「おちょやん」第11話の無料動画と見逃し放送配信情報!『うちのやりたいことて、なんやろ』千代「年季明け。あんた、どないする?」

「おちょやん」第11話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 2189円(税込) 888円 1026円(税込) 800円〜 1017円(税込) 550円(税込) 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 14日間 14日間 37日間 14日間 31日間 37日間 37日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 550 500 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

 

「おちょやん」第11話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

 大正13年(1924年)秋、千代が道頓堀に来てから、およさ8年が経っていました。

千代は座布団を抱えながら、道頓堀のメインストリートを走っています。

町の人々が千代に声をかけます。

千代は乞食の小次郎と話をします。

小次郎が「今日は柴富のうなぎが食いたいな」と言うと、千代は「お客さんのお弁、あまったらとっとくさかい、任しとき」と言います。

 千代は下働きの「おちょぼ」を卒業して、「お茶子」さんになっていました。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第11話の動画を見る

 

スポンサーリンク

「おちょやん」第11話の動画配信を見る方法

第11話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第11話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(11%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「おちょやん」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第11話の動画を見る

前回のお話はこちら

「おちょやん」第11話の見どころ・感想

『岡安』X『福富』

 千代はえびす座の客席に座布団を運んできます。

お茶子のお玉が、今日のお客さんのお好みの食べ物をメモを見て確認しています。

千代は、すべて頭の中にはいっています。 千代はお玉さんにそれを伝えます。

 その様子を見ていたライバル芝居茶屋「福富」のお茶子が「お客さんの好み覚えとくくらい、お茶子として当たり前のこっちゃ」と言います。

そして「つい昨日まで、読み書きひとつできひんかったのに、大したもんやなぁ『お・ちょ・や・ん』」と言って笑います。

お茶子の節子が言います。「福富さん。あんまりてんご言わんといて」

福富のお茶子たちは千代をからかいます。

千代も一緒に笑い「おおきに」といいます。そして、

「ああもう行かなん」「今日、お客さんがぎょうさん。8組40人かそこら来はりますねん」「福富さんは、2桝8人?」

「楽でよろしぃなぁ。羨ましいこと」といいます。

 8経った今も、『岡安』と『福富』のライバル関係は続いていました。

「それで、言われっ放しかいな」「『岡安』だけには負けたらあかんって、いつも言うてますやろ!」

『福富』の女将、きくに福富のお茶子たちは叱られています。

息子の福助も大きくなり、トランペットを吹いています。

『岡安』の歴史と将来?

 「岡安」では千代たちお茶子が台所で立ちながら、食事をとっています。

傍らで、おちょやんの女の子がお燗をしていますが、女中頭のかめに、「今、お酒温めたら、姉さんたちが食べ終わるころには、冷めてしまうやろが・・」と叱られています。

 座敷では「岡安」の家族、旦那の宗助、シズ、母のハナ、娘のみつえが食事をしています。

「岡安」は母のハナと先代の旦那さんが、本家の「福富」から暖簾分けさしてもらったお店でした。

先代は早くに亡くなってしまって、ハナは女手一つで店を切り盛りして、ひとり娘のシズは、店を引き継ぐことを決心、お茶子として働き、ハナから厳しく仕込まれました。

お客としてきた宗助が、シズを見て一目惚れ、岡田家に婿として入り、「岡安」は、宗助・シズ夫婦に引き継がれたのでした。

シズは娘のみつえに言います。

「みつえ。あんたも来年は、もう女学校卒業する年になりますのやで」

みつえは「うちは、お母ちゃんみたいに、この『岡安』の女将になります」と言うと、

ハナは「ほうかほうか。女将になりたいてか。う~ん。う~ん。うっふっふっ」と嬉しそうに言います。

千代の芝居評論

 この8年、すっかり芝居好きになった千代は、忙しい仕事の合間に芝居をよく覗き見していました。

今日は、歌舞伎の『浪花鑑』が上演されています。

千代が覗き見をしていると、後ろから、鶴亀株式会社の熊田に肩を扇子でどつかれます。

「覗き見はアカン言うて、何遍も何遍も何遍も、言うてるやろ」

千代は「よろしやろ。ちょっとぐらい。減るもんやなし」と言います。

熊田は千代に「どやった。今日の芝居は?」と聞きます。

「まあまあですなぁ。中日過ぎて、役者さんら何やちょっと手ぬいてはるみたいで」と答えます。

熊田が「相変わらず、偉そうやな。自分」と言うと、

千代「あっ。けど、あの早川延四郎いう役者さんだけは違う。芝居に鬼気迫るものがあって」

熊田「やっぱり分かるか?」

「この興行。あの早川延四郎、最後の舞台なんや」「舞台から足あろて、国に帰るみたいやな」

早川延四郎の舞台風景。

早川延四郎の楽屋に、ヨロヨロとした足取りで戻って来て、おしろいを取る延四郎。

「自分がどないしたいんか、もっとよう考えなはれ!」

 千代と玉は、お客さんからご祝儀をもらっていました。

お客は「あの早川延四郎の最後の芝居さかいな」「まあ、見といて損はないわ。はっはっはっ」

そして、横にいたシズに、「女将もな」と言います。

お客が帰ると、シズは「千代。ちょっと来なはれ」といいます。

千代が「うち、またなんぞやらかしてしもうたろか?」と言うと、

玉は「お芝居見てたん、ばれたんと違う?」と言います。

 千代は帳場のシズの前にいくと、、

シズは「あんた。どないするつもりだす」と言います。

千代は「すんまへん。たしかにお芝居覗いてましたけど、油売ってたわけやのうて」

「なんちゅうかそのう・・・。お客さんとの話を合わせるために・・・」

シズは「また、覗いてましたんか?」

「そないなことやのうて。年越したら、あんたも数えで18の年になる」

「数えで18になったら、年季明けいうのが、うちの決まりだす」

「そのあと、あんた、どないする?」と言います。

千代は「どないする言われても」と言います。

そして玉のように「岡安」で働かせてもらいますと答えました。

シズは「あきまへん」「自分がどないしたいんか、もっとよう考えなはれ!」

「そうせな。後悔する」と言います。

千代 「うちのやりたいことって、なんやろ?」

 千代は部屋に戻り、たんすの自分の引き出しから、亡き母の写真を取り出し、見つめます。

そして、軒先で、あのビー玉を満月に掲げます。

千代は「お母ちゃん」「うちのやりたいことってなんやろ」と月に語り掛けます。

千代は生まれて初めて、そんな当たり前のことを考えました。

これまでは、生きることだけで、精一杯だったので。

 女将のシズは帳場で、早川延四郎からの手紙の束を引き出しにしまっていました。

 翌日、千代がえびす座に行くと、熊田たちが大騒ぎをしていました。

熊田は千代に声をかけようとしましたが、他の者に止められ「なんでもあらへん」と言って

「行くで!」と飛び出して行きます。

あっー。高城百合子

 千代は、残り物の弁当を乞食の小次郎さんのところに持ってきます。

頬かむりをして、傍らに座っている人に、小次郎は「あんた。いらんのか?」と言って、声をかけます。

その人は「乞食に施しは受けない」と言いました。

 千代が「何、気取ってんの。あんたも乞食やんか」というと、

その人は頬かむりを取ります。

 千代は目を丸くしました。

なんと、あこがれの女優「高城百合子」でした。

千代は「あっー!」「高城百合子」と驚きの声をあげます。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第11話の動画を見る

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お家のビールサーバー 3選比較  


リモートワーク続きやステイホームでお家の中がガチャガチャしてきたら・・

水産会社ならではの確かな品質! オホーツク海の海産物、北海道各地より新鮮な蟹や魚貝類を買い付け、中間業者を極力通さずに300種類以上の北海道の味覚を直接全国のお客様の元へお届け!  
スポンサーリンク





歴史を楽しむテーマ別ツアー