「おちょやん」第16話の無料動画と見逃し放送配信情報!『どこにも行きとうない』「うちは、ごりょんさんや、『岡安』の皆さんに恩返ししたいんだす」

「おちょやん」第16話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 1990円 888円 1026円 800円〜 1017円 500円 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 16日間 16日間 16日間 16日間 16日間 16日間 16日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 550 なし 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

 

「おちょやん」第16話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

 誰かか「岡安」のとびらを叩いています。

千代が出ると、なんと父のテルヲでした。

 テルヲは最初、扉を開けたのが千代だと気づきませんでした。

千代は無言で、テルヲの顔を見つめます。

 8年ぶりの親子の再会です。

テルヲは「うれしいて、言葉も出いやんけ」と言います。

千代はテルヲにつかみかかり、このあほんだら。借金こしらえて、夜逃げなんかしくさって。今までどこでどねぇしとったんや。なんで借金したんや。もう返したん? 今どこにおんねん。ヨシヲはどねぇしてんのん。学校行けた? ・・・。
と攻め立てます。

 お茶子3人が千代を引き離します。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第16話の動画を見る

 

スポンサーリンク

「おちょやん」第16話の動画配信を見る方法

第16話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第16話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(16%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「おちょやん」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第16話の動画を見る

前回のお話はこちら

「おちょやん」第16話の見どころ・感想

うちは、ごりょんさんや、『岡安』の皆さんに恩返ししたいんだす

「岡安」の座敷に、テルヲは、千代、ごりょんさんと座っています。

千代が「いきなり何しに来たん?」と聞くと、

テルヲは「迎えにきたんや」と言います。

栗子はこどもを連れて出て行ってしまい、今はヨシヲとふたりでいて、ヨシヲも働き始めたと言います。

千代の働き口も段取りしたので、昔のように3人で暮らそうと言いました。

 そして、テルヲは「ごりょんさん。どないですやろ?」と聞きます。

シズは、千代は年季明けなので、千代がそうしたいのなら、わてがどうこういうことやありまへんと答えます。

 千代は「うちいねへんよ」と言います。 そして、

「うちは、ごりょんさんや、『岡安』の皆さんに恩返ししたいんだす」

「今のうちがあるのは皆さんのおかげだすさかい」と言いました。

 テルヲは昔のことまだ恨んどるんけと聞くと、

千代は、「恨んどる」「一生、許したらへん」と答えます。

テルヲは「決まりや。千代」「なら、4~5日したら、迎えにくるさけぇ。用意しとくんやど」と言います。

天海天海一座がやってきた

 テルヲは道に出て、店を振り返って、文句を言っていると、誰かとぶつかります。

「死ぬまで笑かしたろか。こら」と言われます。

天海天海一座の須賀廼家千之助でした。

 天海一座は巡業を終えて、2年ぶりに道頓堀に戻ってきたのでした。

座員が「千さん。喧嘩ふっかけんとや」というと、

千之助は「ただ笑かす言うただけやないの」と言います。

 大八車の後ろから出て来た青年が「不気味やねん」「顔が」と言います。

「喜劇役者が、怖がらしてどないしますのん」と。

 青年になった天海一平でした。

 鶴亀座では、須賀廼家万太郎一座が公演をしていました。

須賀廼家万太郎一座の舞台風景。

天海一座 「岡安」に

 天海天海一座が「岡安」に来ます。

皆が総出で迎えます。

 夕食どき、千代は天海一座のお世話をしています。

千代は、お酌をしながら、須賀廼家天晴と須賀廼家徳利と楽しそうな会話をしています。

 千之助は一人で、不機嫌そうに酒を飲んでいました。

節子が「千之助はん、なんかあったんですか?」と漆原要二郎に聞きます。

要二郎「先前な。鶴亀の熊田はんに言われたんや」と話をします。

(鶴亀の熊田が天海天海一座に告知をする場面の回想)

鶴亀株式会社の社長大山の伝言で、

「鶴亀座では、須賀廼家万太郎一座には連日満員札止めをいただいています。

えびす座での天海天海一座の奮闘を期待します。

ただし、客入りの具合によっては、中日で千秋楽とすることも、ありうる」と。

(回想おわり)

 ひとりで酒を飲みながら、千之助は「芝居はわしの方が上じゃ」とつぶやきました。

「あかん」と言って、要二郎、天晴、徳利はお膳をもって、千之助から離れます。

 千之助が「おい。おちょやん」「お前に喜劇の何が、分かるっちゅうねん」と千代にからんできました。

宴会の席で、千之助が暴れ出します。

 一平はこっそりと場を抜け出します。

一平は廊下で、お家のハナに言われます。

ハナ「だいぶ荒れてはりますなぁ」

一平「どこいっても、万太郎の方がおもしろいて」

「ほんで、千さん、ずっとあの調子や」

ハナ「そりゃ。しょうないわ」

「今の万太郎一座と肩を並べるのは、そうたやすいこちゃあれへん」

「ぼんやん。ええ加減、性根入れ替えんと、一生二代目、天海天海なんか、なられしまへんで!」

とハナは一平に活をいれます。

一平「それまで悔いの残らんよう、やりたいことやっとかな」

 一平は二階の物干し場から、こそっと下に降ります。

 階下で千代が待ち伏せていました。

千代「また芸子遊び?」

「ごりょんさんから、あんたのこと見はっとき、言われてるさかい」

一平は芸子が待ってんのやというと、

千代は「明日から興行やん」「せいぜい気張って、天海天海の名、継がなあかんとちゃうの?」

「万太郎一座に勝ちたいのやろ?」と言います。

一平は「あほらしい」「勝てるはずあれへんやん」と答えます。

そして「聞いたで。お前のお父ちゃん。迎えにきたらしいな」

千代は「悔しいわ」「さんざん恨んで、やっと忘れて、ここで生きていくって決めたとたんやのに」

「また一緒に暮らそ言われたら、嬉しかった」と答えます。 そして

「うちもあほや」「この8年はなんやったんや」「こないに悔しいことあらへん」

「お暇もろたら、里帰りしたろか。思うてんねん」「弟にも会いたいし」と言います。

一平は「ええやん」「俺のお父ちゃんが迎えに来るのは、あの世に行くときさかいやな」

「それまで悔いの残らんよう、やりたいことやっとかな」と言って、行ってしまいます。

 千代は亡き母の遺影を見ながら、子供の頃の弟、ヨシヲを思い浮かべます。

一平 テルヲの企みを聞いてしまう

 その頃、飲み屋で、父、テルヲは借金とりに脅されていました。

テルヲは千代を身売りさせるつもりでした。奥の手があんねんと。

後ろの席で、一平がその会話を聞いていました。

かめの早合点

「岡安」の調理場では、千代とお茶子たちが話をしています。

富士子「今までよう頑張った」

節子「なんで辞めんの?」「あんたがいてへんようになったら、えらい寂しいやんか」

節子は泣きべそをかきます。

千代が言います。「ちょっこと待ってくれやす」「辞めるて、誰がだす?」

節子「そら、あんたに決まって・・・えっ?」

女中頭のかめが「あれ?」と言って振り返りました。

「皆さんが、うちのことどんだけ・・大好きなんか」

「えびす座」の客席で「岡安」のお茶子たちが話をしています。

富士子「おかめさんの早合点、えらい広まってるな」

節子「うちの涙も返してほしいわ」

千代「けど、おかげさんでようわかりました」

「皆さんが、うちのことどんだけ・・大好きなんか」

富士子「てんご言うただけや」

節子「せや。冗談や、冗談や」

『福富』のお茶子たちがからかってきました。

「おちょやん」「故郷帰るんやてな」

「この先、あんたのほげた聞かんかてすむ思たら、せいせいするわ」

千代「それ。ただの噂だす」

 「えびす座」から千代が出てくると、町角で、父、テルヲが千代を呼び止めました。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第16話の動画を見る

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  水産会社ならではの確かな品質! オホーツク海の海産物はもちろんの事、北海道各地より新鮮な蟹や魚貝類を買い付け、中間業者を極力通さずに300種類以上の北海道の味覚を直接全国のお客様の元へお届け!
スポンサーリンク

歴史を楽しむテーマ別ツアー

スポンサーリンク
スポンサーリンク