エール第1話の無料動画と見逃し放送配信情報! 古山裕一の誕生

エール第1話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 1990円 888円 933円 800円〜 925円 500円 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 1ヶ月間 14日間 30日間 30日間 31日間 30日間 30日間 入会月 1ヶ月
貰えるポイント 1200 1200 なし なし 300 なし 540 1080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

エール第1話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

紀元前一万年

(動物・恐竜?の鳴き声)

男が水辺で魚を取ろうと銛でついているが、取れない。

『古来 音楽は 人と ともにあった』

女「フフッ。なっ」

男「ああ…」

女が木の実を差し出す。

『以来 人は 音楽を愛した』

男「う~ん!」

女「フフフフ…」

火山が噴火した。

何かが落下してくる。

男「おっ… うん?」

『ずっと 音楽は 人のそばにある』

取り損ねた魚だった。

男「おお~」

女「うわ~」

<ナレーション>

「時に音楽は人の喜びを大きく楽しく盛り上げてくれます」

男「『ウホッホ~ ホッホ』 あっ! ああ…」

男と女を喜び、木をたたき、踊りだすが、魚を河に放り投げてしまった。

<ナレーション>

「時に音楽は 人の悲しみに寄り添ってくれます」

葬式の棺に横たわっている女の傍らで男が嘆く。

男「マイ・ガール マイ・ワイフ」

<ナレーション>

「時に音楽は 折れかけた心に力を与えてくれます」

テニスの試合中、休憩時間に音楽を聴く女子プレイヤー

<ナレーション>

「時に音楽は 現実逃避の手助けをしてくれます」

下宿の部屋で彼女の写真を焼き、涙する男性。

<ナレーション>

「時に音楽は 人生を懸けた一大事に力強い武器となってくれます」

町の歩道を歩くカップル

女「どうしたの?」

踊りだす男性。

周りの人たちも踊りだす。

『いろいろやってますが 音楽はすばらしい』

『音楽が奏でる人生の物語です』

踊りが一段落し、婚約指輪を女性に渡そうとする男性。

女性は拍手をする。

女「あっ…」 「えっと…私 彼氏いるんだけど」

男「えっ?」

女「言ってなかったっけ?」 「ごめん」 「これからもいい友達で…ねっ?」

男「いや…」

女は歩き去る。

(笑い声)

子ども「大丈夫 大丈夫 大丈夫!」 「バイバ~イ」

若者「元気出して」

『第一週「初めてのエール」』

時は昭和 東京オリンピックが迫る中 一人の作曲家に大きな責任が課せられていました。

●古山家

悩んでいる古山裕一。

書斎の机から立ち上がり、トイレ?でも行こうかとする。

音が庭を掃き掃除しながら、「さくら さくら」を口ずさんでいる。

裕一は庭で掃き掃除をしている音を見つめる。

メロディーを思いついたのか、裕一は、再び机にもどり、五線紙にコードを書き始める。

音「さくら さくら」「やよいの空は 見わたすかぎり」
「かすみか雲か 匂いぞ出ずる」「いざや いざや 見にゆかん」

(拍手と歓声)

●テレビ中継

昭和三十九年十月十日

(拍手と歓声)

アナウンサー『オリンピック発祥の地 ギリシャを出発した聖火リレーは
今まさに開催の地 東京の国立競技場に向かっております』

●福島・信夫(しのぶ)小学校

教頭「古山裕一先生が 我が福島信夫小学校を卒業されたのは 今から40と2年前になります。
以来…」

先生がテレビで聖火リレーの中継を映そうとしているが、うまく映らない。

生徒「先生 早く!」

先生「分がってる!」 「教頭先生 もう少し お話 延ばして下さい」

教頭「うん…」
「あ~ 以来 数え切れないぐらいの曲を書き うちの校歌も作って頂きました」

生徒「先生 早く!」 「始まってるよ!」

先生「もう…」 「くそっ!」

(テレビをたたく音)

(歓声)

アナウンサー『最後の聖火ランナー 坂井義則君が平和の祈りを込め 力強く走っております』

墓前で手をあわせている男性がいた。

●藤堂先生の墓前

ラジオの放送『戦後19年 日本復興のシンボルである式典が 今まさに始まろうとしています』

鉄男「あの裕一が…」 「いじめられっ子の裕一が」 「ついにやりましたよ」
「先生」

●国立競技場

(拍手と歓声)

トイレの中をウロウロとする裕一がいた。

裕一は鏡に向かって呟く。

裕一「はあ…」 「大丈夫…大丈夫…」 「きっと うまくいく」

(裕一が作曲の依頼を受けたときの回想)

達磨「東京オリンピックはほかのオリンピックとは違いますぞ」
「悲惨な戦争 廃墟と化した日本」
「もうこれで終わったと世界に思われた日本が そこから力を合わせて驚異の復興を遂げた姿を
『どうだ!』世界に宣言する」
「先生はその…その大事な開会式の音楽を書くわけですから これは責任は重大ですぞ~」
「どうか 国民に勇気と希望を与え世界に恥じない音楽を」

(回想おわり)

エールなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第1話の動画を見る

 

スポンサーリンク

エール第1話の動画配信を見る方法

エール第1話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第1話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 972円~1944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(40%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「エール」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第1話の動画を見る

エール第1話の見どころ・感想

「スカーレット」戸田恵梨香さんから「エール」窪田正孝さんへの引き継ぎ

古山裕一のモデルとなった古関裕而とはどんな人?

エールNHK公式サイトはこちら

時は昭和三十九年十月十日、東京オリンピック開会式の日。
自らが作った開会式の曲を聴くため、会場に足を踏み入れる裕一と音。

開会式に出ることをビビる裕一

音「あっ…。まずいな…」 「開会式 始まっちゃう」

係員「上の階にはいません」

音「トイレも見た?」

係員「はい」 「個室も全て」

音「控え室は全部見たし いるとしたらトイレなんだけど…」

係員「あっ」 「地下に関係者だけが使えるトイレが」

音「そこよ!」

音と係員は地下のトイレに裕一を探しに向かう

音「あと何分?」

係員「7分です」

係員「ここです」

音「ありがとう」

音は端からトイレのドアを開けて裕一を探し、便器に向かって嘔吐しそうな裕一を見つける。

音「裕一さん!」 「大丈夫!」 「あなたの曲はすばらしいんだから!」

裕一「いや」 「でも…」

音「ほら…」

音は、裕一の手を引っ張ってトイレを出る。

裕一「ちょっと…」 「ちょっと待って…」

音「すぐそこよ」 「開会式 見たくないの?」

椅子に座って、ためらっている裕一に声をかける。

音「あなたの曲を世界中の人が聴くのよ」 「ずっと かなえたかった夢でしょ?」

裕一「うん」

音「よし…行こう」

裕一「あ~駄目だ」 「やっぱり!」

再び、椅子に座ろうとする裕一を、音は無理やり連れて行こうとする。

音「えっ!?」 「もう!」

裕一「駄目だ…」 「駄目だって」

音「もう!」

裕一「駄目!」 「ちょっと待って!」

音は、係員に裕一を連れていくことを頼む。

音「ちょっと… もう!」 「手伝って」

裕一「ちょっと…」

音「あ~いたた…」

裕一「ちょっと待って!」 「ちょっと心の準備…」

裕一は手が離れ、倒れこむ。

音「痛い 痛い!」

裕一「あっ!」

音「裕一さん」 「裕一さん!」

裕一「はい」

係員「あと2分 切りました」

警備員がその様子を見ていた。

警備員が裕一を励ます

警備員「先生 自分は長崎の出身であります」
「親や兄弟 親戚 みんな死んだとです」
「生きる希望ば与えてくれたとは 先生の『長崎の鐘』です」
「先生の曲は人の心ば励まし応援してくれます」
「先生の晴れ舞台ですけん」 「どうか…どうか会場で!」

警備員は裕一に敬礼する。

音「どうする?」

裕一「行こう」

「ありがとう」

裕一は警備員に礼を言った。

二人は会場に向かって行く。

警備員「よか夫婦ですね」

係員「おしどり夫婦って感じとは違うんですけどね」 「フフッ」

音「いよいよね」

裕一「ああ」

この夫婦がいかにしてこのような二人になったのか そこには長い長い話がありました。

国立競技場の拍手と歓声。

裕一の誕生

●呉服屋「喜多一」

(産声)

全ては 福島の老舗呉服屋さんから始まりました。

明治四十二年八月 福島市内

店から、裕一の父、三郎が飛び出してくる。

三郎「うお~」 「生まれだ! 生まれだ!」
「生まれだべ~!」 「ハハハハハ!」

産室で、産婆が生まれた赤ん坊を母親まさに渡す。

産婆「それにしても旦那さん」
「どごさ行ったのかしらね?」

まさ「フフッ」

音楽が奏でる人生の物語「エール」。始まり 始まり~!

父、三郎は喜びで町中を駆け抜けていく。

<タイトルロール>

エールなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第1話の動画を見る

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  水産会社ならではの確かな品質! オホーツク海の海産物はもちろんの事、北海道各地より新鮮な蟹や魚貝類を買い付け、中間業者を極力通さずに300種類以上の北海道の味覚を直接全国のお客様の元へお届け!
スポンサーリンク

歴史を楽しむテーマ別ツアー