エール第38話の無料動画と見逃し放送配信情報! 裕一 自暴自棄 音 実家に帰る

エール第38話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 1990円 888円 933円 800円〜 925円 500円 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 14日間 14日間 38日間 38日間 38日間 38日間 38日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 300 なし 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

エール第38話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

裕一は、自分の才能を証明したいが一心で3日3晩で書き上げた交響曲「反逆の詩」。

小山田先生に見せたが、「でっ・・」とあしらわれる。

タイトルロール

夜遅くなっても裕一が帰ってこないので、音は「はいるべからず」と張り紙がされている裕一の仕事部屋に入った。

散らかった譜面の紙屑と本、机の上にはタイトルだけ書かれた応援歌の譜面があった。

 裕一が帰ってきた。  掃除をしようとしたが、

本棚から本を引っ張り出し、泣きながら、譜面類をビリビリに破く。

 音は何も言わず、優しく、裕一の背中に抱き着いた。

翌朝、音はボーッと登校してしまうが、日曜であることに気づく。

 教室から美しい歌声が聞こえてきた。教室を覗いてみると双浦環が歌っていた。

エールなNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

38日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第38話の動画を見る

 

スポンサーリンク

エール第38話の動画配信を見る方法

エール第38話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

38日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第38話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(40%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「エール」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第38話の動画を見る

エール第38話の見どころ・感想

古山裕一のモデルとなった古関裕而とはどんな人?

ミュージカル俳優が大勢出演!

前回のお話はこちら

エールNHK公式サイトはこちら

ブラツクコーヒー

喫茶店「バンブー」では、応援団の佐藤が、裕一の見張り役?、曲が出来上がるのを待っていた。

団長以下、応援団がやってくる。 団長は皆にミルクセーキをふるまう。

皆は「バンブー」の保、恵から、裕一のコロンブスレコードでの仕事状態について、話を聞いていた。

 突然、学生服を着た数人の学生がはいってきた。 慶應義塾の応援部だった。

慶應義塾は早稲田が新しい応援歌を作ろうとしている噂を聞きつけて、

様子を見に来たのだった。

慶應義塾の団長、御園生はコーヒーのブラックを注文する。

早稲田の団長田中が「何やブラックって」聞く。

パンフーの保が「砂糖もミルクもいれてないコーヒーのこと」と田中に教えた。

田中が「そげなコーヒー苦くて飲めんやろ」と言うと、

御園生は「本場はブラックですよ」「そんなことも知らない」と言葉を返した。

そして「だから負ける、負け続けるのだ」と言った。

 彼はアメリカの大学に留学していたとのことで、常に本物を本場で学んできたという。

慶應義塾の連戦連勝は戦略を練っているからだと言い、それがなければ新しい応援歌を作っても

結果は同じだと言った。

底抜けのバカ

 突然、恵がオックスフォード大学で法律を学んでいた時のことを思い出すと話し始めた。

模擬裁判で底抜けのバカが正面きって正義を訴え、陪審員はほだされていく。

所詮、人は感情の生き物で、論理がすべてでないのなら、違った生き方をしてみたいと

大学を辞めたという。

恵は慶應義塾の団長 御園生に早稲田は底抜けのバカだから、「あなたたち負けるわよ」

と言った。 

早稲田の団長、田中は「名前や功績より、人の縁ば信じるばい」「皆で先生ば応援しに行くばい」

と言い、裕一の家にやって来た。

 

裕一が「僕には書けない。他の人に頼んでください」と言った。

田中は「俺たちは慶應に勝ちたか。慶應に勝つには、奴らを凌ぐ歌が必要ばい」と言うと、

裕一は「応援歌って勝ち負けに関係ありますか?」「早稲田が負けるのは、ただ弱いからです。

実力不足です」と話した。

応援とは?

 田中は部室で部員に、

「応援って、わしらの自己満足でなかろうか」「応援って、勝敗に関係あるとやろか」

と問うていた。

 翌日、裕一は居間の食卓の上に「豊橋に帰ります。 音」との置手紙があるのを見つけた。

エールなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

38日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第38話の動画を見る

コメント