「おちょやん」第9話の無料動画と見逃し放送配信情報!『道頓堀、ええとこや~』千代「岡安」をクビになる

「おちょやん」第9話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 2189円(税込) 888円 1026円(税込) 800円〜 1017円(税込) 550円(税込) 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 14日間 14日間 37日間 14日間 31日間 37日間 37日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 550 500 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

 

「おちょやん」第9話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

 千代は天海さんのお迎えをするように言われます。

天海と歩いていると、風が吹き、天海の帽子を飛ばしたので、千代は取りに行きました。

千代が振り返ると、天海は倒れていました。

 千代は、様子を見に来てくれた故郷河内の小林のお父さんから、テルヲら家族が夜逃げをしたことを聞きます。

 
「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第9話の動画を見る

 

スポンサーリンク

「おちょやん」第9話の動画配信を見る方法

第9話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第9話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(9%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「おちょやん」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第9話の動画を見る

前回のお話はこちら

「おちょやん」第9話の見どころ・感想

 天海天海の劇場葬

 大正5年暮れ、一平の父、初代、天海天海は、33歳の若さでこの世を去りました。

「岡安」の主、宗助と女将のシズが天海の葬儀から帰って来ます。

宗助が「ぼん。気落ちしているんのちゃうやろか?」と言います。

 一平は「鶴亀座」の客席から、「岡安」の母、ハナと、葬儀の様子を見ていました。

一平「さんざん俺のこと振り回しとって、あっけのうこのザマや」

ハナは「一番無念なんはお父ちゃんだす」「あんたのことも、芝居のことも」「これからやったさかいになぁ」と言います。

 葬儀の喪主は、道頓堀の主「鶴亀株式会社」創始者であり社長である大山鶴蔵でした。

大山の意向で劇場葬が執り行われていました。

弔問客が舞台上の祭壇を次々に弔問していると、突然、鉦の音がして、花道から団体が入ってきます。

ハナが「あれがあんたのお父ちゃんが超えようとした男、須賀廼家万太郎さんどす」と言います。

 万太郎は、棺の前で、帽子を取ると、頭の上には卵が載っていました。

それを手でつぶすと、花吹雪が舞いました。そして、一座は「はっ。はっ。はっ」と笑い始めます。

舞台上の参列者は驚きの表情で見つめています。

一座は祭壇に向かって、一礼をしました。

 喪主の大山は「なによりのたむけやなぁ」と言います。

万太郎は「社長はんこそ、こない盛大な劇場葬、催してくれはったら、さぞかし、故人も喜んでますやろ」

「ついでに、鶴亀の名もまた一躍、世に広まる」

「ほんに人の世は笑えん喜劇と、笑える悲劇のよじれ合いや」と言います。

大山は「よじれんのは、腹だけにしたいもんやなぁ」と言いました。

 万太郎は、天海一座の須賀廼家千之助に向かっていいます。

「おまはんも運の無い男やなあ」「いつでも、うっとこに戻って来ても、よろしゅうおまっせ」

須賀廼家千之助は、もともと万太郎一座にいましたが、そののち天海と組み、天海一座を支えた役者のひとりでした。

千代 届け物を言いつかる

  千代は女将のシズから、届け物をするように用を言いつかりました。

しかし、小林のお父さんから実家のことを聞かされたせいか、「へぃ」と小さな声でうつろな返事をします。

シズに「何してますのや」「早よう行きなはれ」と言われ、店を出て行きます。

千代は歩きながら、小林の言葉が頭に響きます。

(回想)

小林「借金、膨れ上がったとかで、ヤクザもんみたいなんが、毎日取り立てに来よってな」

「なんとか、どこにおるかだけでも、わからえんかー思うて来たんやけど」

(回想おわり)

 千代は「何やね。それ」「うち、なんのために?」とひとり言を言います。

(父テルヲの映像)

一平 「みんなあいつのせいや!」

 川端に来ると、橋の上で、一平が大きな石を持ち上げようとしていました。

千代が「死ぬんけ?」と聞くと、一平は「あほ。なんで俺が死ななあかんの」と答えます。

千代「お父ちゃんの後、追うのとちゃうんけ?」

一平「あんな奴の後、死んでも、追うたない」「あっ。死んだら、追うことになってまうな」

一平は父、天海が「道頓堀は舟でお客さん運んできてくれるありがたい川や。絶対に石なんか投げこんだりしたらあかん」と言っていたと言います。

「せやさかいなぁ。この石、投げこんだるねん」「おやじ、もうなんも言われえん」「ざまぁみいや」

千代は一平に「お前もちょっと手伝え」と言われ、二人で石を持ち上げて、川に投げ込みます。

一平「やったやったやったぁー。どや親父。悔しいやろ」

「おやじが大っ嫌いで飲めへんかった牛乳も、しこたま飲んだった」

千代は「あんたのお父ちゃん。今はあんたのこと気もんどったで」と言います。

一平「うそ」

千代「うそやあれへん」「あんたに謝っとった」

一平「そんなこと。信じない」

千代「うち。あんたが羨ましい」

一平は「どこがや!」と言って、

先日、天海が千代に、俺のために一平に苦労をかけたと言っていたことと同じことを「みんなあいつのせいや!」と言って、ぶちまけます。

「そやのに。何で悲しいねん」と泣きべそをかきます。

千代は「なんやねん」「ええやんか」「最後にお父ちゃんに気もんでもらえただけで」

「うち。あんたが羨ましい」と言って、涙をこぼします。

橋の上で、千代、一平が泣いています。

一平「跡をつぐなんて、俺には無理や」

 「岡安」では、須賀廼家天晴か、一平に天海天海の名を継がせたいというのが鶴亀の社長の意向やと話をしています。

須賀廼家千之助も寝転びながら、横で話を聞いていました。

「そむけば、この道頓堀で芝居を続けるのは無理や」

(鶴亀株式会社の熊田が、天海一座の面々に社長の文書を伝える場面)

須賀廼家天晴は、「正直。あのぼんぼんには無理です」と言います。

熊田「社長の鶴の一声は絶対です」

(回想おわり)

 天晴は一平に「頼む。一平。わしらと一緒に芝居、続けてくれへんか」と頼みます。

一平は「そないなこと言われても」「跡をつぐなんて、俺には無理や」と答えます。

横で寝ていた千之助が立ち上がりました。

天晴が「どこいくんですか?」と聞くと、千之助は「稽古や」と言います。

天晴「あの芝居まだ続ける気ですか?」 千之助「あたり前や」

一平「おやじの役、どないすんのん?」

千之助「わしがやるんや」 天晴「千さんの役は?」

千之助「それもわしや」  一平「無茶苦茶や」

千之助は一平のところにやってくる。

千之助「そうかぁ」「でもなぁ。お前のお父ちゃん、もっと無茶苦茶やったわい」

「そやさかい。見せつけたんねん」

千之助は天井を見上げて、言います。

「おえぃ」「あんたがおらんようになっても、やれるんやでぇ」「てょ」

千代 「岡安」をクビになる

「岡安」では、千代はシズにクビと言われていました。

千代は、シズに言われた届け物を届けるのが遅くなって、相手を怒らしてしまいました

届け物は、届け主が、長いこと贔屓にしてきた役者に送ろうと思って、あちこち探し回った珍しいキセルでした。

しかし、間に合わず、その役者は、廃業して、今日、遠い田舎へ帰ってしまい、もうどこにいるかも分からないとのことでした。

届け主はその役者との別れに悔いを残してしまったとのことでした。

シズは千代に「さっさと荷物まとめて、わての前から消えなはれ」と言います。

千代は黙って聞いていました。

 翌朝、千代は台所でお湯を沸かしていました。 女中頭のかめがやってきます。

千代はかめに挨拶をします。

そして、「ほな、うち行きます」と出て行こうとすると、かめは「まだ口入屋、来てへんのに」と言うと、千代は「自分の家くらいひとりで帰れます」「そな言うといてください」「ごめんやす」と言って店を出て行きます。

 口入屋がやってきて、シズが「悪いけど、追いかけて、家まで送り届けてくれるか」と言います。

口入屋は「それがなぁ。ごりょんさん。聞いた話なんやけど・・・」

 千代は道頓堀の町中を歩いています。雷雨がやってきます。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第9話の動画を見る

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お家のビールサーバー 3選比較  


リモートワーク続きやステイホームでお家の中がガチャガチャしてきたら・・

水産会社ならではの確かな品質! オホーツク海の海産物、北海道各地より新鮮な蟹や魚貝類を買い付け、中間業者を極力通さずに300種類以上の北海道の味覚を直接全国のお客様の元へお届け!  
スポンサーリンク





歴史を楽しむテーマ別ツアー