「おちょやん」第26話の無料動画と見逃し放送配信情報!『楽しい冒険つづけよう!』「このお姉ちゃん。お芝居めったヘタやねん」

「おちょやん」第26話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 2189円(税込) 888円 1026円(税込) 800円〜 1017円(税込) 550円(税込) 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 14日間 14日間 37日間 14日間 31日間 37日間 37日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 550 500 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

 

「おちょやん」第26話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

 新京極・三楽劇場での山村千鳥一座公演の舞台風景

千鳥一座は、月替わりに『清盛と仏御前』のような演目を上演していました。

またこれは、千鳥のおはこでもありました。

 千代は舞台袖で、水を用意して、千鳥が下がって来るのを待っていました。

千代が「お疲れさんだす」というと、千鳥は「疲れてない」と言いました。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第26話の動画を見る

 

スポンサーリンク

「おちょやん」第26話の動画配信を見る方法

第26話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第26話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(26%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「おちょやん」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第26話の動画を見る

前回のお話はこちら

「おちょやん」第26話の見どころ・感想

千鳥のダメ出し

 舞台終了後、千鳥は座員全員を集めて、ダメ出しをしています。

千鳥が、台本を投げると、千代が舞台に拾いに行きます。

今度は、千鳥は椅子、長刀を投げようとします。

千代は、「あきまへん」と、必死で止めました。

千代 千鳥に投げるものを渡す

 翌朝、千代は千鳥の家で、廊下の雑巾がけをしながら、芝居を見て、覚えたセリフを言っています。

千鳥が起きてきました。

千鳥は「あなたのそのヘタなせりふ、ずっと聞かされてたら、こっちまで芝居が下手になる」

「二度と声に出さないで!」と言います。

 舞台で稽古が始まります。

千鳥は、舞台にダメ出しをして、ものを投げます。

「千代!」と言って、投げるものを千代に要求します。

扇子や豆を投げます。

千代は、キューピー人形を千鳥に渡しました。

投げるときに、千鳥は手元をみて、

「何なのこれ!」と言います。

千代が「何だす。それ?」と聞くと、

千鳥が、「これ・・。私の大切な・。大切な・」と言いました。

代わりに千代は枕を渡します。

千代 四つ葉探しが上達

 千鳥の家で、千鳥は千代に言います。

千鳥「だいぶ。上達したわね」

「まさかこんなに見つけられるようになるなんて・・・・」と言います。

机の上のハンカチの上に、四つ葉の白詰草が、5つ置かれていました。

千代が「コツがありまして」というと、

千鳥は「こういうものは、めったにないからうれしいの」

「私の喜びを奪わないで!」と言って、部屋を出ていきます。

座元 山村千鳥一座の公演 あと半月や

 舞台では、『清盛と仏御前』が上演されています。

お客さんの数は日に日に減っていきました。

そして、とうとう、千鳥のもと、劇場の楽屋に三楽劇場の座元がやってきました。

 座元ぱ「さすがにもうあかんわ」「あと半月」「そういうこっちゃ」と言います。

座元が帰った後、清子が千鳥の元にやってきます。

清子は「どないするんですか?」と問うと、千鳥は、

「他を探すだけよ」と答えます。

清子がどこにいっても同じです。私たちみたいな女だけの劇団、快く引き受けてくれるところなんてありませんと言います。

千鳥は「あんたたちの芝居が下手だから」「自業自得よ」と言いました。

千鳥「あなたたちだけで勝手になさい」

 清子は『正チャンの冒険』をやってみませんかと言います。

(以前、清子が山村千鳥の家で、『正チャンの冒険』を説明したときの映像)

『正チャンの冒険』は当時の新聞に連載されていた4コマ漫画でした。

宝塚歌劇団でも舞台化され、子供達にえらい人気でした。

千鳥は、以前と同じく、あんなものは私のやりたい芝居じゃない。客に媚びを売るような芝居をするつもりはない!と言います。

千代も「うちからもお願いします」と言います。

団員全員が「お願いします」と千鳥に頭を下げます。

千代が「このままお芝居する場所のうなったら、千鳥さんのやりたい芝居もできへんようになってしまうのと違いますか?」といいました。

すると千鳥が「あなたたちだけで勝手になさい」

「そこまで言うんなら、どれだけ客が呼べるか お手並み拝見さしてもらうわ」と言いました。

千代と座員は「ありがとうございます」と全員が頭を下げました。

「このお姉ちゃん。お芝居めったヘタやねん」

 千代は『キネマ』で真理に、『正チャンの冒険』をやることになった話をしています。

そして、「うちも出ることになったんだす」と言いました。

「セリフもちゃんとありますねん」というと、女給たちが千代の元に集まってきました。

「ほいでどないな役なんよ?」と聞かれました。

千代がうちの役はこれ。といって台本をみせます。

ネズミ3の役でした。

セリフは「もう大丈夫でチュウ」でした。

真理が「せめてネズミ1か2なら、よかったがに」と言います。

千代が「ネズミ3は 文句あります?」と言います。

洋子がやってきて、「これ。正チャンが山賊にさらわれたお姫様 助けにいくいうお話やろ?」

「ネズミも正チャン助ける大事な役やないの」と言いました。

千代は「さすが洋子さん ようわかってはるわ・・・」「って、なんでそないに詳しいに?」と聞きます。

店長が「進太郎が起きてしもたやないか」と男の子をだっこして出てきました。

千代が「店長 お子さんいてはったんだすか?」とききました。

洋子の子供でした。

千代は「えっ!」と驚きます。

進太郎は別れた夫と一緒に広島で暮らしていますが、夫が出張なので、ちょっとの間、洋子が預かることになったとのことでした。

進太郎は、女給たちがみていた『正チャンの冒険』の本に気づきました。

女給のひとりが、千代が今度『正チャンの冒険』をお芝居するんやてと、進太郎に言います。

進太郎は「僕も見たい」言います。

「芝居はいつからすんの?」と聞かれ、千代が来週からと答えると、

洋子が、「ちょっとまにあわんな。そのころには広島かえってるは」と言います。

進太郎ががっかりした表情をすると、

店長が、「このお姉ちゃん。お芝居めったヘタやねん」

「せやから見ても、ちっともおもろないで」と言います。

千代が「はぁ?」というと、店長が千代のところにやってきて、

「進太郎 あきらめさせなあかんやん」と言いました。

千代も言います。

「せやねん。しょうもない。しょうもない」「もう見んほうがええわぁー」

洋子と進太朗は帰っていきました。

 寝床で、千代は真理に、「舞台に出ること知らせたい人 おらんがけ?」と聞かれます。

千代は、おるけど、今はまだやめとくわ。もっとちゃーんとお芝居して喜んでもらえるようになるまでなと答えました。

『正チャンの冒険』の稽古

 三楽劇場では、清子の音頭のもと、座員たちは『正チャンの冒険』の稽古をしています。

清子が、「ここでネズミ3出て来る」と言い、千代が舞台に出てきます。

千代は、「もう大丈夫でチュー」と大声でセリフを言いました。

『キネマ』の店長が「へたくそや」と言ったのは、当たっていました。

清子が「力み過ぎや」「もっと肩の力ぬいて」「深呼吸し」と言います。

千代は深呼吸をして、再度、セリフを言います。

弱々しく小さな声で「もう大丈夫でチュー」

清子「力抜き過ぎや・・・」

千代「はい。すんまへん」

清子「もっぺんやってみて」

千代「もう。大丈夫でチュー」

千代はセリフを言いながら笑ってしまいます。

座員たちも笑いました。

清子「なにやっとんねん」

「もっぺん」

千代は、「もう大丈夫で、チュチュチュー」と言います。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第26話の動画を見る

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お家のビールサーバー 3選比較  


リモートワーク続きやステイホームでお家の中がガチャガチャしてきたら・・

水産会社ならではの確かな品質! オホーツク海の海産物、北海道各地より新鮮な蟹や魚貝類を買い付け、中間業者を極力通さずに300種類以上の北海道の味覚を直接全国のお客様の元へお届け!  
スポンサーリンク





歴史を楽しむテーマ別ツアー