「おちょやん」第19話の無料動画と見逃し放送配信情報!『どこにも行きとうない』千代の “臨時” 初舞台

「おちょやん」第19話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 2189円(税込) 888円 1026円(税込) 800円〜 1017円(税込) 550円(税込) 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 14日間 14日間 37日間 14日間 31日間 37日間 37日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 550 500 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

 

「おちょやん」第19話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

 千代は座敷で『岡安』のシズ、宗助、ハナ、みつえに挨拶をしています。

千代「長いこと。お世話になりました」

シズは「それでよろしいのやな?」と聞きます。

千代「へぇ」

シズ「あんたを贔屓にしてくれてはるお客さんへの義理もあります」

「あと7日。天海一座が千秋楽迎えるまでは、うちで働いてもらいます」

千代「へぇ!」

千代は明るく、元気に答えました。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第19話の動画を見る

 

スポンサーリンク

「おちょやん」第19話の動画配信を見る方法

第19話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第19話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(19%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「おちょやん」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第19話の動画を見る

前回のお話はこちら

「おちょやん」第19話の見どころ・感想

 

千代 みつえに問う「ほな。どないしたらええ?」

 千代はみつえの踊りの稽古の付き添いをしています。

みつえは千代が次に奉公予定の料理屋の悪い噂を、千代に話します。

みつえ「分かってんのか?」

千代「分かってる」

みつえ「分かってへんわ」

 千代は聞き返します。

「ほな。どないしたらええ?」

「どないしたらええの?」「みつえちゃん?」と。

みつえは答えることができずに一人で行ってしまいます。

お茶子たち 「千代が不憫で」

 『岡安』では、お茶子たち全員、富士子、節子、玉、里子、女中頭のかめが揃って、

「うちらで出せる精一杯のお金だす」と、女将のシズにお金を出していました。

富士子「足りへん分は『岡安』から千代に貸したってもらえまへんやろか」

節子「このままやったら、千代がどないも不憫で」

「お願いだす。ごりょんさん」

シズ「お断りや」

「こないなことしても、千代のためにはならしまへん」

天海一座 公演打ち切り 須賀廼家千之助 一座を去る

 旦那の宗助が、『岡安』に駆け込んできます。

「シズ!」「鶴蔵社長の鶴の一声や」

天海一座は不入りが続き、公演半ばで打ち切り、千秋楽となってしまったのでした。

 そして、『えびす座』の楽屋では、千之助が置手紙を残して、一座を出ていってしまいます。

(手紙の内容)

「一匹の平目は煮ても焼いても食えん。もはやこれまで。さらば。千之助」

 一平「どないもこないも千さんは主役や」「いてはらへんかったら、芝居になりませんわ」

須賀廼家徳利は、今日の千秋楽も幕を開けんとしまい・・・と言いますが、

須賀廼家天晴は、「あかん」「なんとしても、幕あけるんや」と言います。

天晴「なあ、ボン」「ボンも気、付いとるやろ。この一匹の平目いうのは、ボンのことやて」

一平「俺が使いもんにならんアホやさかい、千之助のアニキはこの天海一平を見限って、出て行ったっちゅうこっちゃ」

天晴が言います。

「千さんの役は、ボンがやり」

「須賀廼家千之助がおらんかて、やれることを意地でも客に見せなあかん」

「そうせな。この一座、ほんまに終わってまうで」

『岡安』の応援

『岡安』でもバタバタしています。

千代「千之助さんが、行方しらず?」といいます。

シズはおにぎりをもって、『えびす座』の楽屋にもっていくよう指示を出します。

お茶子の節子がいいます。

節子「今日、楽日なんやろ?」

そうです。

天海一座の楽日ということは、千代が『岡安』で働くのは今日が最後ということでした。

千代は「かなんなぁー」「急すぎるわ」

「けど。しまいまで、キチンとやらしてもらいます」と言いました。

シズ「なんしか今日が無事終わるよう、みんな気張っとくなはれや」

千代、お茶子一同、かめは「へぇ!」と答えます。

天海一座 「あかん。こら無理や」

 千代は楽屋でおにぎりを配っています。

一平は、台本をみて、千之助のセリフを覚えています。

天晴が、「そろそろ。し~た~く~じゃ~」と言います。

女形の漆原要二郎が「うっ・」と言って、突然、かがみます。

要次郎「腰・・。やってもた」

皆は「え~っ」と声をあげます。

 客席の後ろでは、ハナ、宗助、みつえが客の入りを見ていました。

宗助「千秋楽やいうのに」

ハナ「しゃあない」「千之助さんが消えたっちゅう噂は、とうに広まってるさかいなぁ」

 楽屋では、横になっている要次郎の顔の汗を千代が拭いています。

徳利が「あかん。こら無理や」と言います。

徳利「ちょっと。どないします!」「女形の代わりなんていてへんし」

天晴「やかましな!」「今、考えてんねやろ!」

 鶴亀の熊田が楽屋にやってきます。

熊田「何をしてんのや!」「もうこれ以上は引き延ばしはできへんで!」

千代が芝居に出る!

 突然、一平が言います。

一平「おるやないか」「ほんまもんの女中が」と言って、千代の顔を見ます。

一平「お前。出!」

 一平は台本を持って、千代のところにやって来ます。

一平「こことここ」

「二か所だけ、セリフ間違えへんかったら、あとは返事だけしといたら、それでええねん」と言います。

千代は「急に言われても」と言いますが、一平は千代の手を引いて、楽屋から出て行きます。

続いて、一座の面々も楽屋から出て行きます。

千代の芝居

芝居が始まりました。

(えひす座 舞台)

 今回の舞台は、女中さんと浮気してる薬問屋の旦那さんが、奥さんが留守している間に、その女中さんと別れようと、すったもんだするという話でした。

一平「お~い。おみの」「お茶。持ってきてんか?」

千代「へぇ」と言って、千代が舞台に出てきます。

緊張で、手が震えて、お盆の上で、湯飲みじゃわんがガタガタしています。

 客席の後ろにいた、『岡安』の宗助、みつえ、ハナはびっくりします。

宗助「千代!」

みつえ「いや~。何で?」

 千代の震えを見て、一平がアドリブをいいました。

一平「なんや今日は、身震いするほど寒いなあ」

千代は震えて、ついに湯飲みじゃわんを倒してしまいます。

一平「熱っ!」「熱いがな!」

千代は思わず、言葉が出てしまいます。

千代「熱いんか、寒いんか、どっちだす?」

お客はこのセリフを聞いて、大笑いしています。

 一平はその反応に客席を見ます。

千代もびっくりして、客席の反応を見ています。

 後ろではハナが言いました。

ハナ「おもしろいがな」

みつえ「ちょっとも、面白いことなんかあれへん」と言いました。

『岡安』のシズが『福富』の店の前にいました。

 女将の菊が店からでてきます。

菊「遅うおましたなぁ」

シズ「すんまへん」

 『えびす座』の舞台はいよいよ終盤となり、千代の最後の出番となりました。

千代はセリフが飛んでしまいました。

千代の役、おみのが退場しないと舞台が先に進みません。

 主人と番頭役の一平と徳利は、女中のおみの役の千代を無理やり店から連れだす芝居をします。

千代はその手を振りほどいて、とっさの気持ちを言ってしまいます。

千代「いやや。うちはどこにも行きとうない。ずっとここにいてたい。『岡安』にいてたいんや」

「もう、一人になんのはいやや。うちはどこにも行きとうない。ここにいてたいんや」

半べそをかきながら、言います。

 客席はしい~んとして、千代の言葉を聞いています。

ハナ、宗助、みつえも聞いています。

 千代は、舞台上で、涙をぬぐうと、

千代「やっぱり、気ぃ、変わったんで出て行きます」と言って、

草履を手でもって、舞台の上手にかけていきます。

 客席は大うけで、お客たちはみんな拍手をして笑っています。

 千代は、舞台そでで、天晴に謝ります。

千代「すんません。うち、もう訳、わかれへんようなってしもて」

天晴は、「だんない。だんない」

「人生、雨のち晴れや」といいます。

 芝居が終わり、舞台上では、座員一同が座って、お客に挨拶をします。

天晴が、急遽、千秋楽となってしまったことをお客に詫びる挨拶をしました。

そして、「一座を代表して、天海一平よりひとことご挨拶申し上げます」と言いました。

一平は急にふられて、天晴の顔を見ます。

天晴は、はよ、言えと顔でシグナルを送ります。

千代も心配そうに一平の顔を見ます。

 暫くの間の後、

一平「また。必ずここに戻ってまいります」「必ず・・・」と言って、お客に頭を下げます。

続いて、座員一同、千代も頭を下げます。

 客席のお客、そして、宗助、みつえ、ハナも拍手を送ります。

鶴亀の熊田も舞台そでから、涙目で拍手を送っていました。

 千代はうれしそうに客席を見ます。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第19話の動画を見る

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
水産会社ならではの確かな品質! オホーツク海の海産物、北海道各地より新鮮な蟹や魚貝類を買い付け、中間業者を極力通さずに300種類以上の北海道の味覚を直接全国のお客様の元へお届け!
スポンサーリンク

歴史を楽しむテーマ別ツアー

スポンサーリンク
スポンサーリンク