なつぞら102話の見逃し配信動画の無料視聴方法!雪次郎(山田裕貴)が北海道に帰ってきた!久しぶりに天陽(吉沢亮)が登場

なつぞら102話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

 

雪次郎が北海道に帰ってきました。

演劇を捨て雪月で、菓子屋になることを決意した雪次郎。

久しぶりに天陽が登場する回となっていますよ~

なつぞらなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>なつぞら102話の動画を見る

なつぞら102話の動画配信を見る方法

なつぞら102話の動画を配信しているVODサービスはこちらです

VOD動画配信サービス 配信状況
U-NEXT
hulu ×
FOD ×
paravi ×
amazon prime video ×
Netflix ×

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでなつぞら102話の動画を見る

 

(参考)U-NEXTの申し込み手順の解説はこちら

(参考)NHKオンデマンドを視聴する具体的な手順はこちら

 

なつぞら102話の見どころ・感想

なつたちのテレビ漫画がついに放送を迎えた

昭和38年12月。

なつたちの作ったテレビ漫画が日曜日の夕方から放送され始めました。

北海道に住むなつ(広瀬すず)の母・富士子(松嶋菜々子)はなつに「面白かったわ。」「ちー君も好きになったみたいでじっとみてたわ。」と電話でテレビ漫画の感想を伝えます。

ちー君とは照男(清原翔)と砂良(北乃きい)の子供で地平という名前からちー君と呼ばれていたのです。

 

またもや坂場が

ももっち(伊原六花)とともに喫茶店にやってきたなつ。

「どうだった?」とテレビ漫画の感想を聞きます。

「思ってたより絵は動いてたんじゃない?」とももっちは言います。

しかし、なつはテレビ漫画を見てて動きがぎこちないなと感じていたのでした。

「そんな中でも、なっちゃんらしいなって思うとこはいっぱいあったよ。モノクロじゃなければ、私が色を塗りたいくらいだけど。」とももっち。

ももっちはテレビ班は順調なの?となつに聞きます。

それに対し「それがそうでもないんだよ。」と答えるなつ。

またもや、坂場(中川大志)がアニメーターたちに無茶な要求をし、それによってテレビ班の制作進行を行う荒井(橋本さとし)と対立していたのでした。

対立する2人の間になつが入り、なんとか話をまとめているといった状況でした。

 

おかえり、雪次郎

そのころ、雪次郎(山田裕貴)はなんと北海道の雪月にいました。

突然、雪月に帰ってきた雪次郎。

雪次郎の母・妙子((仙道敦子)や父・雪乃助(安田顕)、祖母・トヨ(高畑淳子)は雪次郎の帰りを嬉しがります。

「父さん、クリスマスケーキ作るべ。」と突然言い出した雪次郎。

雪乃助とトヨは突然、クリスマスケーキを作ると言い出した雪次郎に「どうした、おめえ。」と驚きます。

 

演劇を捨て菓子屋に戻ってきた雪次郎

雪月の店内には、雪次郎が大役を務めた舞台「つばめ」のポスターが貼られていましたが、雪次郎は突然そのポスターを剥がし始めたのでした。

「雪次郎!」と妙子が驚きます。

「父さん、言ったべや。諦めるときは潔く諦めって。」と言う雪次郎。

「諦めたのか?」と雪乃助は聞きます。

トヨも「その芝居で失敗したのかい?セリフ忘れたのかい?」と心配しました。

「そったらことでねえ!もう悔いはねえんだ。だから決めたのさ、俺は菓子屋に戻る。」と言う雪次郎。

しかし「馬鹿でねえか!そんな中途半端なことで菓子屋になれっか!」と雪之助は雪次郎に怒鳴りつけました。

「だったら、父さん、俺を鍛えてくれ!中途半端な菓子屋として人間として俺を鍛え直してくれ!」と雪次郎。

雪次郎は「頼む。父さんのもとでもう一度やってみたくなったんだわ。」と雪之助に頭を下げます。

涙を流す雪次郎に「本気か?逃げてきたわけでねえな?」と聞く雪之助。

「逃げてねえ!捨ててきた。」と雪次郎は剥がしたポスターを丸め床に叩きつけました。

 

久しぶりに天陽登場

その後、天陽(吉沢亮)の家にやってきた雪次郎。

アトリエに籠り絵を描く天陽に「相変わらず、やってんな!」と雪次郎は言います。

「雪次郎!帰って来たんかい!」と突然現れた雪次郎に驚く天陽。

「おう、ずっとな。これからはずっとこっちさ。喜べ。」「天陽の奥さんや倉田先生にも挨拶いかなければな。」と雪次郎は言います。

「よっちゃんや番長と一緒に酒のむべ。みんなお前に会いたがってんぞ。」と天陽は言いました。

「あ、お前、なっちゃんのテレビ見たか?」と雪次郎は聞きます。

「あ~兄貴からは聞いたけど、テレビなんて買えんからな。」と天陽は返します。

当時、まだテレビの普及率は低くかったのです。

 

天陽の優しさ

「なっちゃんも相変わらずやってんだな。」と天陽が言うと雪次郎は「なっちゃんはどんどん先行くぞ。俺は結局、なっちゃんには追いつきもせんかった。」と言います。

雪次郎がなぜ北海道に帰って来たのか、なにも聞かない天陽は「競争じゃないべ。生きるのは。」と一言言います。

結局、最後まで北海道に帰ってきた理由を聞かなかったのは天陽の優しさなのかもしれません。

 

北海道に帰っていった雪次郎を寂しがる蘭子と咲太郎

風車に蘭子(鈴木杏樹)がやってきました。

カウンターに座る、なつと蘭子と咲太郎(岡田将生)。

蘭子は雪次郎が北海道に帰ったということを聞かされます。

「北海道に帰ったのね…。別に心から辞めろって言ったわけじゃないのに…。」と言う蘭子。

「彼はそれを分かってましたよ。分かってたから辞められたんだと思います。」と亜矢美は言います。

「雪次郎君、あれからじっくり考えて気づいたそうです。自分は開拓者になるなら演劇じゃなくて菓子屋だって。」となつ。

咲太郎は雪次郎がいなくなって少し寂しいとこぼしました。

 

広瀬すず主演のなつぞらは、本当に1話から面白いです!

朝ドラがそもそも100回記念ですし、評価も非常に高いですよ!

 

 

朝ドラなつぞら102話の動画を見るならU-NEXTで♪

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでなつぞら102話の動画を見る

 

コメント