「おちょやん」第10話の無料動画と見逃し放送配信情報!『道頓堀、ええとこや~』シズ「間違いのう。うちのおちょやんだす」

「おちょやん」第10話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 1990円 888円 1026円 800円〜 1017円 500円 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 14日間 14日間 10日間 14日間 10日間 10日間 10日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 550 なし 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

 

「おちょやん」第10話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

 千代は「岡安」の女将、シズに「クビだす。荷物まとめて、わての前から消えなはれ」と言われます。

千代は道頓堀の町中を歩いています。雷雨がやってきます。

 「岡安」では旦那の宗助をはじめ、シズの母、ハナ、女中頭のかめ、女中の皆が千代の家族が夜逃げをしたことを、シズから聞いていました。

宗助が「それやったら、千代にはもうどこにもかえるとこあらへんちゅうことやろが!」と言います。

シズ「そういうことだす」

ハナ「弱み見せて、情けかけられんのがいやややったんやろ」

「自分は不幸やと思われとうないんや」と言いました。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第10話の動画を見る

 

スポンサーリンク

「おちょやん」第10話の動画配信を見る方法

第10話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第10話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(10%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「おちょやん」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第10話の動画を見る

前回のお話はこちら

「おちょやん」第10話の見どころ・感想

ハナ 千代を見つける

  千代はお寺の門の軒下で、亡き母の遺影を見ながら、『人形の家』の台本の音読をしています。

「千代!」「千代!」と呼び声がして、シズの母、ハナがやって来ます。

「わての方が、道頓堀のことは、警察より、はよ耳にはいりますのや」

「この町のことは乞食の小次郎はんに聞くんがいちばんや」と言って、「これであったかいものでも食べて」と小次郎にお金を渡します。

千代 初めてお芝居を見る

  

 ハナは、千代をえびす座で興行されている天海天海一座の公演に連れてきます。

「ここ座り」「黙って、見ときなはれ」と言って、ハナは自分のマス席に千代を座らせます。

 公演が始まります。

 須賀廼家千之助が一平の役、「いちまつ」を演じていました。

せりふを言い終わると、すぐに母親役に成り代わり、「いちまつ。いちまつ、かい?」と母親のセリフをいいます。 

その早変わりに、客席は大うけでした。

 ハナは千代に「あんた芝居、見んのはじめてやな?」と言います。

 一平がいちまつの役で出てきました。

舞台上の須賀廼家天晴が一平を抱えて、下手に下がります。

客席は大うけでした。

 千代も声をあげて笑っていました。

千之助が再度早変わりで、いちまつの恰好で出てきます。そして「菊松。どこじゃ」と言います。

再度、一平が出てきました。

幽霊でもある千之助が「もはやなんの心残りもなく、あの世に旅立つことができる」「菊松。達者でな」と一平と目を見つめあって、芝居をすると、客席には、涙ぐむ女性客もいました。

千代は立ち上がって、一平の熱演をじっと見つめています。

ハナが「あこが、あっこがあの子の生きる場所や」と言いました。

「岡安」 千代をみんなが出迎える

 「岡安」では、女中頭のかめが千代が台所の窓に書いた、漢字の練習の跡をシズに見せます。

旦那の宗助もそれを見ていました。

 ハナが千代を連れて戻ってきました。

 かめや女中一同も、「千代!」と出迎えます。

ハナは「話があるそうやから、つれて来た」と言います。

 シズは「なんだす。わても忙しいのや」と言って、帳場に座ります。

千代はハナに「はい」とせっつかれます。

 千代は、自分の境遇を話し始めました。

 読み書きがまったくできないこと、5つのときにお母ちゃんが死んで、それ以来家のことをみんなやらされたこと、毎日、弟の面倒をみなければならなかったことで、學校に行けなかったこと、それもこれもみんな、お父ちゃんのせいであること。
お父ちゃんは、お母ちゃんが死んでから、酒とバクチばっかりだったこと。あるとき新しいお母ちゃんを連れてきたが、そのひとのお腹には赤ちゃんがいて、自分が邪魔やと言われたこと、それで「岡安」に奉公に出されたこと、弟だけは面倒を見ると約束してくれたこと、そんなことなので、千代は二度と戻らないと決めたこと、弟のことは大好きなのでこれでいいと思ったこと、
それなのに夜逃げしたこと。

 そして、どうせ自分を売ったお金でまたバクチして、えらい借金こしらえたんだろうということ、それを自分はなんも知らんかったこと。弟がどうなったか、お父ちゃんがどこに行ったかも、なにもわからないこと。

そして、千代は自分ひとりで、どこにも帰るところがないこと。

 千代は「お願いします。ここにおいてください」「もうここしかあらへんのです」「うちを助けてください」と言います。

「届けもんもキチンと届けます。口答えもしません。そやさかい」と泣きながら、頭を下げました。

 警官が「捜索願が出ていた女の子のことで」とやってきます。そして、千代のことを見て「ああっー。おったー」と言います。

「この子に間違いないかぁ」と警官が聞きました。

千代 正式に「岡安」のおちょやんとなる

 シズが「間違いあらしまへん」「間違いのう。うちのおちょやんだす」と言います。

そして「ただし、ちょっとでも役に立てへん思うたら、すぐに追い出すさかい」「覚悟しなはれや」と言います。

千代は「はい。やのうて、へい」「おおきに」と頭をさげました。

 シズは「それからな。あないなとこに落書きしたらあきまへん」と千代が台所の窓に書いた文字の練習の跡を叱りました。

「紙と鉛筆あげるさかい、字の練習はこれでしなはれ」と。

 旦那の宗助は「ほな。字はわてが教えてあげまひょ」と言います。

千代「そんな。旦さんに教えてもらうやなんて」と言うと、宗助は「遠慮せんかてよろし。どうせ暇やしな」と言いました。

女中たちを始め、皆が笑顔で聞いていました。

 帳場台で、宗助は筆で「家」の字を書きました。

千代が書こうとすると、シズは「違います」と言って、鉛筆を千代に渡します。

千代は正式に「岡安」のおちょやんとして、認められました。

天海天海一座 出発

 それから数日後、天海天海一座は次の巡業場所へ旅立っていこうとしていました。

「岡安」面々がそれを見送ります。

 千代は、かめに教わりながら、拭き掃除をしていました。

一平はそんな千代を見ながら、「ほな。行ってまいります」と挨拶をして出発します。

 こうして千代は少しずつ大人になっていきました。

  大人になった千代(杉咲花さん)が、箒とちりとりを持って「お早うさんでございます」と「岡安」から出てきます。

「今日も、ええ天気やなぁ」と空を見上げて、明るく微笑みます。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第10話の動画を見る

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  水産会社ならではの確かな品質! オホーツク海の海産物はもちろんの事、北海道各地より新鮮な蟹や魚貝類を買い付け、中間業者を極力通さずに300種類以上の北海道の味覚を直接全国のお客様の元へお届け!
スポンサーリンク

歴史を楽しむテーマ別ツアー

スポンサーリンク
スポンサーリンク