「おちょやん」第24話の無料動画と見逃し放送配信情報!『女優になります』千代「これは何のため、やっちゅうねん!」

「おちょやん」第24話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 1990円 888円 1026円 800円〜 1017円 500円 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 24日間 24日間 24日間 24日間 24日間 24日間 24日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 550 なし 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

 

「おちょやん」第24話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

千鳥「やるの? やらないの?」

 千代は『山村千鳥一座』の採用試験を受けに、新京極の三楽劇場にやってきました。

千代は舞台の上で、今覚えたセリフを言い始めます。 

千鳥を始め、座員全員が見ています。

「この子 ひどすぎる」

千鳥、座員の清子はあきれたという顔をして、千代がセリフを言っているのを見ていました。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第24話の動画を見る

 

スポンサーリンク

「おちょやん」第24話の動画配信を見る方法

第24話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第24話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(24%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「おちょやん」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第24話の動画を見る

前回のお話はこちら

「おちょやん」第24話の見どころ・感想

山村千鳥一座の座員募集試験

 千鳥は「もういいー」と怒鳴ります。

千鳥「何なの?」「さっきから足元ばっかり見て!」

千代は千鳥の足元の裾に、ちょこっとほころびがあるのを見つけたのでした。

千代「繕いまひょか?」

千鳥は足元を見ました。

千鳥「よくも座員たちの前で辱めてくれたわね」

そして、長刀の底でドンと床を叩くと、

「清子。あした8時」と言います。

 清子は千代に言いました。

「おめでとう」「合格や」

 千代は『キネマ』て、店長、真理、ボーイの平田に、合格したことを伝えていました。

店長は「さんざん怒鳴られたあげく、合格したんかいな?」と言います。

千代が「よっ~ぽど。うちの芝居がよかったんとちゃうやろか」と言います。

山村千鳥一座での千代の仕事

 次の日の朝、清子に連れられて、千代は山村千鳥の家にやってきます。

門前で清子は「ほな。頑張りや」と言って、帰ろうとします。

千代が「うちと千鳥さんと二人きりですか?」と聞くと、

清子は「それがあの人のやり方や」「座長のこと、任したで」と言います。

 茶の間で、千代は千鳥に

「ここであなたのすべきことがすべて書いてあります」「使いなさい」と

帳面を渡されます。

千代は「で。うちは何の役を?」と聞きます。

千鳥「役?」「あなたに任せる役なんてあるはずないでしょ」

千代「ほな うちが合格したんは?」

千鳥「こまごました雑用が得意そうだったし」

「応募してきたのが、あなただけだったから」

「清子から何も聞いてないの?」と言います。

千代は「また 騙された」とひとり事を言いました。

 
 千鳥「言っときますけどねえ。あなた相当 運がいいのよ」

「あんな大根芝居 付き人だとしても受からないわ」「感謝してもらいたいくらい」

「自分の無能さを棚に上げて、私たちを嘘つきよばわりするなんて、千年早い!」

「辞めるのでしたら、今のうちです」と言います。

千代「辞めしまへん」「嘘つきよばわりしたのは謝ります」

「けど 一つだけお願いきいてもらわれしまへんやろか」

「やることみんな済まして、時間が空いたときには、お稽古してもらわれしまへんやろか」

「お頼の申します」千代は頼みました。

 千鳥「まぁ いいいでしょう」

「ただし、私は毎日、少なくとも8時間は寝ることにしてますから、それ以外の時間でね」

 千代は「仕事の内容はその帳面に書いてあります」と言われ、中味を見ます。

(千代の心の声) 「これやったら、一生稽古なんかできへんやんか」

千鳥「やることみんな済ましたら、いつでも言うてな」

「お稽古したるさかい」といいました。

<帳面の内容>

・『家の周りを注意深く一周する』

・『反対周りでもう一周する』

千代は書かれているとおりに、「これ何のため?」と思いながら、回ります。

・『新聞の文字の間違いを見つける』

千代は「これは何のため?」と思いながら、虫めがねで新聞の記事を読みます。

そして、間違いを見つけ、「あった!」と喜びます。

・『四つ葉の白詰草を探す』

(千代の心の声) 「せやから、これは何のため、やっちゅうねん!」

千代は草原で四つ葉の白詰草を探します。

(千代の心の声) 「どれもこれも葉っぱは三枚やんか!」

         「四つ葉の白詰草なんてあんの?」

廊下の雑巾がけをします。

障子を開けて、部屋の中をみると、散らかり放題の状態でした。

千代は思わず、よろめいて、足踏みして「なんで?」と独り言を言います。

洗濯、片付けが終わると、畳に思わず、横になりました。

千鳥がやってきて、

「まだやってんの? 寝てるの?」「ちょっと」

「稽古行くわよ」 「早く支度して・・・・・」と言います。

千代は荷物を持たされ、千鳥と劇場に向かいます。

途中、通りを黒猫が横切りました。

千鳥は、「だめっー」「黒猫が通ったでしょ」「縁起悪い」と言って、

劇場への道順を変え、遠回りをします。

千代は荷物を背負って、「えっー」とよろけました。

千代 千鳥一座の稽古を見る

 劇場で、千鳥は客席の後ろの真ん中に陣取ります。

千代はその前の升席に座っています。

座員の人達の踊りの稽古が、舞台上で始まります。

千代は、居眠りをしています。

千鳥が舞台に向かって、「寝ぼけてんじゃない!」と怒鳴って、紙屑を投げました。

千代は目をさまして、「すんまへん」と言います。

千鳥は座員に「このへたくそ!」

「出来ないなら、さっさと田舎に帰りなさい」と言って、怒鳴ります。

座員が「すいません」「あの・・。もう一度お願いします」と言います。

千鳥は「お客様にとっては、その一回きりなのよ!」

「何遍やったって、あんたみたいなクズ できるわけがない!」と言って、怒鳴ります。

 清子の芝居の稽古が始まりました。

千鳥は清子に何度もダメ出しをします。

千鳥は舞台上の清子に草履を投げました。 そして、

千鳥「何言ってるかわからない!」

「何にも感じない!」

「あんたのセリフより赤ん坊の泣き声のほうがよっぽど伝わる」

「あんた 赤ん坊以下」「生まれ直してきなさい!」

と言いました。

他の座員は客席で神妙に、清子の稽古を見ています。

千代は驚きの表情で、千鳥を見ていました。

「座員たちにさんざんひどいこと言うだけ言うて、すっきりして寝んねん」

 夜、千代は真理に、山村千鳥のことを話しました。

真理が「そんなに怖いがけ 山村千鳥は」と言うと、

千代は「座員たちにさんざんひどいこと言うだけ言うて、すっきりして寝んねん」

「きっと 知らんけど」と言いました。

真理「千代ちゃん。よく辞めんかったね」

 千代はもう寝ていました。

 このようにして数日が過ぎていきました。

新聞記事の間違い字探し。

四つ葉の白詰草探し。

雑巾がけ。

部屋を開けると散らかり放題。

千代は「何でやねん」「もう何でやねん」と言います。

そして、かんしゃくを起こして、「千鳥!」と怒鳴って、長刀をふるいます。

千代は洗濯をしています。

(千代の心の声)「昨日 全部洗たのに どんだけ着替んの!」

 
 もちろん、千代はお稽古をしてもらったことは、一度もありません。

劇場での稽古で、千鳥はまた舞台の座員に向かって紙屑を投げつけます。

千鳥「違う!違う!違う!」「なんでわかんないんだよ!」

千代にも紙屑が飛んできました。

山村千鳥のプライド?

 そんなある日、清子が千鳥を訪ねてきました。

千代はお茶を出します。そして廊下で立ち聞きしています。

清子「昨日 とうとう三楽劇場の座本から言われました」

『このまま客の数が減り続けるみたいやったら、山村千鳥一座は今月で打ち切るて』

「またこの町、出て行かなあかんようになるかもわかりません」

清子「私にひとつ考えがあります」

「これを、私たちでやりませんか?」

そう言って、清子は漫画の切抜と漫画本を机の上に出しました。

千鳥「何なの。これ?」

清子「今 子供から大人までえらい人気の『正ちゃんの冒険』って漫画です」

「ついこないだ これを宝塚歌劇団が上演して大盛況やったそうです」

「これをやれば間違いのう評判になります」

「子供も大人も、今までうちに来てくれへんかったお客さんが集まるんやないかと」

「本も書いてみました」

「読んでみてください」

そう言って、節子は頭を下げます。

千鳥は、「子供だましね。私のやるべきものじゃない」

「客を集めるためだけにこんなものやるぐらいなら、私は芝居を辞めるわ」

「もうその目障りなもの。さっさとしまいなさい」と言います。

節子は「もういっぺん。よう考えてみて下さい」と言いましたが、

千鳥は「くどい」と言います。

そして「頭にのるんじゃない!」と言って、節子が書いた本を庭に投げ捨て、

別の部屋に入ってしまいます。

 千代はその様子をずっと見ていました。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第24話の動画を見る

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  水産会社ならではの確かな品質! オホーツク海の海産物はもちろんの事、北海道各地より新鮮な蟹や魚貝類を買い付け、中間業者を極力通さずに300種類以上の北海道の味覚を直接全国のお客様の元へお届け!
スポンサーリンク

歴史を楽しむテーマ別ツアー

スポンサーリンク
スポンサーリンク