なつぞら104話の見逃し配信動画の無料視聴方法!茜(渡辺麻友)がなんと結婚!その相手は…?そして、ついに坂場(中川大志)からのプロポーズが!

なつぞら104話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

 

亜矢美の過去のスキャンダルを興味津々に聞くなつ。

しかし、それは悲しいスキャンダルでした。

仕事に追われるなつたち。

そんな中で茜がある人と結婚します。その相手はなんと…!

そしてなつは、ついに坂場にプロポーズされるのでした。

なつぞらなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>なつぞら104話の動画を見る

なつぞら104話の動画配信を見る方法

なつぞら104話の動画を配信しているVODサービスはこちらです

VOD動画配信サービス 配信状況
U-NEXT
hulu ×
FOD ×
paravi ×
amazon prime video ×
Netflix ×

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでなつぞら104話の動画を見る

 

(参考)U-NEXTの申し込み手順の解説はこちら

(参考)NHKオンデマンドを視聴する具体的な手順はこちら

 

なつぞら104話の見どころ・感想

亜矢美の悲しいスキャンダル

亜矢美(山口智子)のスキャンダルに興味を持ったなつ(広瀬すず)は「良かったら教えてください。」と亜矢美に頼みました。

 

昔、毎日のようにムーランルージュに通い詰めていた伊崎という男性がいました。

その男性は早稲田の学生で当時、ムーランルージュはインテリの学生に人気があったそうです。

伊崎という男性は、集団の中で踊ってる25歳の亜矢美のファンでした。

「目立たない踊り子だったの。」と言う亜矢美。

なつは「想像がつきません。」と言います。

伊崎は地味で目立たない踊り子の亜矢美に恋をしただけではなく、将来の亜矢美の才能も信じていました。

伊崎は自分でムーランルージュの台本を書き、劇団に持ち込んだそうです。

それが見事採用され、伊崎はその後もいくつもの舞台の台本を書くこととなりました。

亜矢美のファンだった伊崎は自分の考えた舞台で目立たない亜矢美を1人で踊らせ、亜矢美を有名な踊り子に育て上げたのでした。

煙カスミ(戸田恵子)は「亜矢美ちゃんだって、あれじゃ恋に落ちるしかないわよね。」と言います。

「結婚の約束までしたんですよね。その人と。」と咲太郎(岡田将生)

しかし、伊崎は大学を卒業する前に学徒出陣で、そのまま帰らぬ人となってしまったのです。

「出征する直前、彼は客席で立ち上がって叫んだ。『岸川亜矢美、万歳!』って。」と悲しむ煙カスミ。

どれだけ、舞台作者の才能を持っていても戦争に行かなければいけませんでした。

 

亜矢美にとって咲太郎は生きる力

亜矢美は「私はあの人の才能に惚れたってわけじゃないからね。才能ばかり惜しまないでよ。」と言います。

「悲しいけど、素敵な話です。」となつは亜矢美に言いました。

藤田親分は「戦後の亜矢美を見てられなかった痛々しくて…。」と涙を流します。

舞台のスターであった亜矢美は戦後、結婚の約束までした伊崎を亡くした悲しみから生きる力をなくしていたのです。

「それを救ったのが咲太郎だ。」と藤田親分は言います。

戦後、亜矢美は闇市で咲太郎を保護することとなったのですが、亜矢美にとって咲太郎の存在は生きる力になっていたのでした。

話がしんみりしたため、亜矢美は明るく「はい!おしまい!」と言います。

常に明るい亜矢美にも、悲しい過去があったのです。

 

亜矢美が結婚しない理由

亜矢美が寝た後、なつは「亜矢美が今まで結婚しなかったのは伊崎さんって人がいたからなんだね。」「お兄ちゃんといることが理由じゃなかったんだね。」と咲太郎に言います。

なつは咲太郎がいるから亜矢美は結婚しないのだ、と考えていたのです。

「馬鹿、そこまで俺の面倒みる義理はねえだろ。」と咲太郎は言い、夜遅くから会社へと向かうのでした。

亜矢美は寝返りを打ちながら「咲太郎…」とこぼします。

なつはその寝言を聞き逃してはいませんでした。

 

茜が結婚!相手はなんと…

新しい年も相変わらず、なつは仕事に追われる日々でした。

『百獣の王子サム』は大人気となってアニメーターや演出家も次々と新しい人間が投入され、放送期間は1年半にもなっていきました。

その間に、なんと茜(渡辺麻友)が結婚していたのです。その相手はなんと、下山(川島明)でした。

これまでの放送を見ていると、茜は神地(染谷将太)と仲が良かったので、茜の結婚相手は神地と予想していた人が多かったのではないでしょうか?

まさか下山と結婚するとは、予想外です!

茜と下山がなつや坂場、神地たちの前で結婚の報告をしました。

茜と仲の良かった神地は「それはないよ!」と悲しみます。

「でも、前から好きだったて気づいたの…」と茜。

その時、ちょうどスピーカーから大杉会長(角野卓三)がアニメーターたちに会いに来る合図でもある東洋行進曲が流れました。

神地は「茜ちゃん!最後に俺と踊ってください!君とのお別れをダンスで覚えていれば、いつか仕事の役に立つときがくると思うんだ!」と言います。

困惑する茜でしたが「いいわよ。」と返事をし、神地と茜はぎこちないダンスを踊りました。

挨拶周りにきた大杉会長は室内で踊る2人を見て驚きます。

 

下山の説得のおかげで

そして翌年の春。

会議室に呼ばれた下山は井戸原(小手伸也)から長編映画の作画監督になってもらいたいと告げられます。

作画監督とは原画や動画すべてを監守し1本の作品に仕上げる、そういう責任のある役職でした。

つまりアニメーターの仕事をすべて指揮する役職だったのです。

作画監督になってほしいと頼まれた下山は「わかりました。」と答えます。

「そこで、どんな企画をやりたいのか、演出家は誰がいいのか、それを考えて我々に提案してくれないか。」と仲(井浦新)は言います。

「あ、だったら…演出は坂場君でよろしくお願いします。」と下山は言いますが、「彼はダメだよ。彼にはテレビを続けてもらうことになってるんだ。」と井戸原は返しました。

しかし下山は「なんとか、彼にチャンスを与えてやってもらえないでしょうか。仲さん、お願い致します。」と仲に頭を下げます。

「長編漫画映画は今、お客さんの数が減ってきてる。失敗したら後がないかもしれないよ。」と仲は言います。

「だったらなおさら僕とやるのは坂場しか考えられません!」と下山は強く言いました。

 

坂場がプロポーズ!

下山のおかげで、テレビ班から異動となり長編映画の演出をさせてもらえるようになった坂場。

それを聞いた坂場は、「下山さんが仲さんたちを説き伏せてくれたんです。」「もちろん、君にもこっち(長編映画)の原画に参加してもらいたいと思ってる。」と嬉しそうになつに言います。

なつは、もしテレビ班から長編映画の原画に戻れるようであるならば、そうすると返しました。

「そ、そして、もし…もしこの長編映画を成功させたら、成功したら僕の人生には君が必要だということになります…」「僕と、僕と、結婚してください!…結婚してくれませんか?」

そして坂場は急になつにプロポーズをしたのでした。

驚くなつ。

なつの返事は…?

やっと坂場からの告白が出たという感じですね…

 

広瀬すず主演のなつぞらは、本当に1話から面白いです!

朝ドラがそもそも100回記念ですし、評価も非常に高いですよ!

 

 

朝ドラなつぞら104話の動画を見るならU-NEXTで♪

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでなつぞら104話の動画を見る

 

コメント