なつぞら44話の見逃し配信動画の無料視聴方法!ようこそ、開拓者の街へ!

なつぞら44話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

 

東京に訪れたなつ、雪次郎、雪乃助。

なつと雪次郎はこれからお世話になる川村屋のマダムこと光子や料理長・杉本平助に挨拶を済ませます。

北海道と同じように新宿は開拓者が集まる街。ようこそ開拓者の街へと手を広げた光子になつは目を輝かせるのでした。

光子が頼もしく思える回となっていますよ!

なつぞらなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

>>なつぞら44話の動画を見る

なつぞら44話の動画配信を見る方法

なつぞら44話の動画を配信しているVODサービスはこちらです

VOD動画配信サービス 配信状況
U-NEXT
hulu ×
FOD ×
paravi ×
amazo44 prime video ×
Netflix ×

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

当サイトからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

>>なつぞら44話の動画を見る

 

(参考)U-NEXTの申し込み手順の解説はこちら

(参考)NHKオンデマンドを視聴する具体的な手順はこちら

 

なつぞら44話の見どころ・感想

文化の中心街・新宿に降り立ったなつ

昭和31年。なつ(広瀬すず)は雪次郎(山田裕貴)、雪乃助(安田顕)とともに新宿に降り立ちました。

新宿は北海道とは違い、デパートや映画館、飲食店などが立ち並び、戦後の復興を遂げた街となっていました。

娯楽施設が多く立ち並ぶ新宿はまさに文化の中心地となっていたのです。

そこでなつと雪次郎は新宿にある川村屋でお世話になることが決まっていました。

 

なつかしの再会を果たす雪之助

川村屋で昔、修行していた雪之助は数年ぶりに会う野上(近藤芳正)とマダムこと光子(比嘉愛未)に我が子である雪次郎となつを、よろしくお願いいたします。と頭を下げました。

 

川村屋の皿洗いとして採用

6月の東洋動画の臨時採用試験までの間、川村屋の皿洗いとして雇われたなつ。

そんななつに光子はどんな絵を描いているのかと興味を示します。

なつは光子に自身の絵を見せました。

「うーん。なるほど、これは漫画ね」

なつの作品に感心する光子になつは、アニメーターの仕事とはどのようなものなのかと説明を始めます。

それを聞いていた雪次郎は

「それなら演劇部の経験を生かせるね!」と言いました。

また雪乃助も

「東京の演劇をたくさん見ておいた方がいいよ」と勧めます。

 

ようこそ、開拓者の街へ

なつの絵を見ている光子になつは

「マダムはどう思いますか?私にできるとおもいますか?」

と尋ねました。

すると光子は

「不安を誰かの言葉で解消するのはよくないわ。不安と戦わないと」

と言います。

光子は強い女性なのです。

光子の強い言葉に驚きながらも雪乃助は先代のマダムの意志をしっかりと受け継いでいると感心しました。

そして光子はなつに

「北海道と同じように新宿は開拓者が集まる街よ。」

「あなたのように、新しいことに挑戦したいと思う若い人がこれからどんどん集まってくると思うわ。この川村屋も、そんな新宿でありたいと思っている。ここからあなたも頑張りなさい。ようこそ、開拓者の街へ。」

と両手を広げました。

なつはきっとこの瞬間、不安よりも楽しみの方が大きくなったのではないでしょうか。

 

自家製バターをプレゼント

その後、光子はなつと雪次郎を連れ厨房で働く料理人や調理長・杉本平助(陰山泰)を紹介します。

思い出したかのようになつはお土産として持ってきた自家製のバターをぜひ川村屋の看板メニューであるインド風バターカリーに使ってくださいと光子に渡すのでした。

結局、お客さんに提供されるバターカリーに使用されることはありませんでしたが、特別に賄いとしてインド風バターカリーがなつと雪次郎、雪乃助に振舞われました。

 

川村屋の看板メニュー・インド風バターカリーの歴史

川村屋のインド風バターカリーは光子の祖母が昔、インドの独立運動に関わっていたインド人を助けたことから川村屋で作られるようになったのだと、雪乃助はなつと雪次郎に話し始めました。

祖母がつくったそのインド風バターカリーを食べた若き光子は感動し、川村屋のメニューに採用したのだと言います。

そんな歴史あるインド風バターカリーを食べたなつは

「だからあんなに強くて優しいんですね。そんなマダムに私の兄は借金をしていたのです。」

と実兄・咲太郎(岡田将生)が光子に借金をしていることを打ち明けます。

 

街も人もすっかりと変わってしまった東京

暗い借金話をそらそうと、なつは2人をクラブ「メランコリー」に誘いました。

このクラブ「メランコリー」とはなつが実兄・咲太郎と再会を果たした場所でもあります。

メランコリーでは人気歌手の煙カスミ(戸田恵子)が流行歌「ガード下の靴磨き」を歌っていました。

その歌を聴き、なつは戦後靴磨きをして生活を送っていたことを思い出します。

懐かしい気持ちもあったのかもしれません。

しかし、今の東京はあのころとは違います。

街はもちろん、人もすっかりと変わりました。

きっといろいろな困難がなつを待ち受けていることでしょう。なつよ、気をつけろ

 

広瀬すず主演のなつぞらは、本当に1話から面白いです!

朝ドラがそもそも100回記念ですし、評価も非常に高いですよ!

 

朝ドラなつぞら44話の動画を見るならU-NEXTで♪

>>なつぞら44話の動画をU-NEXTで楽しむ

 

コメント