エール第8話の無料動画と見逃し放送配信情報! 環「目の前のことに全力を尽くしなさい」

エール第8話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 1990円 888円 933円 800円〜 925円 500円 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 1ヶ月間 14日間 30日間 30日間 31日間 30日間 30日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1200 なし なし 300 なし 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

エール第8話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

音は、世界的なオペラ歌手の双浦環(柴咲コウ)から
「将来、私みたいになりたい?」
「だったら目の前のことに全力を尽くしなさい」
「分かった?」   と言われる。

音は心を入れ替えた。

姉の吟の14歳の誕生日。家族みんなで誕生日のお祝いをする。

●教会

双浦環が教会で歌っている。

(双浦環の歌声)

音は目を輝かして、それを聞いていた。

(拍手)

タイトルロール

環は教会に来ている人たちと挨拶をしている。

環「どういたしまして」

参列者「失礼いたします」

安隆「すごかったな~あの歌」

音「うん」

安隆「話してみたいか?」

音「えっ?」 「あ~…いや…」

安隆「忘れたのか?」 「やらずに後悔するより…」

音「やって後悔した方がいい」

安隆「よし!」

環は外国人と話をしている。

安隆「あっ あの~」 「あの~…」

環「はい?」

安隆「あっ…あっ」 「あっ…。あの~…」 「ば…馬具を作っております関内安隆と申します」
「これは うちの娘で音です」

環「音ちゃん」 「すてきなお名前ね」

音「あっ…あの…」 「う… 歌… 感動しました!」
「ここに…ここに届きました!」

と言って、音は握りこぶしを自分の胸においた。

環「ありがとう」

安隆「あの~実は今日 1番目にこの子が琴を弾くはずだったんですが」
「遅れてしまって」

環「どうして?」

安隆「その…」
「学芸会でかぐや姫をやると思いきや おじいさん役になって」
「ふてくされ…」

音は安隆のおしりをつねった。

安隆「痛っ! 痛…」

環「人間なだけいいじゃない」
「私なんて 初舞台は枯れ木の役だったわ」

音「枯れ木?」

環「そう… 木」
「将来 私みたいになりたい?」

音「はい!」

環「だったら どんなことがあっても今日みたいに出番に穴をあけちゃ駄目」
「周りの人に迷惑がかかるから」

音「ご…ごめんなさい」

環「目の前のことに全力を尽くしなさい」
「分かった?」

音「はい!」

環「うん」
「ちょっと待ってて」

(レコードを持ってきて)

環「よかったら聴いて」

環は、レコードを音に渡す。

音「ありがとうございます!」

●帰り道

安隆「よかったな~音」
「何か すごい人だったな~」
「さすが 世界を股にかける女性だ」

音は歩きながら、環にもらったレコードを見つめていた。

安隆「音 聞いとるか?」

音「お父さん…」

安隆「うん?」

音「あたし…」 「歌 習いたい」

安隆「歌?」

音「うん」 「歌 歌いたい!」

●関内家・居間

安隆と光子が晩酌をしている。

安隆「きれいだったな~」 「双浦環」
「ふだん 何食べてんだろうな~?」

光子「鼻の下 伸びきってますよ」
「みっともない」

安隆「あれ?」 「嫉妬かね?」

光子「まさか」

安隆「フフフ…」

「音 興奮してずっと話しっ放しだったよ」

光子「あの子 ふだんは大物ぶっとるけど、繊細だから」

安隆「うん…」 「感受性が強いよな」

光子「うん」
「あたしに似て」

安隆「俺だろう」

光子「うん?」
「まっ そうね」

安隆「アハハ…」
「それで 琴をやめて歌を習いたいって」

光子「あ~いいんじゃないですか?」 「琴はやめても」
「今 好きなことをやればいい」
「おんなじことを続けるのが偉いって風潮」 「嫌い」

安隆「出たね~みつの黒い部分」 「黒蜜だ」

(笑い声)

●関内家・二階の物置部屋

吟と梅が音の部屋を覗いていた。

音はセリフの練習をしていた。

音「これが なんとかわいい子じゃ」

吟「全力を尽くす?」 「自分の役に?」

梅「うん」 「だから話しかけるなって」

吟「セリフ ひと言じゃなかった?」

梅「うん」 「『これは なんとかわいい』…」

音が出てきた。

音「し~っ」

音「『これが なんとかわいい子じゃ』」

●小学校・廊下

音「おはようございます」

教師「おはよう!」

たえ「おはようございます」

教師「おはよう」

たえ「あれ?」 「明るい」

音「何が?」

たえ「いや~こないだ もっと気ぃ落としとったで」

音「全然」 「これからのあたしは目の前のことに…」

(回想)

双浦環「全力を尽くしなさい」

(回想おわり)

たえ「どうしただ?」 「急に」

エールなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第8話の動画を見る

 

スポンサーリンク

エール第8話の動画配信を見る方法

エール第8話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第8話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 972円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(40%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「エール」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第8話の動画を見る

エール第8話の見どころ・感想

古山裕一のモデルとなった古関裕而とはどんな人?

前回のお話はこちら

エールNHK公式サイトはこちら

●小学校・教室

熊谷「よし…みんな いいか?」
「台本は覚えてきたらあ?」

児童たち「はい!」

音「嫌になるほど覚えてきました!」

(笑い声)

熊谷「ほいじゃあ 稽古始めるぞ」
「台本はなるべく見んように」
「かぐや姫とおじいさん 123と」 「出といでん」

「はい!」

音「はい!」

「はい!」

かぐや姫役の神崎が、前に出てこない。

熊谷「どうしただ? 神崎」
「かぐや姫がおらんと始まらんぞ」

同級生「良子ちゃん 大丈夫?」

熊谷「時間がない」
「間違えてもいいもんで とにかくやってみよう」

同級生「良子ちゃん? 大丈夫?」

神崎良子はおなかを抱えて座り込んだ。

同級生「医務室行く?」

お昼の時間。

音「頂きます!」

たえ「良子ちゃん まだ寝とるみたい」

音「悪いもんでも食べたんかな~?」

たえ「違うよ 緊張だに」 「主役だもん」

音「えっ 何で?」 「うれしいんじゃなくて?」

たえ「だって 出ずっぱりだに」
「た~んと 人も見に来るだもんね」

音「うれしいよね?」

たえ「音ちゃんみたいな人ばっかじゃないよ」
「それに良子ちゃんのお母さん めちゃくちゃおっかないから」

音「そうなんだ」

(回想)

良子が自宅で母、ますに忠告されている様子。

ます「先生に言って 必ずあんたを主役にするでね」

ます「完璧にやりんよ」
「神崎家の恥になるようなまねだけは絶対に許さんからね」

(回想おわり)

良子は医務室でおなかの上に手をおいて思い出していた。

●騎兵第四旅団司令部

<ナレーション>

そのころ 安隆は商談のために陸軍の施設を訪れていました。

安隆「行こうか」

職人「はい」

安隆は打越と出くわす。

安隆「あっ…」

打越「ほい 何だん」 「関内さん」

安隆「打越さん」 「先 行っとって」

職人「はい」

安隆「いや~来年の契約も約束して頂きましたし 大阪の師団司令部へもご推薦頂きました」
「打越さんのご差配のおかげで私ども やっていけます」

打越「何言っとるだん」
「わしなんか ただ陸軍さんにちぃと知り合いがおるっちゅうだけだで」

安隆「ああ…」

打越「ハハハハハ!」

安隆「うちは特に高くても質のいいものをと 心がけておりますんで」

打越「陸軍さんとの契約がなくなると困るら」

安隆「はい」

打越「まあ 安心せりん」
「あんたんとこは どすごい評判いいで」
「また 行かまい」

安隆「はい 近いうちに」
「失礼します」

打越「そういや 奥さん 元気にしとるか?」

安隆「あっ おかげさまで」
「家内が何か?」

打越「いい職人に けっこい奥さん」
「あんた 幸せもんだに」
「ヘヘヘヘ…」 「ほいじゃ」

安隆「失礼します」

●関内家・玄関前

吟が自転車で学校から帰ってくる。

近所のおばさん「お帰り」

吟「ただいま」

●関内家・居間

吟「ただいま~」

吟が居間に入ると家族のみんなが誕生日のお祝いを準備して待っていた。

安隆「吟 14歳のお誕生日 おめでとう!」

一同「おめでとう!」

吟「ありがとう!」

(拍手)

安隆「はい プレゼント」

吟「ありがとう」
「うわ~!」 「欲しかったの これ!」

プレゼントは口紅だった。

音「お姉ちゃん」 「塗ったげる」

吟「うん」

音「こういう感じでどうかな?」

(笑い声)

吟は、手鏡を見た。

吟「何ぃ これ!」

音「ごめんごめん!」 「あたしにも貸してくれん?」

吟「いかん」 「あたしんだもん」

音「いいじゃん!」

吟「駄目!」

音「お姉ちゃん」

吟「いかん いかん」

音「ねえ…ねえ」 「お姉ちゃん…」

安隆「おいおい…」
「こら 走らん 走らん」

食事の後、居間でくつろいでいる。

梅「そうだ お父さん」
「前やっとったダンス」
「見して」

安隆「えっ?」

梅「ねっ お母さん!」

光子「恥ずかしいわ~」

吟と音「ダンス ダンス ダンス!」

安隆「よし…」 「みつ」
「ほら 来い」

光子「えっ?」 「フフフ…」

吟「さん はい!」

三姉妹「ラ~ララ~ララ~ラ タラララッタ ラ~ララ~ララ~ラ タラララッタ」

安隆と光子はダンスを踊りはじめる。

<ナレーション>

それはそれは とても幸せな一日で…。
こんな日がずっと続くと思っていました。

朝。

光子「はよ 起きて」 「遅れるわよ!」

吟「梅 急ぎん」

梅「急がば回れ」

娘たち三人は朝ごはんを食べている。

吟「えっ 出張!?」 「また?」

音「お父さん 学芸会までには帰ってくるよね?」

光子「うん『必ず戻る』って」
「安心して」

音「よかった」

●小学校・教室

生徒たちは「かぐや姫」の練習をしていた。

たえ「ちょっと切ってみるかのう」 「えい!」

音「これは なんとかわいい子じゃ!」

良子「今から私の言う世にも珍しい宝物を持ってきた人のところへ お嫁に行きます」
「え~っと…」
「え~っと…」

音は機転を利かせたつもりで、出ていった。

音「かぐや姫はこう申しております」
「石作皇子殿は天竺にある仏の御石の鉢を」
「車持皇子殿は東の海の蓬莱山に…」

良子「勝手なことしないで!」

音「ごめん」

熊谷「やめんか」

良子「先生」
「ちょっと体調が悪いもんで医務室 行ってきていいですか?」

熊谷「うん?」
「ああ まあ…」

取り巻きA「私もちょっと体調悪いので」

取り巻きB「私も」

音「先生」
「ごめんなさい」

熊谷「しょうがない」
「ほいじゃ かぐや姫がおらん部分やろう」

女性教師が教室に駆け込んできて、熊谷を手招きした。

熊谷「どうされました?」

たえ「音ちゃん」 「気にせんでいいでね」

音「うん」 「ありがとう」

廊下の片隅で。

熊谷「どうされました?」

女性教師「警察から連絡がありました」

熊谷「えっ?」

エールなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第8話の動画を見る

コメント