「おちょやん」第20話の無料動画と見逃し放送配信情報!『どこにも行きとうない』シズ「あんたの家は『岡安』や」

「おちょやん」第20話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 2189円(税込) 888円 1026円(税込) 800円〜 1017円(税込) 550円(税込) 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 14日間 14日間 37日間 14日間 31日間 37日間 37日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 550 500 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

 

「おちょやん」第20話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

 女中役で天海一座の舞台に、応急凌ぎで出た千代。

途中でセリフを忘れてしまい、代わりに本音が出てしまいます。

千代「いやや。うちはどこにも行きとうない」

「ずっとここにいてたい。『岡安』にいてたいんや」

 芝居が終わり、客がいなくなった客席から、千代はボーッと舞台を見ています。

一平がやってきて、「無理やり出させて悪かったな」と言います。

そして「おかげでちょっとわかったわ」と言います。

 千代が「何がわかったいうの?」と訊ねると、

一平「笑かすだけが喜劇と違うってこと」

「千さんとも、万太郎とも違う喜劇があんのやないかて」

「おおきに」と答えます。

 千代は「お父ちゃんのせいで、悔しうて、腹立ってしゃあなかったけど・・・、楽しかった」

「なんでやろな?」「ええ思い出になりました」「ほんまおおきに」と言い、

一平に頭を下げ、『えびす座』を出て行きます。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第20話の動画を見る

 

スポンサーリンク

「おちょやん」第20話の動画配信を見る方法

第20話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第20話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(20%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「おちょやん」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第20話の動画を見る

前回のお話はこちら

「おちょやん」第20話の見どころ・感想

千代。あんた役者になり

 『岡安』で、千代が、宗助とシズ夫婦から、欲しいものを聞かれていました。

『岡安』では、年季明けた者には、なにかほしいものをあげていると、宗助が言います。

千代は、物ではなくて、『岡安』の岡田一家と食事を一緒にすることをお願いしました。

 食事をしていると、

お家のハナが言います。「千代。あんた役者になり」

「あんたはええ役者はんになれる」

みつえは「真に受けたら、あかんで」と言います。

千代は「お家さんにそないなこと言われたら、その気になってしまいますやんか」

「役者かぁ?」と言います。

ハナ、宗助は千代の顔を見つめます。

千代は「ごっつぉさんだした」「もう思い残すことはあれしまへん」と言います。

 お茶子たちは、台所で聞いていました。

 誰かが、玄関の扉を叩きます。

赤松一行が、テルヲをつれて、「邪魔すんで」と入ってきました。

シズが挨拶すると、

赤松が「女将。約束どおり千代ちゃん。渡してもらおうか」言います。

シズは「今、用意さしますさかい」「上がって、待ってておくれやす」と言います。

あんた 逃がすつもりやったんや

 千代はお茶子部屋で荷物をまとめています。

玉が「用意できた?」とはいってきました。

千代が「へぇ」と返事をすると、玉は「ほなら。行こか!」と千代の荷物を取ります。

千代がけげんな顔をしていると、節子が千代の草履、女中頭のかめがおにぎりをもってお茶子部屋にはいってきます。

千代は「ちょっこと待って?」「何しはる気ィだす?」と聞きます。

富士子が「決まってるやろ」「あんた。逃がすんや」と言います。

千代が「うち。行かれしまへん」と言っていると、

みつえが「なにゴチャゴチャ やってんねんな!」とお茶子部屋に駆け込んできます。

そして「行くで!」と言います。

 千代は訳がわからないという顔をしています。

富士子が「みーんな。ごりょんさんのお計らいだす」

節子「端から、あんた逃がすつもりやったんや」と言います。

 宗助は、無言でニコニコしながら、赤松一行のお酒の相手をしています。

赤松一行の青田が、「いつまで待たしくさんのや!」と言って、座敷の外を見て、

店が、もぬけの殻なことに気が付きます。

放っとかれへんやろ。友達としては

 みつえが千代の手を引っ張って、道頓堀の夜の街を走ります。

千代が「ちょこっと待って。待っくなはれ」「いとはん」と、手を振りほどいて止まります。

みつえが振り返り、「みつえでええ」「放っとかれへんやろ。友達としては」と言います。

 千代とみつえは抱き合います。

 赤松一行がやって来ました。

みつえか「船着き場で、お母ちゃんが待ってる」「そこまで走り。はよ」と言い

千代を押し出します。そして、道の真ん中で通せんぼの恰好をします。

赤松一行が追いかけようとすると、乞食の連中が一行に抱き着き、追いかけるのを妨げます。

 

あんたの家は『岡安』や

 千代が船着き場につくと、ごりょんさんが待っていました。

千代は「このまま逃げたら、『岡安』がどないなことになってしまうか・・・」と言うと、

シズが「見くびりはんな!」「あいつらが何しようと、だんない。大事おまへん」と言います。

そして「これからは、自分のために生きますのや」「生きてええのや」

「あんた、わてに恩がえしがしたい言うてくれたな」

「せやったら。あんたが幸せになり」「それがわての望みや」

「これは旅立ちだす」「せやさかい。しんどなったら、いつでも帰っといで」

「あんたの家は『岡安』や」と言います。

そして、船頭に「ほな頼みますよってな」と言います。

千代が船頭を見ると、乞食の小次郎でした。

小次郎「鰻の恩は返さんとな」「道頓堀の乞食は、義理がたいんや」と言って、笑います。

小舟が離れていくと、シズが言います。「千代。気張るんやで!」

千代は小舟の上で「おおきに。おおきに!」と言います。

小舟に乗っている千代を、父テルヲが物陰から見ていました。

ここは・・。芝居の町、だっせ

 シズが『岡安』に帰ってきます。

お茶子たちが、調理器具をもって、赤松一行とにらみ合っています。

シズは、赤松達の前に封筒を出します。

シズ「二百円おます」

「二千円いうのは、あんたらがええかげんに、利子ふくらましただけだすやろ」

「それで十分と違いますのか?」

赤松が「出すのやったら、もっとはよ出しはらせ。あほんだら」と言うと、

シズが「そのお金は道頓堀守りたい、いうもんがちょっとずつ出し合うたお金だす」と言いました。

(シズが『福富』で女将のお菊から、道頓堀の一門からのお金を受け取る映像)

シズ「これ以上、よそもんが調子乗ってたら、どないなことになるか分かれしまへんで」

「ああ。そない言うたら、先週もよそから来たヤクザものが道頓堀川に浮いてはりましたなぁ」

と言います。

ハナが「そうそう」「あんたも見ましたんか?」

「なんやえらい物騒だすやなぁ」「怖い。怖い」「あ~こわ・・」

シズ「二度とこの町に足踏み入れんこっちゃ」と言います。

赤松一行は、引き揚げていきました。

シズは、ほっと息を抜きます。

はな「なかなかのはまり役だしたな」

宗助「なんや。みんな作り話かいな」

シズ「ここは・・。芝居の町、だっせ」

ハナが大声で笑います。

宗助、みつえ、お茶子たちも笑い出します。

千代 道頓堀を後にする

 道頓堀川にかかる橋の上から、一平が千代の乗る小舟を見ています。

芸子が来ました。

一平は「相変わらず、汚ったない川やなぁ思て」と言って、芸子と一緒に行きます。

千代は「あいつ。ほんまに」と言います。

千代が川面にうつる提灯の光を見て、「こないなドブ川にも花は咲くねんな」と言います。

こうして、千代は八年間過ごした、道頓堀を後にしました。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第20話の動画を見る

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お家のビールサーバー 3選比較  


リモートワーク続きやステイホームでお家の中がガチャガチャしてきたら・・

水産会社ならではの確かな品質! オホーツク海の海産物、北海道各地より新鮮な蟹や魚貝類を買い付け、中間業者を極力通さずに300種類以上の北海道の味覚を直接全国のお客様の元へお届け!  
スポンサーリンク





歴史を楽しむテーマ別ツアー