「おちょやん」第13話の無料動画と見逃し放送配信情報!『うちのやりたいことて、なんやろ』お茶子と客の色恋ざたはご法度

「おちょやん」第13話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 1990円 888円 1026円 800円〜 1017円 500円 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 14日間 14日間 13日間 14日間 13日間 13日間 13日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 550 なし 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

 

「おちょやん」第13話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

 千代は、お茶子部屋で玉や、おちょやんの里子を前に、『人形の家』のセリフを披露しています。

千代が「どないだす」と聞くと、玉は「すごいなあ。千代ちゃん」と言って拍手をします。

里子は「千代さん。年季あけたら、役者さんなりはりますの?」と聞きます。

千代は高城百合子や女将のシズの言葉を思い出します。

そして「そんなん、なれるはずあれいんやんか」「無理や。無理や。無理や」と言います。

(早川延四郎がシズと再会した映像)

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第13話の動画を見る

 

スポンサーリンク

「おちょやん」第13話の動画配信を見る方法

第13話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第13話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(13%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「おちょやん」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTで「おちょやん」第13話の動画を見る

前回のお話はこちら

「おちょやん」第13話の見どころ・感想

(シズと早川延四郎の昔の映像)

(今の映像)

 父、宗助に髪留めを買ってもらったみつえが「あかあちゃん。これ見て」と言って、

宗助とともに戻ってきます。

親子三人が仲良く、歩いている姿を延四郎は見ています。

 その様子を「福富」のお茶子、3人が見ていました。

ごりょんさんのうわさ

 翌日、千代は菓子の荻野堂のでっちから、シズのうわさを聞きます。

「岡安」からお茶子の富士子が出てくると、店前で立ち話をしていた人たちが、立ち去ります。

千代が帰って来ます。

千代が「姉さん」というと、富士子は「あんたも聞いたんか? ごりょんさんのこと」と聞きます。

千代はうなづきます。

シズと早川延四郎の過去

 「岡安」の調理場では、千代を始め、女中頭のかめ、お茶子の富士子、節子、玉、おちょやんの里子が集まっています。

千代は「道頓堀中で噂になってます。役者の早川延四郎さんとそないな間柄やて」と言います。

節子は「あれへんわ。あのごりょんさんに限って」と言いました。

お茶子たちは、「『福富』のお茶子が二人が会っているところを見たんやて」と言います。

千代は「どうせ、あることないこと噂して『岡安』のお客引き抜こういう魂胆だすやろ」と言うと、

かめが「今回ばっかりは、そうやないかもわからへんなぁ」と言います。

 主人の宗助と娘のみつえも調理場のお茶子たちの話を聞いていました。

女中頭のかめが、過去のいきさつをお茶子たちに話をします。

昔、延四郎が東京に出て行くとき、

シズが付いていこうとしたが、すんでのところで先代女将の母ハナがシズを捕まえたと。

『岡安』女将シズ X 『福富』女将菊

 シズが道頓堀の町中を歩いていると『福富』の女将、菊と会いました。

菊は「こら、びっくりやな。わてやったら、恥ずかしうて、家に閉じこもってしまうわ」と言います。

シズは「別に、人さんに後ろ指さされるようなこと、なんもしてしまへんよって」と答えました。

菊は「そやけどなぁ。昔のことがあるさかいなぁ」と言います。

お茶子と客の色恋ざたはご法度

(『岡安』の調理場)

富士子が「今も昔も、お茶子と客の色恋ざたはご法度やさかいなぁ」と言うと、

里子が「何でだす」と聞きました。

女中頭のうめが 「ここは芝居の町や。芝居茶屋は、役者さんと芝居小屋のおかげで商いさせてもろうてる」

「そんなわてらが、役者さんと色恋ざた起こしたりしたら、芝居茶屋そのもんの信用失いかねん」と説明します。

 
 富士子は「昔のこと知ってる人も道頓堀にはぎょうさんいてはる」

「あらぬ噂やとしても、『岡安』から足が遠のくお客さんが出て来るわからへんなぁ」と言いました。

花は「ほんまにただの噂ねやろか?」「ごりょんさんかて女や」「もしまだ未練残してはったとしたら・・」と言います。

 
調理場のお茶子たちや、玄関から調理場を覗き見して聞いていた、宗助やみつえは真剣な顔をして聞いていました。

シズ「『岡安』の看板に泥ぬるようなことなってしもうて、ほんまに申し訳ない」

 女将のシズが帰ってきます。

「何してはんのだす」「こないなとこで」と、シズは宗助、みつえに声を掛けます。

お茶子たちは慌てます。

シズは「どないしましたんや」「まだ仕事は終わってまへんで」とお茶子たちにも声を掛けます。

シズは、母、ハナに気づきます。

シズが「わてと早川延四郎さんとのこと。あんたらには、はっきり。さしておいた方がよろしいわな」と言います。

 シズは帳場に座って話します。

「わてとあのお人は、お茶子と役者いう間柄にも関わらず、昔、確かに恋仲になりかけたことがおました」

「旦さん。お母ちゃん。みんな。『岡安』の看板に泥ぬるようなことなってしもうて、ほんまに申し訳ない」

「堪忍やで。このとおりだす」と言って、皆に頭をさげます。

 シズは乞食の小次郎に、「ちょっと火。借りますわな」と言って、

早川延四郎からの手紙を燃やしています。

その姿を、母、ハナが見ていました。

千代の反撃

 『えびす座』で、千代が客席の準備をしていました。

『福富』のお茶子たちが、「『岡安』さん一桝だけかいな」と言ってからかいます。

千代が「どっかの誰かさんにありもせーへん噂、流してもろたおかげ出す」と言います。

『福富』のお茶子の椿が「火の無いところに煙はたたん。言うしな」と言って笑います。

千代が立ち上がって言います。

「『福富』さんは大事おまへんか?」

「そちらのあやめさんが、千日前のカフェあたりで、新派の二枚目さんと何やら、逢引、繰り返したるて」

「ぼたんさんが万太郎一座の若いのと、活動写真見てたという話しも聞いたような」

「椿さんは、なんもあらへん」「そりゃ、ひがみもしますわなぁ」「気もまんといておくれやす」

「『岡安』には火の無いところに煙たたすようないちびりは、ひとりもいてしませんよって」

そして、千代は「ほな」と言って、出て行きます。

「歌舞伎の世界は名のある家に生まれんと、なかなか出世できへん」

 千代は早川延四郎に呼び止められます。

手紙を女将のシズに渡すように頼まれますが、千代は断ります。

千代は「すんまへん。お役にたてしまへんで」と言うと、延四郎は「話聞かせてくれへんか」と言います。

千代は、宗助やみつえのことを話します。

そして、「昔のことはよう知りまへんけど、あんたさんが入りこむ隙間なんか、ちょっこともあれしまへんさかい」

と言います。

延四郎は「なによりや。幸せそうで」「どうもありがとう」と言いました。

 千代は「あのぅ。何で役者さん廃業しはんのだすか?」と聞きました。

延四郎は答えます。

「歌舞伎の世界は名のある家に生まれんと、なかなか出世できへん」

「私は外から飛び込んだよって、大阪ではなかなかうまいこといかへんかってなぁ」

「大阪を出て、東京行って、20年。辛抱して、辛抱して」「どうにかここまでやってきたけどなぁ」

「ここらが、潮時や」

「えらい長なってすまなんだな」と言って、立ち上がります。

「おちょやん」などNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>「おちょやん」第13話の動画を見る

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  水産会社ならではの確かな品質! オホーツク海の海産物はもちろんの事、北海道各地より新鮮な蟹や魚貝類を買い付け、中間業者を極力通さずに300種類以上の北海道の味覚を直接全国のお客様の元へお届け!
スポンサーリンク

歴史を楽しむテーマ別ツアー

スポンサーリンク
スポンサーリンク