「おちょやん」第8話の無料動画と見逃し放送配信情報!『道頓堀、ええとこや~』「毎日。忙しうて、しょげてる間なんてあれいん」

「おちょやん」第8話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 2189円(税込) 888円 1026円(税込) 800円〜 1017円(税込) 550円(税込) 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 14日間 14日間 37日間 14日間 31日間 37日間 37日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 550 500 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

 

「おちょやん」第8話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

 千代は朝、「岡安」の店前を掃除するため、店の扉を開けます。

隣近所も皆、店の前を掃除しています。

千代は、「おはようさんでございます」と皆に挨拶をして、掃き始めます。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第8話の動画を見る

 

スポンサーリンク

「おちょやん」第8話の動画配信を見る方法

第8話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第8話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(8%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「おちょやん」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第8話の動画を見る

前回のお話はこちら

「おちょやん」第8話の見どころ・感想

 

親がのうなっても舞台に穴あけへん

 喜劇天海天海一座がやって来て、道頓堀「えびす座」は賑わいに花を咲かせています。

舞台の上演風景。

 一平と父との演技が上演されています。

一平がせりふを言うと、客たちは大笑いをしますが、客席の中の「岡安」の母、ハナは笑わずに真面目な顔で見ていました。
 

 一平は「寒気がする」と父、天海が一平を「岡安」に連れてきます。

父は「ほんま情けないやっちゃのぉ」「親がのうなっても、舞台に穴あけへん」「それが役者ちゅうもんじゃ」と言って、店を出て行きます。

 二階で寝ている一平のもとに、ハナがお茶をもってきます。

ハナは「ボンやん。なんだすねぇ。あの芝居は」と言いました。

 一平が「みんな笑うてた」と言うと、ハナは「あれは笑わしてたんと違います。笑われてたんや」「今の方が、よっぽどええお芝居してはる」「ほどほどにな」と言って出て行きます。

ハナは一平の仮病を見抜いているようです。

「もう、ほんましょうもないな」

 千代は、てぬぐいと水おけをもって部屋にはいってきます。

千代が「元気そうやな」と言うと、一平は「あたりまえや。仮病やし」と言います。

そして一平は不満をぶちまけます。

「おれは好きであいつの子に生まれたんやない、二代目やなんやて勝手に決められて。けったいなかつらかぶらされて、顔、白う塗られたりして、人前に出されんねんで」「しかも、親父は芝居の時以外は、ずうっーとお酒飲んで、あとは、女、女、女」
「もう、ほんましょうもないな」

千代も「もう、ほんましょうもないな」と一緒に言いました。

 千代は、一平の年や、學校にいってないことを聞くと、「それも同じや」「うちらもう親友やな」と言います。

一平は「勝手に決めんな。俺はこう見えても、天海天海の息子やで」と言います。

 千代は「そりゃ。おかしいわ」「お父ちゃんのこと嫌いやのに、お父ちゃんのこと、自慢すんのけ?」と言いました。

「岡安」の娘、みつえがやって来ます。

みつえは、「頼まれた本、買うてきたで」と、そして千代に「あとはうちがやるさかいにええで」と言って、

買ってきた本を一平と楽しそうに見始めます。

千代が「そげえおもろいんけ?」と聞くと、一平が「読むか?」と聞くと、千代は「読めん」と答えます。

みつえが「あんた字読まれへんの?」と聞きます。

千代は「べつに。字なんか、読めんかて、今まで一遍も困ったことあれえんし」と返しました。

千代 はじめて舞台を見る

 千代は「鶴亀座」に届け物を頼まれ、やってきます。

待っていた岡安の女中に届け物を渡すと、「千代ちゃん。芝居小屋、はいんの初めてやろ」「ちょっとだけお芝居覗いてみる?」と言われます。

舞台をチラッと覗いた千代は、客席の末席の端で、舞台を見つめます。

千代は、女優の演技に引き込まれます。

そして、末席のお客さんが「今、日本で一番勢いのある女優さん。高城百合子や。べっぴんさんやろ」と言いました。

千代は「女優」と呟きます。  女中が、千代を引き出そうとしますが、「あと一目でええから」と言います。

 芝居小屋の前で、女中が千代を引き留めていると、男性がやって来ました。

男性は、「ちょっと。落ち着いて」「そない、この芝居、気に言ったん?」と聞きます。

千代は「なんやわからへんけど、もっと見てたい」と言います。

男性は「この芝居の本や」といって、『人形の家(イプセン)』の台本を千代に手渡しました。

男性は「このあたりの芝居をとりしきっている『鶴亀』の熊田いうもんや」

「しっかり働いて。あとはお客さんとしておいで」と言います。

 
千代は台本を開くと、文字ばかりなので「あ、あっ、あっー」と叫びました。

 千代は一平に台本の漢字にフリガナをふってもらい、ひらがな50音の表も作ってもらいます。

一平は「芝居のどこがいい」と言います。

 千代は「何やわかれへんけど、キラキラして、綺麗で、ひょっとしたら、本物のかぐや姫ちゃうか、思うたんや」と言います。

そして、夜中もランプの元、台本を読んでいました。 そして空に向かって「おかあちゃん。おおきに」と言います。

千代 はじめてのご祝儀

 そんなある日、千代は一平のお父さん、天海さんのお迎えをするよう言われました。

天海は、酒を飲みながら歩き、足元がふらつきます。

千代はその姿を、自分の父、テルヲと重ねます。

 天海は、「満員御礼のご祝儀や」「おちょやんにもやろう」と言って、ご祝儀をくれました。

「一平のこと、親友やて、言うてくれたそうやな」「そのお礼や」

「あいつぁ。わしのせいで、お母ちゃんも、友達もおれへん。寂しい思いさしてんのや」「この先も、頼むで」と言います。

千代は「おおきに」と言って、大事そうに懐にしまいます。

 天海は「ああ。なんやもう眠たいわ」と言って、歩き始めます。

風が吹き、天海の帽子を飛ばしたので、千代は取りに行きます。

 千代が振り返ると、天海は倒れていました。

大正5年暮れ、一平の父、初代、天海天海は、33歳の若さでこの世を去りました。

天海の葬儀の映像。

「岡安」の調理場で、千代は女中頭のかめに仕事を言われますが、各々に終わっていますと答えます。

そして「お座布ならべます」と言って、調理場を出て行きます。

かめは「そやなー。頼むわ」と言い、「雷でも落ちんのとちゃうか?」と言って、けげんな顔をします。

テルヲらが、夜逃げ!

 「岡安」の店頭で、千代がふと近くの小社を見ると、故郷河内の小林家のお父さんが、手を合わせていました。

小林のお父さんは「村で作った竹かごを問屋に卸にきたさけぇ。ちょっこっと顔、見てこう思って」と言います。

千代が「毎日。忙しうて、しょげてる間なんてあれいん」そして、自分の家族のことを「みんな元気け?」と訊ねました。

 小林のお父ちゃんは「千代ちゃん。ほんまになんにも知らんのけ?」「テルヲらな、夜逃げしくさったんや」と言いました。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第8話の動画を見る

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
水産会社ならではの確かな品質! オホーツク海の海産物、北海道各地より新鮮な蟹や魚貝類を買い付け、中間業者を極力通さずに300種類以上の北海道の味覚を直接全国のお客様の元へお届け!
スポンサーリンク

歴史を楽しむテーマ別ツアー

スポンサーリンク
スポンサーリンク