エール第42話の無料動画と見逃し放送配信情報! 音「実践で学ばんと・・」

エール第42話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 1990円 888円 933円 800円〜 925円 500円 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 14日間 14日間 42日間 42日間 42日間 42日間 42日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 300 なし 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

エール第42話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

 音は双浦環に、「正直言うと、あなたの歌には惹かれるものがなかった」と言われる。

また「自分だけが楽しんでいるだけでは、プロとしては通用しない」

「あなたは何を伝えたいの?」

「どこまで役を理解している?」「何も伝わらなかったの。あなたの歌からは」

と痛烈なダメ出しをもらった。

 

  喫茶店「バンブー」で、音はパンケーキのやけ食いをしていた。

裕一、久志がそれを見つめていた。 

裕一は「本当にダメなら、二次審査で落とされているって」と伝えた。

音は「千鶴子さんの技術には絶対かなわないってわかっていたから、

せめて表現力でって思っていたけど」、「何にも伝わってこない」って。

 久志が「だったら、まずは、伝えたいことを明確にするといいんじゅない」

「まずは『椿姫』の世界をしっかりと理解すること」と答えた。

 恵と保が即興で「椿姫」を演じた。音は、「ビオレッタの気持ちが全然わからん」と言う。

「好きなら好きと言うべきよ」と。

久志は「彼女の気持ちを理解するならば、もっとたくさんの恋愛を経験しないとだめかもしれない」と言った。

「なら、恋愛小説を片っ端からよんでみるってどうかしら」と恵は言った。

 
音は恋愛小説を読み始めた。

エールなNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

42日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第42話の動画を見る

 

スポンサーリンク

エール第42話の動画配信を見る方法

エール第42話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

42日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第42話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(42%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「エール」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第42話の動画を見る

エール第42話の見どころ・感想

古山裕一のモデルとなった古関裕而とはどんな人?

ミュージカル俳優が大勢出演!

前回のお話はこちら

エールNHK公式サイトはこちら

 福島では、鉄男が職場で休暇願を出していた。

 新聞社の社長が娘を連れてやってきた。 

娘が鉄男に会いたいとのことで、「また近いうちに遊びに来なさい」と

鉄男に言い残していった。

 

音 本を読むより実践で学ぶ

 裕一は居間で、廿日市から渡された地方小唄の歌詞の作曲を考えていた。

音は歌詞を見て、「気持ちいいくらい中味がないね」と言う。

 
 裕一は「何を伝えるのかってのは本当に大事だ」

「これにどんな気持ちで曲をつけていいのかわっかんない」と返した。 

 裕一が、「音はどう」と聞くと、

音は「恋愛小説を頑張って読んでいるけれど、役に立っとるかどうか」と言う。

 突然、音が閃いた。 「本を読むより、実践で学ばんと」と。

「男女の社交場といえば、カフェーでしょう」 「『椿姫』のビオレッタも社交場の花だった」

と言い、カフェーで音江として、女給を始めた。

カフェーは夢を売る場所

 音は客のネクタイの柄をケムシ絵みたいで、素敵と言ってしまった。

ママから「思ったことを口にしているようじゃ、この世界では務まらないの」

「もう少し頭を使ってちょうだい」といって叱られる。 

希穂子は「ここは夢を売る場所だからね」と言うと、音は「勉強になります」と返した。

希穂子は「音江さんってユニークね」と言って笑った。

 

 古山家では玄関先で裕一が心配で待っていた。 少し酒がはいった音が帰ってくる。

裕一が「酒は喉に悪いからね」と言うと、音は「私決めた。社交場に咲く花になる」と言った。

 裕一は「駄目だよ」といってうろたえる。

エールなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

42日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第42話の動画を見る

コメント