「おちょやん」第18話の無料動画と見逃し放送配信情報!『どこにも行きとうない』「うち、『岡安』出ます。お父ちゃんの言うとおりにしたげる」

「おちょやん」第18話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 2189円(税込) 888円 1026円(税込) 800円〜 1017円(税込) 550円(税込) 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 14日間 14日間 37日間 14日間 31日間 37日間 37日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 550 500 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

 

「おちょやん」第18話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

 千代が玉、節子と暖簾を掲げていると、「ここ『岡安』か?」と言って、数人の男衆がやってきます。

「昨日、『えびす座』お願いした赤松や」「上がらしてもろて、よろしか」と言って、座敷に上がります。

 
 千代が酌をした酒を飲むと、男は、プッと吐き出しました。

千代「お口にあいまへんか?」「辛口のお酒が好きや言うてはったさかい」と言います。

男は「何さらすねん。おんどりぁー・・」と言います。

千代「あんたらみたいなもんには、それで十分や」

「次は何いれるかわからへんで」

「死にとなかったら、はよ帰り」

 女将のシズがふすまを開けて、出てきます。

そして、シズは「止めとくれやす」と皆にむかって言います。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第18話の動画を見る

 

スポンサーリンク

「おちょやん」第18話の動画配信を見る方法

第18話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第18話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(18%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「おちょやん」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第18話の動画を見る

前回のお話はこちら

「おちょやん」第18話の見どころ・感想

「二千円も借りとんのやで、あんたのお父ちゃん」

 
 シズは赤松達に言います。

「そそうの数々えらいすんまへん。けどここは芝居を見にきはるお客さんの為の茶屋だす。

お騒ぎになるだけやったら、よそへ行っておくれやす」「おたの申します」

 そう言って、宗助、みつえ、シズ、お茶子全員が頭を下げます。

 赤松達は今日は女将の顔に免じて、帰ると言いますが、帰りがけに富士子が「お代?」と聞くと、

赤松は「それやったら、そいつに払てもろてくれ」と千代に向かっていいます。

千代は「あんたら、お父ちゃんの借金取りか?」と聞きます。

赤松は「そや」「二千円も借りとんのやで、あんたのお父ちゃん」と言います。

「代わりに払うてくれるか?」

千代が「何でうちが?」と言うと、

赤松は「決まっとるやんけ」「血つながった娘やさけな」

「お父ちゃん。助けたってーな。千代ちゃん」と言いました。

(父テルヲが「千代。料理屋に奉公さしたら、借金に減らしたるいわれたん」と言ったときの映像)

「うち、このままここにいててもよろしのだすやろか?」

 千代は帳場でシズに謝ります。

千代が「えらい迷惑かけてすんまへんでした」と言うと、

シズは「話はわかりました。仕事戻り」としか言いません。

千代は「うち、このままここにいててもよろしのだすやろか?」と聞きますが、シズは何も言いませんでした。

 次の日から「岡安」の周りには、借金取りの男たちが、うろつくようになりました。

千代を「岡安」に居ずらくするために、いろいろないやがらせが続きます。

 頼んでもいない沢山のお弁当が届いたり、座布団を切り裂かれたり。

席のキャンセルも続きました。

 千代は店の様子を見て、考えていました。

ライバル茶屋の『福富』は、繁盛していました。

「あの子追い出すようなまねでけへん」

 道頓堀の橋の上で、『岡安』の娘、みつえと『福富』の息子、福助が話をしています。

福助が「なんとかしてくれ。芝居茶屋なんて継ぎとうないんや」

「ぼくはこれで食べていきたいねん」とトランペットを吹きます。

そして「うちがまた景気悪なるよう『岡安』を元どおり繁盛さしてえな」とみつえに言います。

「あの千代いうお茶子のせいなんやろ」「追い出したらええやんか。あんなん」と。

 みつえは「親に捨てられたら、どないする?」と聞きます。

福助は「そないなこと。わかるかいな」と答えます。

みつえは「うちもや」「わからへん」と返します。そして、

「あの子はこれまで、どんだけしんどい思いしてきたんか、うちらには、きっと一生わからへんは」

「そやさかい。あの子追い出すようなまねでけへん」

 福助は「ほんなら『岡安』は、じき潰れんな」「時間の問題や」と言います。

みつえは「つぶれへん」と言って、福助のトランペットをまた、川に投げます。

「笑えん喜劇になんの意味があるねん」

「えびす座」の楽屋では、千之助が暴れていました。

千之助は一平に芝居について文句をいいます。

「なんじゃさっきの芝居は?」

「せりふは飛ばすわ、段取りはちがうわ」「お前。なめとるやろ。おら」

一平「千さんが勝手にせりふ変えるからや」「笑いとれたら、なんでもよろしいんですか?」

千之助「わしは喜劇役者じゃ。お前はなにものじゃ、ああ?」

「笑えん喜劇になんの意味があるねん」

「ぼんやん?。役者、辞めたほうがよろしなぁ」

 一平は、うさを晴らすかのように、飲み屋で芸子と酒を飲んでいます。

「岡安」に帰ってきます。

 扉をあけてはいってくると、お家のハナが座って待っていました。

ハナ「千之助さんに、こっぴどうやられたんやて?」

「その腹いせに、また、芸子遊びだすか」

一平「あない勝手なやつ。付きおうてられんわ。ほんまに」

ハナ「ぼんやん」「役者、辞めたほうがよろしなぁ」

「あんた。芝居、愛してへんやろ?」

「うち、『岡安』出ます。お父ちゃんの言うとおりにしたげる」

夜、千代、玉、里子が風呂屋から出てきます。

借金取り達が待ち伏せていました。

借金取り達は、テルヲを、千代たちの前に付き出します。

テルヲ「そやせけぇ。言うたやろ」「どねぇなっても、知らんて」

千代「どの口が言うてんのや」「全部、お父ちゃんのせいやろ」

テルヲ「そやかて。何されるか?」「おまん、それでええんけ?」「寂しないんけ?」

玉「寂しないはずあれへんやないですか」

千代「ええんだす。お玉さん」

玉はテルヲに言います。

玉「ええことない!」「千代ちゃんは、この8年。一遍も道頓堀からでてへん。何でかわかりますか?」

「お暇、もろても、千代ちゃんだけ、帰るとこなかったんだす」「せやさかい」

「せやさかい。お父ちゃんが迎えに来て、帰るとこできたって、ほんまに嬉しそうやったんだす」

「せやのに、あんまりや!」

里子「もう、千代さん苦しめんといて苦しめんといてください」「お願いします」

玉「お願いします」 玉と里子は頭を下げます。

テルヲ「千代・・。こないええ子ら。巻き添えにして、ええんけ?」「どねやねん。千代」

千代は、玉と里子に「おおきに」といいます。そして、

「うち、『岡安』出ます」「お父ちゃんの言うとおりにしたげる」と言います。

「あないどうしようもないお父ちゃんやけど、見捨てられしまへん」

 翌日、千代は座敷で『岡安』のシズ、宗助、ハナ、みつえに挨拶をしています。

千代「長いこと。お世話になりました」

シズは「それでよろしいのやな?」と聞きます。

千代「へぇ」

千代「そない、しんみりせんといて、おくんなはれ」

そして、「あないどうしようもないお父ちゃんやけど、見捨てられしまへん」

シズ「わかりました」

シズ「あんたを贔屓にしてくれてはるお客さんへの義理もあります」

「あと7日。天海一座が千秋楽迎えるまでは、うちで働いてもらいます」

千代「へぇ」「ほな。ごめんやす」と言って、部屋を出ます。

 シズは何かを考えるかのように、黙っていました。

「心配せんかてええ。うちらがなんとかしたるさかい」

 お茶子部屋では、座布団を手繕いしながら、お茶子たちが話しています。

節子「なら姉さんは、千代が辞めてもええんだすか?」

富士子「誰も、そのようなこと言うてへんやろ」

節子「言うてるようなもんやろ」

富士子「言うてへん」

玉「もう。姉さん。今、喧嘩してる場合ちゃいますやろ」

千代は謝ります。

千代「皆さん。ご迷惑おかけして、ほんますんまへんどした」と言って、頭を下げます。

里子「千代さん」「辞めんといてください」

節子「心配せんかてええ。うちらがなんとかしたるさかい」

富士子「なんとかて。どないすんねんな?」

節子「今、考えてるとこだす」

「そっちこそ。考えたらどない」

富士子「考えてるわ」

 シズは帳場でそろばんをはじく手を止めて、考えています。

宗助は「なるようになりますがな」と言います。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第18話の動画を見る

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お家のビールサーバー 3選比較  


リモートワーク続きやステイホームでお家の中がガチャガチャしてきたら・・

水産会社ならではの確かな品質! オホーツク海の海産物、北海道各地より新鮮な蟹や魚貝類を買い付け、中間業者を極力通さずに300種類以上の北海道の味覚を直接全国のお客様の元へお届け!  
スポンサーリンク





歴史を楽しむテーマ別ツアー