前あたりにひょっこり現れて、このガラス玉こうて、帰りおったんや」

「娘にやる言うてな」

「お月さんに似た、珍しい色のガラス玉やったさけぇ。よぅー覚えとる」と社長は言いました。

 そして社長は千代の頬を触り「そっか。お前、サエの子ぅか?」と懐かしそうに話しました。

お母ちゃんのおかげ

  帰りに、千代はだんご屋でだんごを食べていました。

テルヲは「ええんけぇ。それだけで」と聞くと、千代は「残りは帰ってからよばれる」

ヨシヲや、勝次にもこの前もろた分、返さなというのでした。

 テルヲは「そやなぁ」「たんとあるしな」と言って、懐から金を出します。

(ガラス工場社長の庭での回想)

社長「これもなんかの縁や」「なぁー」

「流星丸。買わしてもらおうかぃ」

(回想おわり)

 千代は「おかあちゃんのおかげやな」と言って、父テルヲを見つめます。

テルヲ「似ててみぃ」「思い出してしまうんやないけぇ」

 帰り路、千代は「おとうちゃんはおかあちゃんのこと。もう好きやないんけ?」と聞きました。

テルヲは「好きやない」「と、言わんとな。栗ちゃんにどつかれんねん」と言いました。

千代が「あげな女のどこがええのん?」

「なんもせんと、遊んでゴロゴロしてばっかりやんけ」

「お母ちゃんとはまるで違う」と言うと、

テルヲは「そやろ」「そやさかけぇ。惚れたんよ」

「似ててみぃ」「思い出してしまうんやないけぇ」と天を見ながら言うのでした。

そしてテルヲは、「あ。そや」「お母ちゃんのお墓にお供えもってこけ?」

「今日のお礼、しやんとな」「栗ちゃん。内緒やで」と言って、

千代とともに走り出しましす。

ヨシヲ大丈夫か?

 山道を弟ヨシヲが涙を浮かべながら歩いています。

ヨシヲは「姉やん」と言うと、足を滑らして、山道の下に落ちてしまいます。

カミナリが鳴り、雨が降って来ました。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第3話の動画を見る

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  水産会社ならではの確かな品質! オホーツク海の海産物はもちろんの事、北海道各地より新鮮な蟹や魚貝類を買い付け、中間業者を極力通さずに300種類以上の北海道の味覚を直接全国のお客様の元へお届け!
スポンサーリンク

歴史を楽しむテーマ別ツアー

スポンサーリンク
スポンサーリンク