「おちょやん」第27話の無料動画と見逃し放送配信情報!『楽しい冒険つづけよう!』「正チャン。あんたやって!」

「おちょやん」第27話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 1990円 888円 1026円 800円〜 1017円 500円 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 27日間 27日間 27日間 27日間 27日間 27日間 27日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 550 なし 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

 

「おちょやん」第27話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

 千代「このままお芝居する場所のうなったら、千鳥さんのやりたい芝居もできへんようになってしまうのと違いますか?」

千鳥「そこまで言うんなら」

  「どれだけ客が呼べるか お手並み拝見さしてもらうわ」

『正チャンの冒険』の舞台稽古が始まりました。

 正チャン役の清子を始めとして、皆が舞台稽古をしています。

ネズミ1がセリフを忘れ、言葉に詰まります。

千代がセリフをささやきます。

またセリフに詰まります。

千代がセリフをささやきます。

千代が「そうだす」というと、ネズミ1が「そうだす」と言いました。

千代「今のは違います」。ネズミ1「今のは違います」

 舞台上の皆が笑い出します。

団員のひとりがいいます。

「けど千代 セリフようおぼえてたなぁ」

千代は「この本、前から読んでたさかい面白うて、何遍もよんでいるうちに、覚えてしもて」と言います。

 皆が楽しそうに稽古をしているのを、千鳥は舞台袖から見ていました。

千代もそれに気が付きます。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第27話の動画を見る

 

スポンサーリンク

「おちょやん」第27話の動画配信を見る方法

第27話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第27話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(27%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「おちょやん」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第27話の動画を見る

前回のお話はこちら

「おちょやん」第27話の見どころ・感想

これは趣味よ

 千鳥が庭で長刀の稽古をしています。

千代が買い物から帰って来ます。

 千代は「次は忍者かなんかの役、やりはんのだすか?」と聞きます。

千鳥は「これは趣味よ」

「やらないと気がひきしまらないの」と答えます。

そして手裏剣を的に投げまとた。

見事、的に命中します。

 千代が「あ~。すごい」と声をあげます。

初めて勝ち取った役

 千鳥が夕食を食べています。

千鳥は千代に「あなた稽古あるんでしょ?」

「千秋楽まで来なくていい」といいますが、

千代は「千鳥さんに言われたこと全部やって、その空いた時間にお芝居のお稽古するいう約束だすから」と答えます。

千鳥「できるの? それで?」

千代「大事おまへん」「セリフ 一言しかあれしまへんし」

 千鳥は箸を机に叩きつけました。そして、言いました。

「他の人からどう思われようと、あなただけは、あなたの役を愛しなさい」

「初めて、勝ち取った役なんでしょう?」

「一生忘れられない大切な役なんじゃないの?」と、そして続けて、

千鳥「どうせ今回は、清子がお情けで、役をくれただけでしょうし」

「最初からあなたなんか、役者になれるなんて、誰も思ってないから」と言いました。

 千代は、「やっぱりお稽古に戻っても、よろしゅうおますか?」と聞きました。

千鳥は、お酒を千代に持ってこさせます。

山村千鳥の初めての役

 千鳥が縁側で、月を眺めながら、酒を飲んでいます。

千代は千鳥に、千鳥の初めての役について聞きます。

千鳥「えっ。あれっ。えーっと」とすぐに出てきませんでした。

そして、「私くらい、いろんな役やるとね。忘れることだってあんのよ」とて言いました。

 千代はさらに質問しました。

なんで役者になろうと思ったのか?

千代は「自分の内側から『そうせえ』て声が聞こえたんだすか?」と言います。

千鳥は「なにそれ」と聞きます。

千代は高城百合子という女優が言っていたと話します。

(高城百合子の回想)

千鳥「彼女なら言いそうね」

千代「うち 高城さんみたいな役者さんになりたいんだす」

千鳥「やっぱり。あなたとは気が合わないわ」

千代「えっ・・」

千鳥「私 大嫌いだから」

山村千鳥の過去

 千鳥は、昔、母親から長刀や鎖鎌、踊りや歌などを、いろいろな芸事や武術を将来、役にたつからと子供のころからやらされたことを話します。

 千代か「千鳥さん、ええとこのいとさんだったんだすなぁ」と云います。

続けて、千鳥は、父は偉い政治家で、母はその妾だったと話しました。

 夫も姑も具合の悪い祖父の面倒を見る人が欲しかっただけだと。

すべてを押し付けられて、自分の母が亡くなるときも見とれなかったと。

そして嫁いだ家に別の女が出入りするようになって、あっと言う間にその女のお腹が大きくなって、自分の方が邪魔ものになり、その家を飛び出したこと。

 千鳥が役者になった理由は、ただひとつ。

全く別の自分に生まれ変わって、自分を見下した世の中を見返してやるため。

高城百合子のまぶしさが羨ましいと。高城百合子が太陽ならば、山村千鳥は夜の暗闇ね と言いました。

 千代が涙ぐんでいると、千鳥は「あなたに同情されるほど落ちぶれてないわよ。私は」と言います。

千代は、「うちも昔、おんなじような目におうて、そのことを思い出してしもて」と言います。

お母ちゃんとちょこっとでも長う一緒にいたい

 カフェー『キネマ』に千代が戻ってきます。

洋子の息子、進太朗が『正チャンの冒険』を見るまでは、広島に帰らないとダダをこねていました。

千代が洋子に言います。

千代「進太朗くん。ほんまは『正チャンの冒険』はただの口実なんとちがいますか?」

そして、千代は進太朗に声をかけます。

「ちょこっとでも長う一緒にいてたいだけなんやろ?お母ちゃんと」「うちも小さい頃は、いつも思うてた。母ちゃんと一緒にいてたいて」「そうなんやろ?」と。

 進太朗は泣きべそをかきはじめます。

洋子が、そやったら、そう言うたらええやないのと言うと、

進太朗は、お母ちゃんといてたい言うたら、お父ちゃんに悪い、お母ちゃんかて困るやんかと答えます。

洋子は千代に『正チャンの冒険』の本番が3日後なのを確認すると、お父ちゃんに話してみるわと言いました。

そして、千代に二人分の予約を頼みます。

『正チャンの冒険』の人気

 新京極の三楽劇場前では、千代他、山村千鳥一座が『正チャンの冒険』の宣伝をしています。

人びとを楽しそうに見ています。

『正チャンの冒険』は前評判も上々。今までにないくらいの予約が入りました。

 千代は、千鳥の家で、日課の新聞の誤字脱字探しをしています。

千鳥がやってきて、千代が「今日も誤字脱字ありまへんだした」と言うと、

千代が「はい。だいぶ早う読めるようになりましたやろ」と言うと、

千鳥は、いいかげんにやっているんじゃないでしょうねと聞きます。

千代が、おかげさんで、難しい言葉もぎょうさん覚えられたし、世の中には、まだまだ、うちの知らんおもしろい事があるなぁて勉強になります。ありがとうございますというと。

千鳥は、別に勉強させるためではなく、いやがらせよと言いました。

千代が清子の代役!?

 座員のシゲが「座長 えらい事です」と駆け込んできます。

千鳥、千代は、三楽劇場に行きます。

清子が稽古中に足をくじいてしまったのでした。

千鳥が「どれ?」と足を持とうとすると、清子が「痛っ!」と声をあげます。

 千鳥は舞台に上がり、してやったりという顔で、

「ハッハッハッハッハッ」「やっばりこうなる運命だったのよ」

「さあ、演目を『松風村風』に変えなさい」「あれなら今からでもできる」と言いました。

 千代が「待っとくなはれ」「『正チャンの冒険』見たいて、前売り買うてくれはったお客さん どないしますのや」と言います。

清子が「シゲ。私のかわりでけへん?」と聞きました。

シゲが、無理です。明日、本番なので、今からセリフ覚えられしまへんと答えます。

 セリフと聞いて、清子は千代の顔を見ます。

清子「千代。私のセリフ覚えてる?」

千代が「はい。一応。けどただ覚えてるだけやさかい」と言いました。

清子は「正チャン。あんたやって!」と言います。

千代「えっー!?」と言います。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第27話の動画を見る

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  水産会社ならではの確かな品質! オホーツク海の海産物はもちろんの事、北海道各地より新鮮な蟹や魚貝類を買い付け、中間業者を極力通さずに300種類以上の北海道の味覚を直接全国のお客様の元へお届け!
スポンサーリンク

歴史を楽しむテーマ別ツアー

スポンサーリンク
スポンサーリンク