エール第19話の無料動画と見逃し放送配信情報! 裕一と音の文通

エール第19話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 1990円 888円 933円 800円〜 925円 500円 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 1ヶ月間 14日間 30日間 30日間 31日間 30日間 30日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1200 なし なし 300 なし 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

エール第19話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

裕一は、音との文通に夢中になり、数え切れないほどの手紙を交わす。

母まさは「とぼけてるっていうか…大物っていうか…」と言った。

ミュージックティーチャー御手洗に「あなたも行ったらいいじゃない」と音は言われる。

音は、母、光子に「裕一さんはちゃんと賞を取って学校への入学許可ももらって しかもお金までもらって行くの」
と戒められる。

●豊橋・御手洗の音楽教室

音は、御手洗の歌のレッスンを受けている。

御手洗「ストップ イット!」 
   「もう どうしたの?」

音「手紙が…来ないんです」

御手洗「あれはファンレターよ」
   「あなたにとっては大切な1通でも 彼にとっては ありんこの中の一匹。宇宙の瞬く無数
    の星の中の星屑」「いや 数の子の中の一粒くらい…」

音「先生 もういいです」

御手洗「ミュージック ティーチャーね」

音「また書こうかな」

御手洗「いいけど…期待しちゃ駄目よ」
   「彼は未来のインターナショナル コンポーザーよ」
   「今のあなたとはクラスが違うわ」

音「先生って はっきり言うから…好き」

御手洗「ありがとう」
   「私はミュージック ティー…」

タイトルロール

●関内馬具店

岩城が作業場で鞍を作っている。

音が作業場にはいって来る。

音「手伝うよ」

岩城「ああ」

<ナレーション>

昔は作業場に入ることを叱っていた岩城も 最近は人手が足りず 音に手伝ってもらうようになっていました。

音「ねえ 岩城さん」

岩城「うん?」

音「岩城さんは 何で結婚せんかったの?」

岩城「女には興味ないで」

音「そう?」
 「そうかな?」

岩城「うん?」

音「お母さんのこと どう思っとんの?」

岩城「別に何も」

音「ふ~ん」
 「まあ いいけど」

岩城「お嬢は結婚せえへんのかん?」

音「うん」
 「歌手になるから」

岩城「残念だのん」

音「えっ?」

岩城「お嬢は筋がいい」
  「安隆さんの腕を継いどる」

音「昔は作業場入っただけでも怒っとったのに」

岩城「ハハ…」 
  「まあ そんな時代じゃないらあ」
  「腕がありゃあ 女 子どもはないて」

音「へえ~」
 「ちょっと見直したわ」

吟が手紙を持って作業場に駆け込んでくる。

吟「音!」
 「来たわよ!」

●関内家・子ども部屋

裕一の手紙

音は裕一からの手紙を読んでいる。

吟も音の横で一緒に手紙を見ていた。

『お手紙ありがとうございました。たくさんの手紙の中で音さんの言葉が特別に私の心に響きました。
 「竹取物語」という共通点 音という名前 そして何より あなたが歌手を目指しているということに興味を引かれました。
 あなたの好きな詩と音域を教えて頂けたら あなたのために曲を作りたいと望んでいます』

音「やった~!」
 「やった やった やった」
 「やった! すごい!」

音は仰向けに寝転んで、手足をバタバタさせて喜ぶ。

梅「うるさいわ~!」

音「見て見て」
 「私のために曲作ってくれるって」

梅「えっ?」

吟「正直 絶対返信ないと思っとった」
 「行動してみるもんね」

音「やって後悔するより やってしまえよ!」

音は吟のおしりを叩いた。

吟「痛い!」

音「『やらんで後悔するよりやって後悔する方がマシ』だと思うけど」

音「う~…曲 楽しみ!」
 「詩 何にしよう?」
 「ねっ 何がいい?」

音は梅に聞いた。

梅は自分の机の上から、一枚の紙を取り出した。

梅「えっ?」
 「これ どう?」

音「うん!」

エールなNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第19話の動画を見る

 

スポンサーリンク

エール第19話の動画配信を見る方法

エール第19話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第19話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 972円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(40%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「エール」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第19話の動画を見る

エール第19話の見どころ・感想

古山裕一のモデルとなった古関裕而とはどんな人?

ミュージカル俳優が大勢出演!

前回のお話はこちら

エールNHK公式サイトはこちら

茂兵衛は当然 留学大反対

●川俣銀行・職場

裕一は職場の机で、音からの詩を読んでいた。

裕一『君を思えば はるかなり 浪のかなたを はるかなり 
   たよりをよめど かすかにて 涙のうちに はるかなり』

裕一「すてきな詩だな~」

裕一は、目をつむって立ち上がり、指揮者のように鉛筆を振った。

知らないうちに茂兵衛が来ていた。

茂兵衛「留学なんぞ 絶対に許さんからな」

裕一「えっ?」

三郎も銀行の入り口に立って聞いていた。

茂兵衛「もう待てん!」
   「すぐにでも養子縁組みの手はずを整える」
   「以後 父親は私だ」
   「三郎ではない」

裕一「りゅ…留学に…」
  「ハン 反対ですか?」

茂兵衛「当然だ!」
   
茂兵衛「お前は権藤家の跡取りだ」
   「音楽家にするために養子にするんでねえ!」

裕一「はい…」

●川俣の居酒屋

裕一と三郎が飲んでいる。

三郎「すまねえ…」
  「取りつひまがねがった」

裕一「いいよ」
  「大丈夫」
  「期待してなかったから」

(ため息)

裕一「茂兵衛伯父さんが反対すんのも当然だよ」

三郎「おめえ やけに冷静じゃねえか?」

三郎「何か変だ…」
  「もっと怒っとか 茂兵衛の悪口言うとか 俺に当たっとかあってもいいんじゃねえか?」
  「これは おめえにとって人生最大の好機なんだぞ」

裕一「分がってっけど」
  「実は…」

三郎「何だ?」

裕一「い…いい」

三郎「何だ?」
  「言えよ」

裕一 音に恋している?

●川俣銀行・裕一の部屋

裕一は、三郎に音からの詩の紙を見せている。

裕一「すてきだろ?」 

三郎「もうちっと マシな紙で書いできてもよさそうだけどな」

裕一「あ~違うよ!」
  「これこそが すばらしいんだよ!」
  「常識にとらわれない感性」

裕一「ファンレターの中で彼女だけが僕の音楽に興味持ってくれたんだ」
  「見て ここ…」 
  「ほら」

三郎「おめえ…恋してんのか?」
  「会ったこともねえ 手紙だけの女に」

●呉服屋「喜多一」居間

浩二「何でコンクールなんかに勝手に応募しちゃうわけ?」

まさ「すごいことでしょ」
  「世界に2位よ」

浩二「はあ…留学したら 喜多一潰れんだよ?」
  「家族ぐちゃぐちゃだよ?」
  「分がってんのかな? あいつ」

まさ「兄さんのこと そんな悪く言うもんじゃないわ」

浩二「はあ…」
  
浩二「母さんの意見 聞かせてよ」

まさ「私にも何がいいのか」
  「何が家族にとって最善策なのか」
  「分かんないの」

浩二「そんなの決まっているよ」
  「留学やめたらいいんだ」

まさ「そうかしら?」

浩二「母さんも…賛成なの?」

三郎が帰って来た。

店の中を見回し、昔のことを思い出していた。

(回想)

レジスターを買った時。

三郎「東北で2台目ですよ」
  「うん?」

大河原に融資を受けることをすすめられた時。

三郎「天下の喜多一が借金しろっつうのか!?」

大河原「いやいや…」
   「だって 貸してくれっとこがあっかどうかも…」

銀行に融資を頼んだ時。

三郎「お願えします!」
  「このとおりだ」

大河原「旦那さん ご決断を!」

家中の骨とう品を売り払った時。

三郎「ほら持ってけ ジャンジャン!」
  「おい 落とすなよ!」
  「危なねえ…」
  「早く運べ!」
  「よし…ゆっくり置け」

保証人になって騙された時。

三郎「京都の呉服 一手に引き受ける!」
  「東北全部が商売相手だ!」

及川「大変です…」
  「とんずらしたって!」

大河原「えっ!?」

及川「百貨店の呉服売り場の人が言ってました」

茂兵衛に融資を頼みに行った時。

三郎「あんたしか喜多一を助けらんねえ!」
  「このとおりです!」

茂兵衛「どっちかを養子に出せ」
   「融資の条件はそれだけだ」

裕一を川俣に送り出した時。

大河原「風邪ひかねえようにね」

(回想おわり)

三郎「一度…」
  「一度 金のために魂 売っちまったら もう取り戻せねえんだな」

  
三郎「あいづに… 茂兵衛兄さんに何も言えねがった」

まさ「裕一は?」

三郎「冷静だった」
  「それに あいづ…こんな時に文通相手に恋してやがる」

まさ「とぼけてるっていうか…」
  「大物っていうか…」

三郎「あ~ 行かせてやりてえ~!」

三郎は仰向けに寝転んだ。

●関内家・子ども部屋

音は裕一からの手紙を読んでいた。

音「ありえんって!」 
 「信じられる? この親」

吟も手紙を読む。

吟「うん?」
 「複雑な事情って何だろう」

音「どんな事情があっても こんな機会逃すなんて考えられん」

吟「んっ!」

裕一の写真に気が付いた。

音「フフッ」

吟「ふ~ん」
 「まあまあ男前じゃん」

音「あたしは美醜なんて気にしない」

吟「あなたの写真が欲しいって書いてあるわよ」

音「そう」
 「それがちょっと不安」

梅「美醜 気にしとるじゃん」

音「裕一さんが気にするかもしれんじゃん」

梅「そんなら その程度の人よ」

音「そうだよね…」
 「そうだ」

裕一は音の為に作った曲を傍らにして、手紙を書いている。

<ナレーション>

それから2人は数え切れないほど手紙を交わしました。
好きな音楽のこと 家族や友人 将来の夢 不安。   何でも手紙につづりました。
音楽の夢をひたむきに追う音に感化され 裕一の音楽留学への思いが再び膨らんできました。

音も 洋行する?

●豊橋・御手洗の音楽教室

音「はるかなり」

音は裕一からの手紙を御手洗にも見せていた。

御手洗「まあ~ロマンチック!」

(裕一の手紙)

御手洗が読み上げている。

  『いかに2人の間が離れていても心は結ばれています』
  『将来 日本楽壇…否 世界楽壇のトップを進む楽人になりしょう』
  『今後 作曲する全てをあなたにささげます。古山裕一』

御手洗は涙を流す。

音はハンカチを御手洗に手渡す。

御手洗「ありがとう」
   「やっぱりファンタスティックな音楽を創造できる人は文章もハートもビューティフル」
   「あなた いい人と出会ったわ」

音「ただ 留学を反対されているらしくて」

御手洗「ホワッツ!?」
   「ありえない!」 

音「でも留学したら したで最低5年は学ばんといかんらしくて」

御手洗「はあ…いいわね」
   「私もドイツに帰っちゃおうかしら」
   「もう日本は堅苦しいわ」

音「5年…」

御手洗「だったら」
   「あなたも行ったらいいじゃない」

●関内家・廊下

光子「いくらかかるか分かっとんの?」

音「イギリスまでの船賃が450円」

<ナレーション>

今のお金で130万円くらいです。

光子「裕一さんはちゃんと賞を取って学校への入学許可ももらって」
  「しかもお金までもらって行くの」
  「あんた…今行っても な~んも学べんわよ」

梅が通りすがりに言う。

梅「運命 信じとるの?」
 
梅「幸せな人だわ」
 「私は自分の力しか信じない」

●呉服屋「喜多一」

三郎「ええ~っ!?」

<ナレーション>

そんな中 想像だにしない知らせが届いたのです。

三郎「ええ~っ!?」

エールなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第19話の動画を見る

コメント