「おちょやん」第6話の無料動画と見逃し放送配信情報!『道頓堀、ええとこや~』「おとぎの国やんけ」

「おちょやん」第6話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 1990円 888円 1026円 800円〜 1017円 500円 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 14日間 14日間 6日間 14日間 6日間 6日間 6日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 550 なし 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

 

「おちょやん」第6話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

  今週から、大阪道頓堀編です。  

 今週も、はじめは、舞台上で、出演者3人のご挨拶です。

舞台上の赤毛氈の上には、竹井千代役の杉咲花さん、千代の夫となる天海一平役の成田凌さん、芝居茶屋「岡安」の女将、岡田シズ役の篠原涼子さん、そして司会進行は黒衣役の桂吉弥さん。

杉咲さんごご挨拶に始まり、第一週の振り返りです。

黒衣の桂吉弥さんのナレーションで紙芝居のような映像です。

舞台の左側には、千代の子供時代を演じる毎田暖乃ちゃん、弟役の荒田陽向くん

舞台の右側には、父親役の竹井テルヲ役のトータス松本さん、と継母、栗子役の宮沢エマさんが登場。

ナレーションに従い各人の立ち位置で、先週のポイントのセリフを話します。

千代が舞台の中央で「うちがあんたらを捨てたんや」と言うと、テルヲ、栗子、ヨシヲ、黒子たちが舞台上をグルグル回ります。

「岡安」の女将も入って回り始めました。

舞台中央の赤毛氈上の千代と天海の「こののちもなお、一層の精進をしてまいります」「よろしゅうお願い奉りまする」の挨拶でスタートです。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第6話の動画を見る

 

スポンサーリンク

「おちょやん」第6話の動画配信を見る方法

第6話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第6話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(6%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「おちょやん」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第6話の動画を見る

前回のお話はこちら

「おちょやん」第6話の見どころ・感想

道頓堀はおとぎの国?

 千代は道頓堀の道の真ん中に立っています。

賑やかな町の雰囲気の中で、千代は「おとぎの国やんけ」といいます。

 大正5年(1916年)でした。

千代は「夢とちゃうやんけ」と言って、自分の頬をつねります。

そして、「道頓堀 ええとこやぁー」と言って走り出しました。

 大阪道頓堀は、東京浅草と肩を並べる芝居の町で、多くの芝居小屋がひしめき、日本のプロードウェーと呼んでいいほどの娯楽の中心地でした。

芝居茶屋「岡安」

 奉公先の芝居茶屋「岡安」の店前にやってきます。

道の真ん中に立っていた千代は、左右の店から出て来る、座布団を両手で抱えた女中さん達に突き飛ばされてしまいます。

千代は「痛いやないか!」と文句を言うと、「そないなとこでボーッと突っ立ってる、あんさんが悪い」と言われます。

千代は「なんやと!」と言うと、反対側から出て来た女中さんからも突き飛ばされます。

そして、大声で「えい。やれ。待たんかいな」「何しくさんねん。このどあほう。すかたん」と文句を言います。

「あほう。すかたんはあんたどす」と店の中から声がして、女将が暖簾越しに顔を出しました。

 道頓堀には、「岡安」のような芝居に関する萬ごとを引き受ける芝居茶屋がたくさんありました。

そこで働く「お茶子」と呼ばれる女性たちは、座席の確保や、お酒やたばこ、幕間に食事の手配など、ひいきのお客さんに満足してもらう為に休む暇もない忙しい毎日を送っていました。

女将シズの面接

千代は「岡安」の女将、岡田シズの前に座って挨拶をします。

店前で汚い言葉で大声をあげたことを咎められます。

そして、「あんた。親孝行か?」「お父さん、お母さんのこと。どれぐらい大事に思うとる?」と聞かれます。

千代は「これは試されてるな」と思い、「お父ちゃんも、お母ちゃんも、大好きや」「うちも一生懸命働いて、はよ二人に恩返しせな」「待っててや。お父ちゃん。お母ちゃん」といいます。

シズは「そうか。そない親孝行やねやったら、うちでは使われしまへんな」と言われます。

「親思いの優しい子は、お母さんが風邪ひいたの。お父さんが怪我したやのと。すぐ帰ろうとすやるさかいからな。そないな子に盆暮れ正月もあれへん芝居茶屋の仕事は、務まれしまへん」と千代の勘繰りと逆でした。

 千代は栗子に言われた言葉を思い出します。

そして「うちはもう二度と、家に戻らへんさけぇ」と言うと、「二度と?」と聞き返されます。

千代は「そうや」と言うと、「ようそないな白々しいうそ」と言われます。

千代は、「あの家には・・」「うちがおらんほうがええんや」「そやさけぇ。ここにおいてやってください」

「一所懸命、働くさけぇ」と女将に頭を下げます。

女将シズの母、ハナと旦那さん

店の前で、旦那さんとシズの母のハナがそれを聞いていました。

ハナは「まぁ。えーやないか」「しばらく、様子見たり」と言います。

そして「さっき、おみくじ引いたら、大吉やったし」「待ち人来るって書いてあったしなぁ」

と言います。

 シズはあきれ顔をして聞いていました。

千代が「それ。きっとうちのことやわぁ」と言います。

ハナは「あんた。ほげたが達者やなぁー」と言いました。

『ほげたが達者』というのは、『口が達者』という意味でした。

シズは「しょうまへんな」「ほな。ひと月だけ置いてあげます」と言って、席を立ちます。

千代「ひと月も置いてもらえるやなんて、うれしぃなぁ」

 シズの旦那の宗助は「シズもおちょよん相手にこない厳しいせんかて、えーのになぁ」と言うと、

千代は「なんでうちの名前知りよるんけ?」と聞きます。

宗助「名前?」

千代「お千代やんって」

宗助「あー。そやないそやない」「小っちゃい女中見習いのこと、『おちょぼ』とか『おちょやん』言いますのや」

ハナは「あのごりょんさんはキツイデで」と言いますが、「そやけどな、このひと月の間にしっかり仕事覚えたら、ごりょんさんも気が変わるかもわからへん」「せいだいお気張り。おちょやん」と言います。

千代は「はい」と返事をしますが、「『はい』ではのうて、『へぇえ』」と叱られます。

女中頭のかめ

シズは女中頭のかめに千代のことを任せます。

千代は挨拶をしますが、かめに「なんもせんかてええ」「ひと月でいてへんようになる子に教えたとこで、時間の無駄や」と言われます。

千代はなんぞしないと、ごりょんさんの気、変わらへんと言います。

おかまについていた米粒をたべてもよいと言われ、千代が「おおきに、おかめさん」と言うと、かめは急に千代の髪をほどき、用をいいつけます。

朝の店前の掃除、お座敷の掃除、拭き掃除、机の水拭き、つづりの水替え、煙草盆の掃除、灰拭き洗うたら、火鉢の灰やわらげとき、花瓶の水替え、みんなの洗濯、小学校のいとさんとこへの弁当届け、帰りに郵便局へ投函、旦那さんのたばこ買い、ねずみとりにかかったねずみの始末。晩の仕事はまたあとで。と。

千代は、叱られながらも仕事をこなしていきます。

ふんどしを干すとき、家のことや、ヨシヲ、テルヲのことを思い出します。

栗子のことを思い出したとき、怒りにまかせて、洗濯物のふんどしを放り投げます。

投げたふんどしが店前にいたお得意様にあたり、女将のシズに「千代~」と怒鳴られます。

女中頭のかめにも「この疫病神。あんたのせいで、うちまでごりょんさんにどやされたやないか」と文句を言われます。

こうして、千代の道頓堀での生活が幕をあけました。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第6話の動画を見る

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  水産会社ならではの確かな品質! オホーツク海の海産物はもちろんの事、北海道各地より新鮮な蟹や魚貝類を買い付け、中間業者を極力通さずに300種類以上の北海道の味覚を直接全国のお客様の元へお届け!
スポンサーリンク

歴史を楽しむテーマ別ツアー

スポンサーリンク
スポンサーリンク