エール第6話の無料動画と見逃し放送配信情報! 藤堂先生「自分の才能から逃げるな」

エール第6話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 1990円 888円 933円 800円〜 925円 500円 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 1ヶ月間 14日間 30日間 30日間 31日間 30日間 30日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1200 なし なし 300 なし 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

エール第6話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

鉄男一家は夜逃げをした。

藤堂先生は、鉄男に「頼ることは恥ずかしいことじゃない」と言い、
『福島日民新聞記者 沖隆』の名刺を渡していた。
鉄男は将来、新聞記者になるのでしょうか?

そして藤堂先生は鉄男に「先生は逃げたの?」と聞かれ、
「俺はないものを追ったんだ」と言った。

藤堂先生は、過去に、何を追っていたのでしょうか?

●呉服屋「喜多一」

(回想)

大河原「3代100年続いた喜多一も いよいよ終わりか」。

三郎「お義兄さんに融資を頼もうと思う」

まさ「頼むのなら その前に…お伝えしとかなければいけないことがあります」

茂兵衛「息子が2人だ」 「どちらがを養子に出せ」

三郎「ああっ…」

(鉄男が落としていった本の回想)

久志「それ 大将の?」 「きっと大事な本だよ」

裕一「そうだ…」 「き…君 返してといてくんない?」

<タイトルロール>

●鉄男の家の前

裕一「た…確か…」 「この辺…」

善治「ふざけんなよ!」

鉄男は父親に叱られて殴られていた。

善治「親に口答えなんか100年早えわ!」
「もっと稼げ!」 「稼ぐまで帰ってくんな!」

富紀子「やめて」 「あんた!」

善治「んっ!」

善治「おまえは魚屋だ」 「色気出すんでねえ!」

鉄男は父親にばらまかれた詩を書いた紙を拾い集め、立ち上がった。

鉄男は裕一に気が付く。

鉄男「何だ?」 「お前…。何 見てんだ」

雨が降ってくる。

裕一はそのうちの一枚を拾い、書かれていた詩を読んだ。

裕一「いや」 「あの…こ… これを…」

鉄男「何してんだ」

裕一はカバンの中から、本を取り出そうとするが、
鉄男がカバンを奪い、投げ捨てた。
ハーモニカも投げ出された。

裕一「ご…ごめんなさい!」

裕一はその場を急いで立ち去る。

●呉服屋「喜多一」

まさ「裕一 傘持ってたかな?」

裕一が店に駆け込んでくる。

三郎「何だ おめえ」 「びしょ濡れじゃねえか!」

(翌朝)

裕一「ごちそうさま」

まさ「あっ」 「お弁当」

裕一「行ってきます」

まさ「何があったんでしょ?」

三郎「俺…これから 郡山さ 行ってくるんわ」

まさ「頑張って」

・店頭で

大河原「行ってらっしゃいませ」

桑田「行ってらっしゃいませ」

桑田は大河原に話しかける。

桑田「もう最後の望みですね」

大河原「いや」 「まあ創業からのつきあいだから…」
「うん 貸してくれっぺ」

桑田「駄目だったら…」

大河原「まだ ほら」
「おかみさんとこの実家 川俣銀行がある」

桑田「ああ…」

大河原「大丈夫だから」 「うん」

鉄男は、先日、裕一が残していった通学カバンとハーモニカを
裕一に返そうと待っていた。

●通学路の林の中

裕一が通りかかる。

鉄男「古山」 「おれは筋を通す男だ」

裕一「やめて…」

鉄男「悪かった」

裕一「はあ?」

鉄男「これ」

鉄男はカバンとハーモニカを裕一に渡す。

裕一「ありがとう」

ハーモニカは糸で結びつけられていた。

鉄男「吹け」

裕一「えっ?」

鉄男「直ってるかどうか」 「拭かなきゃ分かんねえべ」
「吹け」

(ハーモニカの音)

鉄男「すまねえ」

三郎が融資の依頼に行った郡山の銀行から帰って来た

●呉服屋「喜多一」店内

大河原「おお…お帰りなさいませ!」

店員「お帰りなさいませ」

大河原「どうでした? 郡山東銀行」 「もう古いつきあいなのに!」

三郎「それが…」

大河原「何ですか?」

三郎「先代なら無担保でも貸すが 俺には… だど」

大河原「旦那さん」 「もう川俣銀行しか残ってません」
「旦那さん ご決断を!」

エールなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第6話の動画を見る

 

スポンサーリンク

エール第6話の動画配信を見る方法

エール第6話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第6話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 972円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(40%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「エール」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第6話の動画を見る

エール第6話の見どころ・感想

古山裕一のモデルとなった古関裕而とはどんな人?

前回のお話はこちら

エールNHK公式サイトはこちら

 

この投稿をInstagramで見る

 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿

権藤家の跡取り

●川俣・権藤家

女中「失礼します」

茂兵衛「入れ」

女中「まさお嬢様からお電話です」

茂兵衛「うん…」

茂兵衛「うん!」

(まさからの電話)

茂兵衛「何!?」

まさ「うちにある骨董品を全部売りに出して…」

●呉服屋「喜多一」

三郎「ほら 持ってけ ジャンジャン!」
「おい 落とすなよ!」 「気をつけろ!」
「及川 早く!」 「危ねえ…」
「早く 運べ!」

●川俣・権藤家

茂兵衛「それでなんとか金を作っだ…だど?」

●川俣・権藤家・源蔵の部屋

茂兵衛「当座をしのいだだけです」 「すぐに行き詰ります」

源蔵「はよせえ」 「跡取りが決まらんと 死んでも死にきれん」

茂兵衛「分かってます」

鉄男は作詩が得意

●福島信夫小学校・教室

藤堂「そういうことか…」
「それで古山のやつ ハーモニカ持ってきてなかったんだ」

久志「乃木大将 近頃学校来てないし よくないことに古山も巻き込まれなければいいなって」

藤堂「お前も 優しいとこあんだな」

●寺の境内

裕一と鉄男が話をしている。

裕一「ま…『万葉集』も?」 「やっぱし」

鉄男「昔の歌とか詩が好きなんだ」 「全部読んだ」

裕一「すごっ!」 「しょ…将来は詩人だね」 「あ…あの詩 すごかったもん」

鉄男「あの詩?」

裕一「そ…『空にかかれし 満月の』ってやつ」

鉄男の詩『空にかかれし満月の 地上に落ちてはかなくも 光里包みて紅燈の 小袖を濡らす涙雨』

鉄男「親父が許さねえ」

裕一「で…でも 詩を書ぐのは得意なんでしょ?」

裕一「人よりほんの少し 努力することがつらぐなくて ほんの少し簡単なこと」
「それが得意なことだって 藤堂先生言ってた」
「しがみつけば 必ず道は開ぐって」
「大将 詩人になれるよ!」

鉄男「バカ言うな」

裕一「いや 絶対になれる!」

鉄男「うるせえ」
「母ちゃんや弟の面倒も見なきゃなんねえ」
「おめえとは違うんだ」

裕一「でも…」

鉄男「おめえ 明日食うもんの心配したこと あっか?」
「明日食うものがねえ」 「弟に食わせるものがねえ」
「そんな心配したごと あっか?」
「俺は毎日だ」
「毎日毎日明日食うもんの心配してんだ」

裕一「なら 僕の家の…」

鉄男「バカにすんな!」
「俺は乞食じゃねえ!」

裕一「ごめん」

鉄男「俺は詩を書くのが好きだ」
「でも それじゃ飯は食えねえ」

裕一「あの詩…」
「あ…あの詩に曲をつけっから」
「いい?」

裕一「つけたら 持ってくね」

●呉服屋「喜多一」居間

蓄音機から曲が流れている。

三郎と裕一は、寝転がって聞いている。

<ナレーション>

日曜日の昼下がり。穏やかな日ざしと音楽に包まれ 幸せな2人でしたが…。

まさ「起ぎて!」 「大変!」

三郎「善治が夜逃げ!?」

まさ「あちこちからお金借りて いなくなったみたい」

裕一は急いで、鉄男の家に向かった。

●鉄男の家の前

借金取りA「もぬけの殻だ」 「街へ出やがったな」

借金取りB「はかりやがったな」 「こりゃ」

<山中を荷物を背負って歩く善治一家>

裕一 鉄男の詩に作曲

●福島の町を見下ろす丘の上

裕一「大将 出来たよ」
「聴いで」
『空にかかれし満月の 地上に落ちて はかなくも 光里包みて紅燈の』

(回想:鉄男の家の前)

藤堂先生は鉄男に話をしていた。

藤堂「頼ることは恥ずかしいことじゃない」
「自分の才能から逃げるな」 「一生後悔するぞ」

鉄男「先生は逃げだの?」

藤堂「俺は ないものを追ったんだ」

藤堂先生が鉄男に渡した名刺「福島日民新聞 記者 沖 隆」

(回想おわり)

●福島の町を見下ろす丘の上

(裕一のハーモニカの音)

<ナレーション>

この2人の組み合わせがヒット曲の数々を生むのは まだずっと先の話で。

音と父親の安隆が豊橋の町中を歩いていた。

<ナレーション>

そのころ 裕一の運命の人も 波乱万丈な人生を歩きだしていました。

●豊橋の街中

橋の上から親子は鯉を見ていた。

安隆「ほら あそこ」 「おった」

音「あっ すごい」

エールなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第6話の動画を見る

コメント