なつぞら73話の見逃し配信動画の無料視聴方法!役者の道に進みたい雪次郎を誰も止めることはできない

なつぞら73話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

 

まだ演劇に受かってもいないのに川村屋を辞めると言い出した雪次郎をなつは止めようとします。

しかし、雪次郎の決心は強く誰にも雪次郎を止めることはできそうにもありませんでした。

雪次郎は川村屋を本当に辞めてしまうのでしょうか?

 

なつぞらなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

>>なつぞら73話の動画を見る

なつぞら73話の動画配信を見る方法

なつぞら73話の動画を配信しているVODサービスはこちらです

VOD動画配信サービス 配信状況
U-NEXT
hulu ×
FOD ×
paravi ×
amazon prime video ×
Netflix ×

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

当サイトからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

>>なつぞら73話の動画を見る

 

(参考)U-NEXTの申し込み手順の解説はこちら

(参考)NHKオンデマンドを視聴する具体的な手順はこちら

 

なつぞら73話の見どころ・感想

魂は演劇の中に

雪次郎(山田祐貴)が役者の道に進むため急に川村屋を辞めると言い出しました。

演劇の道に進むことを反対するなつ(広瀬すず)は雪次郎を風車に連れて行きます。

そこには咲太郎(岡田将生)、煙カスミ(戸田恵子)、レミ子(藤本沙紀)がおり、なつは「雪次郎くんを役者にはできません、どうしても!」と言い放ちました。

家族を裏切っていいの?と雪次郎に聞くなつ。

たった1人の雪月の跡取りだからこそ川村屋を辞めてはいけない、役者にはなってはいけないと言います。

しかし、雪次郎はそれを踏まえて役者になると決心したのでした。

親を裏切ると決心したという雪次郎になつは、「お兄ちゃんからも説得して。」と咲太郎に頼みます。

しかし、それはできないという咲太郎。

亜矢美(山口智子)は「よく考えなさいよ。せっかくここまで修行してきたんだから。」と雪次郎に言いました。

煙カスミは「ていうか、まだ受かったわけじゃないんでしょ。」と笑います。

しかし、雪次郎は受かっていなくても川村屋には戻らない、川村屋までも裏切ってしまった。でも俺の魂は演劇の中に行ってしまったのだ。と言います。

それなら早く家族に相談するべきとなつは言いますが、雪次郎はまだ家族に伝えることを躊躇っていました。

 

料理長として雪次郎を立派に育てなければならない

翌日、川村屋に戻った雪次郎は料理長の杉本(陰山泰)に「川村屋を辞めさせていただきたいと思っています。本当にお世話になっておきながら申し訳ございません。」と頭を下げました。

役者の道に進むために川村屋を辞めると言い出した雪次郎に杉本は驚きをみせます。

役者を目指すのは今しかできないと思ったと言う雪次郎に、杉本は「だったら現実から逃げるなよ。そんなつまらないことで人生棒に振ってどうするんだよ。俺は認めない。」と怒りをみせました。

料理長である杉本は雪次郎の父・雪乃助から雪次郎を預かっており、雪次郎を立派に育てるという責任がありました。

とにかく父親に連絡しろと杉本は言います。

 

雪次郎が心配で仕事に集中できないなつ

一方、なつは『わんぱく牛若丸』の作業真っ只中にいるはずでしたが、雪次郎のことに気を取られ、手が止まってしまっていました。

下山(川島明)がなつに「これを頼む」といって動画の確認をお願いします。

その動画は以前、坂場(中川大志)が修正を依頼してきたもので、それを下山が修正したものでした。

麻子(貫地谷しほり)はなつに「カチンコくんをぎゃふんと言わせる動画を作ってちょうだい。」と鼓舞します。

なつは下山の修正した動画を参考に、再び馬に乗った牛若丸が崖を降るシーンを作成し始めました。

 

坂場のすかした態度に苛立つ

馬に乗った牛若丸が崖を降るシーンを描くのはそう簡単ではありませんでした。

そこでなつは馬の動きを確認するため四つん這いになって階段を下ります。

そこに偶然、坂場がやってきました。

なつの不思議な行動を目にした坂場は「なにか落としたのですか?」となつに聞きます。

なつは「馬の気持ちと体重移動を研究していたんです。」言うなつ。

坂場はご苦労様です。と言い、なつを横切りながら階段を上がっていきます。

なつは思い出したかのように、川村屋で話している最中に途中でいなくなってしまったことを謝りました。

しかし、坂場は特に気にする様子もなく「それじゃあ。」と言いなつの前から立ち去ろうとします。

なつは「待ってください。昨日の話の続きを教えてください。アニメーションにしかできない表現とは何か坂場さんに聞こうとしていました。聞かせてください。」と言います。

しかし坂場は「それは…やはりあなたが自分で考えてください。それをいつか私に教えてください。それはきっとアニメーターに対する敬意だと思います。あなたが本当のアニメーターならば。」と言い去っていきました。

なつは坂場のすかした態度に腹を立てながら作画課に戻りました。

 

雪次郎の夢にとやかく言うことは、誰にもできないのかもしれない

仕事の帰り川村屋に寄ったなつは、光子(比嘉愛未)から雪次郎はまだ川村屋で働いていると教えられます。

風車に帰ったなつは、父親の許しがないと雪次郎は川村屋すらも辞められないのだ。と咲太郎に言いました。

しかし、咲太郎は20歳をすぎた大人だろ?と呆れます。

咲太郎は酪農を辞め漫画映画を作っているなつに雪次郎の夢をとやかく言える筋合いはない。なぜ雪次郎の夢を反対するのか、となつに聞きました。

好きな夢を追えるなつと、跡継ぎとして修行に励む雪次郎とでは立場は全く違うものです。

確かに、なつが雪次郎の夢にとやかく言える筋合いはないのかもしれません。

「雪次郎くんにも、雪次郎くんの家族にも幸せになってほしいから心配している。」と言います。

ですが咲太郎は「人の幸せなんて他人に決められるもんか」と雪次郎を心配するなつに言い放ちました。

雪次郎の夢をとやかく言うことは誰にもできないのです。

 

広瀬すず主演のなつぞらは、本当に1話から面白いです!

朝ドラがそもそも100回記念ですし、評価も非常に高いですよ!

 

 

 

朝ドラなつぞら73話の動画を見るならU-NEXTで♪

>>なつぞら73話の動画をU-NEXTで楽しむ

 

コメント