土方歳三の性格はどんな人物像?生い立ちやエピソード・逸話が面白い

新選組一の色男と言えばやっぱり土方歳三ですよね。

鬼の副長ともいわれる土方がどんな人物だったのか。

どのような生活を送っていたのでしょうか。

さて今回は、土方歳三の

  • 性格がわかる面白いエピソード
  • 人物像がわかる面白いエピソード
  • 生い立ちや家族

を紹介します。

これを読めば土方歳三をもっと知りたくなり、彼の一生を辿ってみたくなりますよ!

ぜひご覧下さい。

スポンサーリンク

土方歳三の性格はどんな人物像?生い立ちやエピソード・逸話が面白い

土方歳三の性格がわかる面白いエピソードとは

さて鬼の副長がどのように生きてきたのか。

まずは経歴をざっくりと見ていきましょう。

エピソード1 土方歳三の経歴。浪士組に参加するため上洛

1835年、武蔵国多摩郡桑田村で生まれます。

その後佐藤彦五郎の道場にて近藤と出会う土方。

近藤や道場の仲間と共に浪士組参加のため上洛するのです。

エピソード2 新選組の復調となり新選組を支える

1863年には新選組の副長となり新選組を支えます。

同年の事件、芹沢鴨の暗殺にも土方は加わっていました。

翌年6月には尊王攘夷派である古高を捕縛します。

その尋問を行ったのは土方で、このときの拷問は聞いただけでも痛くなるほど残酷なものでした。

しかしこれがきっかけとなり新選組の名が世に知れ渡ることになった池田屋事件が起こります。

エピソード3 山南敬助が脱走をはかる

その後山南が脱走を図り、それを沖田に追わせます。

沖田には山南を逃がしてほしかったといいます。

山南も試衛館からの仲間。やはり鬼とはいえ殺したくはなかったのでしょうね。

エピソード4 鳥羽伏見の戦いで敗北。その後も敗北続きとなり亡くなる

さらに4年後の1868年には鳥羽伏見の戦いが起こり、土方は甲陽鎮撫隊を率いて戦うのですが敗戦。

江戸で旧幕府軍と合流した土方は宇都宮城を攻略し、北上を続けます。

仙台では榎本武揚と合流、函館をへと向かいます。

その後も戦地を転々としていくのですが、敗戦続き。

やがて官軍の攻撃が激しさを増していき榎本は降伏を考えます。

それに気づいた土方はひとり馬にまたがり官軍に向かっていったところを銃弾で倒れ命を終えるのです。

さて、ざっくりと経歴を見てきましたが土方歳三は活躍の場がやはり多いですね!

実はこれほんの一握りなんです…

まだまだたくさんの活躍場面はあるのですが、紹介しきれないので簡単に紹介させていただきました!

土方歳三の人物像がわかる面白い逸話とは?

さてさてそんな土方。

いったいどのような人物であったのでしょうか。

土方歳三の逸話1 優しい性格で新選組のために自ら悪者を演じた

鬼の副長としてすごく有名なんですけど、実際はとても優しい方だったんですよ!

戊辰戦争時の土方を知る人は「優しい人物だった」と評するほどだったんです。

函館戦争の前には、土方の小姓をしていた市川鉄之助。

当時市川は15歳だったため、殺すのは忍びないと考え自分の遺品を託したのです。

本来であればそんなこと許されないはず…

しかし新選組を率いるものとして、自ら悪者を演じていたのでしょう。

鬼になれば間違いなく嫌われるのに、新選組のことを思ってのこと。

とてもかっこいいですよね!

土方歳三の生い立ちや家族を紹介

心優しい鬼の副長がどのように育ったのでしょう。

次は生い立ちについてご紹介していきますね。

10人兄弟の末っ子として誕生

土方は多摩の豪農である土方家の末っ子として生まれます。

土方の兄姉はとても多く10兄姉でした。

薬の販売を行いながら道場で修行を行う

10代になると江戸へ奉公に出ますがいずれもうまくいかず、帰郷します。

実家に帰ってからは実家秘伝である「石田散薬」を行商しながら、各地の剣道場で他流試合を挑み修行を重ねていきます。

その後は義兄である佐藤彦五郎が開く道場へと入り浸っていました。

近藤勇と出会う

そこで出稽古に来ていた近藤と出会うのです。

こうして天然理心流に入門した土方。

二人は意気投合。義兄弟の盃を交わすほどの仲になっていくのです。

仲間を失う悲しみから「俺は死に遅れた」とこぼしていた晩年

「俺は死に遅れた」

この言葉は近藤が処刑され、沖田総司が病で失った土方の晩年の口癖だったといいます。

彼の中では10人の兄姉意外にも試衛館からの仲間たちのことも家族だと思っていたのでしょう。

周りの仲間が死んでいく中、ひとり取り残されたように感じてしまったんですね。

【結論】土方歳三の性格はどんな人物像?生い立ちやエピソード・逸話が面白い

さて、土方歳三の性格や生い立ちをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

ざっくりまとめますと……

  • 土方歳三は新選組を育て支える大黒柱だった
  • 土方歳三は仲間を思うとても優しい人だった
  • 土方歳三の厳しさは優しさ故のことだった

ちなみに土方歳三を主役にしたお話はたくさんあって、小説だけでなく漫画やゲームなどにも出てくるんですよ!

私はドラマ「新選組!」を繰り返し見てました!

結構面白いのでオススメです!

また土方歳三はゆかりの地も多く、日野、多摩、京都、函館…

なんてたくさんあります!!

ぜひ足を運んでみてください。

日野は特にたくさんの土方歳三にまつわる資料館が多いのでオススメですよ!

私も今までに函館だけは行ったことないので、これを機に行ってみようと思います。

以上、「土方歳三の性格はどんな人物像?生い立ちやエピソード・逸話が面白い」でした!

コメント