エール第37話の無料動画と見逃し放送配信情報! 自分の音楽に拘る裕一

エール第37話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 1990円 888円 933円 800円〜 925円 500円 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 14日間 14日間 37日間 37日間 37日間 37日間 37日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1200 なし なし 300 なし 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

エール第37話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

裕一は、木枯に言われたように、コロンビアレコードの作曲家ルームで食事に出かけた木枯を待っていた。

木枯は山藤太郎を正式に裕一に紹介したいと、山藤を連れてもどってくる。

挨拶を交わした山藤は、木枯が裕一は作曲家の才能があると言っていたと話した。

木枯は、裕一の作曲する曲は、山藤にきっと合うので、いつか、山藤と是非一緒にやってほしいと言う。

 山藤はテーブルの上に置かれた裕一が仕掛り中の早稲田大学応援歌「紺碧の空」のタイトルが書かれた譜面を見つける。

裕一は、応援歌を頼まれた経緯を山藤に話すと、

山藤は、慶應義塾の「若き血」は山藤が在学中に生まれた応援歌で、慶應義塾大学応援部に歌唱指導したと言う。

タイトルロール

夜、裕一は仕事部屋で応援歌の作曲を考えていた。 歌詞の最後の部分の「覇者」「覇者」は

力強さに欠けると音に言う。

裕一は翌日、喫茶店「バンブー」で、歌詞の変更ができないかと、団長の田中に話をする。

田中は「覇者」は慶應義塾を圧倒する気持ちが出ている言葉なので、譲れないと言った。

 裕一と田中の様子を見ていた、喫茶店「バンブー」の保は、

裕一が書けないのは自分の音楽を作ろうとしているからで、お客のことを考えていないからではないかと言う。

裕一は夜、自分の音楽を作ってはいけないのか、そうでないとすると他の人に頼んでも同じではないかと自分の考えを音に話す。

 音は裕一に、「怒らない?」と前置きをして、

先日、再契約の交渉をした際、廿日市から言われたことを裕一に話す。 

 裕一の作曲は、「普通に盛り上がればよいメロディも、小賢しい知識をひけらかして、曲を台無しにしている」と。

 音は今まで一曲も採用されていないのだから、何かを変えないとまずいのではと言うが、

裕一は、本来ならば、イギリスで音楽を勉強しているはずなのに、東京の片角で、応援団と大衆向けの曲をつくっている状況で、「自分は、自分の音楽を表現しようと頑張っている」と反論する。

「自分の音楽は捨てない。捨てたならば意味がない」と音に言う。

 音は明日から裕一の分のご飯は作らないと言い、裕一との喧嘩が再度始まった。

エールなNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

37日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第37話の動画を見る

 

スポンサーリンク

エール第37話の動画配信を見る方法

エール第37話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

37日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第37話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 972円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(40%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「エール」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第37話の動画を見る

エール第37話の見どころ・感想

古山裕一のモデルとなった古関裕而とはどんな人?

ミュージカル俳優が大勢出演!

前回のお話はこちら

エールNHK公式サイトはこちら

独学の欠点

音は学校で、久志に裕一の話をした。

久志は「裕一のように独学でやってきた者が、往々にしてはまりやすいケースだ」と言う。 

そして、久志は、音に、裕一の最大の幸福は、音で、音楽の才能はその次だと言った。

 音は久志に、「裕一にこのまま才能を無駄にして、後悔しながら生きてほしくない」と言う。  

自分を変えられるのは自分だけ

 音は喫茶店「バンブー」で恵に、「裕一を変えられるのは、裕一自身だと思う」と言われる。

音が「私にできることはないということですか?」と恵に尋ねると、

 恵は、音に「徳川家康公 御遺訓」を渡した。

音は御遺訓の言葉を復唱しながら、帰宅する。

 音と喧嘩中の裕一は、食事の際、嫌がる音の面前で多量の納豆を混ぜる。

夜も仕事部屋で寝始めた。

裕一は、応援歌の作曲もそっちのけにして、交響曲「反逆の詩」を書き上げる。

早稲田大学応援部の焦り

 応援部は試合の日にちがせまり、応援歌が出来上がってこないのに焦り始めるが、

団長の田中は、「人が信じられなくて何が応援だ。裕一を信じる」と団員に言う。

 大学の事務局の人間が部室にやってきて、応援歌の作曲は小山田先生に依頼すると言う。

団員は「小山田先生の曲は古臭い」というが、事務局は「個人の主観は関係ない」と言った。

 団長は「これでおれん腹が決まった。古山裕一と心中ったい。何がどげんなろうと、早稲田第六応援歌は、今度ん早慶戦で歌う。 よかか」 と団員を前に話す。

 その頃、裕一は書き上げた交響曲「反逆の詩」を小山田先生に見てもらっていた。

エールなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

37日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第37話の動画を見る

コメント