エール第61話の無料動画と見逃し放送配信情報!流行歌はものすごい数の人が聞いてくれる

エール第61話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 1990円 888円 933円 800円〜 925円 500円 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 14日間 14日間 61日間 61日間 61日間 61日間 61日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 300 なし 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

エール第61話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

昭和11年。

コロンブスレコードと契約して5年が過ぎていた。

娘の華は4歳。

裕一はご当地ソングや「大阪タイガース」など球団歌を数多く手がけ、低め安定の作曲家生活を送っていた。

ある日、裕一は廿日市から「コロンブス専属新人歌手募集」のオーディション合格者のデビュー曲の作曲を依頼される。

裕一は、久志にオーディション参加を勧める。

●コロンブスレコード・文藝部

昭和十一年

廿日市「いや~どうも どうも!」

コロンブスレコードと契約して はや5年が過ぎ・。

仙台市関係者がコロンブスレコードに来ていた。

廿日市は裕一が作曲したご当地ソングのレコードを渡す。

廿日市「どうぞお納めください」

   「仙台市民の皆様もきっとお喜びになりますよ」

仙台市関係者「ありがとうございます」

      「これ 君たちも」

振袖女性3人「ありがとうございます」

ミス仙台「先生 記念にお写真いいだか?」

裕一「あっ」

  「はい」

ミス仙台「私がお隣! 私がお隣さ!」

カメラマン「じゃあ お写真撮ります」

     「すいません ちょっと下がって下さい」

     「じゃあ 写真撮りますね」

仙台市関係者「はい」

カメラマン「もうちょい寄って」

     「はい 笑顔で」

     「はい いきますよ~」

     「は~い」

廿日市は、大阪タイガースの球団関係者に、裕一が作曲した応援歌を渡した。

廿日市「この曲は必ずファンの心をつかみます!」

   「巨人に勝てますよ!」

掛田寅男「おおきに おおきに!」

廿日市「ハハハハハ よかった」

球団関係者が歌う。

♪「六甲おろしに」

廿日市は裕一も加わるように勧める。

廿日市「ほら」

裕一「ああ・・」

♪「颯爽と」

裕一はご当地ソングや球団歌を数多くてがけ 安定した作曲家生活を送っていた。

裕一「ありがとうございます!」

  「アハハハ・・」

オープニング・シーケンス

●喫茶店「バンブー」

音と華が来ていた。

音「ほらほら 慌てて食べないの」

華「お代わり!」

保「はい」

音「もう たくさん食べたでしょ?」

 「終わりです」

娘の華も4つになり ますますやんちゃ盛りです。

音「こら! 駄目」

保「はい」

 「これ サービス」

華「やった!」

音「いつもすみません」

 「華『ありがとう』は?」

華「ありがとう 保!」

保「どういたしまして」

音「『保さん』でしょ?」

保「いいのいいの」

恵「華ちゃん しっかりしてきたわね」

音「まだまだですよ」

 「おねしょもするしね」

 「ん~?」

華「保 コーヒー作るの見せて」

保「あ~いいよ」

音「『保さん』でしょ!」

保「いいのいいの」

音「もう~」

恵「華ちゃんが生まれてから 音さん いい顔してる」

音「そうかな?」

恵「うん!」

音「毎日バタバタで大変ですよ」

●古山家・書斎

裕一「フフフフ・・」

裕一はミス仙台や大阪タイガースの人たちと一緒の写真をニヤニヤしながら見ていた。

音「コン コン コン!」

裕一は写真を慌てて机に置いた。

音が入って来た。

裕一「華ちゃん 華ちゃん な・・何描いてんの?」

裕一は慌ててカメラで撮影を始める。

華「チョウチョ!」

裕一「あっ チョウチョ!」

  「あ~かわいい」

音「華ちゃん お父さんの仕事の邪魔したらいけません」

裕一「ううん 大丈夫だよ」

  「大丈夫 大丈夫・・」

  「かわいいな~。あっ!」

音は机の上の写真を手にする。

音「誰?これ」

裕一「あっ それね」

  「この前 レコード渡した時に記念に撮ってもらったの」

  「大阪と仙台の皆さん」

音「へえ~仙台の人はみんなきれいね」

裕一「あっ!」

  「是非 今年の七夕祭り来て下さいって」

音「そんな暇ないでしょ」

 「締め切り いくつも抱えてるんだから」

裕一「そうだけどさ・・」

華「出来た!」

 「お父さん撮って」

裕一「うん!」

  「あ~上手だね~!」

華「すごいでしょ」

 「フフフ」

裕一「うん! 上手」

華「ここが目なんだよ」

裕一「あっ これ 目?」

  「ハハハ いいね!」

音「ずっと続くといいねえ」

裕一「うん? 何が?」

音「裕一さんのお仕事が順調に続いて」

 「華もどんどん大きくなって・・」

裕一「そうだね」

音「はい お片づけして下さい」

華「はい!」

裕一「はい カエルさんも」

音「はい どうぞ」

 「よし お手伝いしてくれるかな?」

華「はい!」

音「よいしょ・・」

 「じゃあ 頑張って」

裕一「写真・・」

エールなNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

61日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第61話の動画を見る

 

スポンサーリンク

エール第61話の動画配信を見る方法

エール第61話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

61日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第61話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(61%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「エール」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第61話の動画を見る

エール第61話の見どころ・感想

古山裕一のモデルとなった古関裕而とはどんな人?

ミュージカル俳優が大勢出演!

前回のお話はこちら

エールNHK公式サイトはこちら

裕一 低め安定

●コロンブスレコード・文藝部

廿日市「木枯がテイコク行ってから イケイケドンドンだろう?」

   「こっちも何か新しいことをしないとさ・・」

   「・・ったく あの裏切り者が」

   「金に目がくらみやがって」

   「だから 今回の募集には社運がかかってるわけ!」

裕一「社運・・」

廿日市「というわけで 合格者の新曲は君にお任せするから」

   「ヒット曲よろしく」

裕一「はあ・・」

廿日市「君 ず~っと低め安定だからさ~」

   「そろそろ第二の『船頭可愛や』欲しいよね」

   「ねえ?」

●おでん屋台

裕一は鉄男の屋台で飲んでいる。

裕一「どうせ 僕は低め安定だよ!」

鉄男「あの野郎 自分で書いてみろっつうんだよな」

裕一「本当だよ!」

久志がやってくる。

久志「あ~気分悪い!」

  「こんなのが売れるなんてね 世も末だよ」

久志はチラシを卓上に置いた。

裕一がチラシを手にする。

裕一「誰?」

久志「酒ちょうだい」

裕一「ねえ 誰?誰?」

久志「音楽学校の後輩 演技も歌も並以下」

裕一「帝都劇場!」

  「えっ 後輩君 すごいじゃない!」

久志「ちょっと顔がいいだけでワーキャー言われてね」

  「僕みたいな本物はね だまされないんだよ!」

久志はチラシを投げ捨てた。

鉄男「だったら おめえもプロになれよ」

  「後輩に先越されてる場合か?」

裕一「卒業して何年たった?」

(4年前の回想)

裕一「卒業おめでとう!」

久志「ありがとう!」

鉄男「おめでとう!」

  「これからどうすんだ?」

久志「決まってんだろう」

裕一「おっ!」

久志「スカウトが来りゃ 則プロデビューさ」

(3年前の回想)

久志「今は研鑽を積む時だからね」

  「飲んで飲んで」

  「おごっちゃうから」

  「飲んで」

(2年前の回想)

久志「自分を安売りしちゃいけないと思うんだ」

裕一「ねえ 見て見て これ」

鉄男「何だ? そのカメラ」

裕一「華のこと撮ろうと思って買ったの」

(1年前の回想)

泣きべそをかきながら話す。

久志「僕だよ・・」

  「ねえ みんなのプリンスの・・僕 佐藤久志だよ!?」

(音楽学校時代の回想)

女子生徒たち「キャ~!」

潔子「えっ・・プリンス?」

音「プリンス?」

潔子「音さん 知らないの?」

  「頭脳明晰 眉目秀麗 神が与えし美しい声!」

久志「それはちょっと褒め過ぎじゃないかな?」

(回想おわり)

久志「バカ野郎・・」

久志「僕を見つけられないなんて 世の中 間違ってんだよ」

鉄男「じ~っとしてたって何も変わんねえぞ」

  「俺なんか 毎日必死でネタ考えてんだから」

鉄男は久志のお皿におでんを置いた。

久志「これは『タネ』だ」

鉄男「実はよ 路面店出さねえかって話があるんだよ」

裕一「え~? 作詞は?」

鉄男は何かを取り出す。

裕一「あっ 書いた?」

  「あっ 見せて 見せて!」

鉄男「仕事の合間に ちょこちょことな」

裕一「うん?」

  「これ何? 『僕は君の唇に潜り込みたい』」

久志『ああ もっと近づいて 深くまで・・』

久志ものぞき込んだ。

鉄男「あっちょっと ちょっと・・」

久志「はあ?」

裕一「えっ? せ・成人小説?」

鉄男「いや あの・・ちょっとした小遣い稼ぎだよ」

久志「こんなくだらない読み物 金になんの?」

  「才能の無駄遣い」

  「あっ もともと 才能なかったりして」

鉄男「ああ!?」

  「おめえこそ口ばっかりで全然世の中に出ねえじゃねえか!」

久志「はあ!?」

裕一「あっ! そうだ!」

裕一はカバンの中からコロンブスレコードの新人歌手募集の新聞を見せた。

  「そうだ 久志・・これこれ! 応募してみなよ!」

鉄男「合格したら即デビュー?」

裕一「そう!」

久志「コロンブスお断り!」

  「『福島行進曲』が売れなかったのは僕を使わなかったせいだよ」

  「君たち 分かってんのか?」 

鉄男「おめえ そだ昔のこと まだ引きずってんのか?」

久志「デビューっつったって流行歌でしょ?」

  「僕が歌いたいのはね オペラなんだよ」

裕一「いや 流行歌はね ものすごい数の人が聴いてくれんだよ」

  「久志の歌声なら絶対 女性客のウケいいから!」

久志「いやまあ 僕が歌ったらいや ウケはいいと思うんだけどさ」

  「でも西洋音楽 裕一も志望だったろう?」

  「未練ないのか?」

裕一「ない!」

  「・・と言ったらまあ うそになるけど」

  「でもね 流行歌がいかに大衆の心をつかむか もう身に染みてよ~く分かったから」

鉄男「頼もしな」

裕一「あ~あ 久志にも体験してほしいな~」

鉄男、久志、裕一の流し

●1軒目の居酒屋

居酒屋の前で、鉄男、裕一、久志が準備していた。

鉄男「準備いいな?」

  「いいな? いくぞ」

裕一「よし」

鉄男「よし!」

裕一「よし!」

店主「いらっしゃい!」

鉄男「すいません」

  「お客さん 一曲どうですか?」

裕一「どうですか?」

客「いい いい・・」

鉄男「あっ お客さん どうですか?」

久志は居酒屋入口の柱にもたれかかっていた。

客「おにいちゃんたち 流し やってるのか?」

裕一「はい!」

客「あっ そう」

 「じゃあ一曲お願いしようかな~?」

2人「ありがとうございます!」

客「いい曲頼むよ!」

久志「かしこまりました」

久志が急に口をはさんだ。

客「うん?」

鉄男「おい 何歌うんだ?」

裕一「何?」

久志はオペラを歌いだす。

裕一「ちょちょちょ・・」

客「うっせい!」

 「引っ込んでろ!」

裕一「すいません」

久志はオペラを続ける。

客「何 訳の分かんねぇ歌 歌ってんだ!」

 「酒がまずくなるだろう!」

鉄男「誰がオペラ歌えっつった!?」

久志「分かるやつには分かるんだ」

鉄男「金もらってんだぞ」

  

●2軒目の居酒屋

鉄男がギターを弾く。

久志が『船頭可愛や』を歌う。

♪「夢もぬれましょ」「潮風夜風」「船頭可愛や」「エー船頭可愛や」「波まくら」

(拍手)

客「おにいちゃん うまいな!」

客が久志に酒を注ぎに来た。

久志「ありがとう」

おかみ「男の『船頭可愛や』もいいわね~!」

親子連れの客が久志のところに来る。

客「いい歌だった」

 「何でだか グッと来た」

 「おかげで明日も頑張れるよ」

客の子ども「おにいちゃん ありがとう!」

     「かっこよかった!」

客「ほら おにいちゃんに渡すんだろう?」

客の子ども「うん」

     「はい。ありがとう!」

子供は久志にお金を渡した。

客「ありがとう」

裕一「ありがとうございます」

鉄男「ありがとうございます」

客は店を出て行く。

久志 オーディションを受ける決心

●古山家・居間

音がお酌をして、裕一、鉄男が酒を飲んでいる。

久志は縁側に座って庭を見ている。

音「流しでオペラ!?」

 「ハハハハ・・・」

鉄男「笑い事じゃねえよ」

  「もう客からブーブー言われてさ・・」

音「じゃあ 全然駄目だったんだ?」

裕一「いや~それがさ・・」

音「うん?」

鉄男「フッフッフッフ・・」

  「ほい!」

鉄男はコインで満杯のカンを机の上に置いた。

音「えっ!? こんなに?」

久志「僕が本気出せば そんなもんさ」

裕一「いい気分だったろ?」

  「拍手喝采浴びて」

久志「まあ悪くはないね」

鉄男「正直に言えよ」

  「おめえ めちゃくちゃうれしそうだったぞ」

久志「笑止千万」

  「プロとしてお金をもらった以上 それなりの仕事をしたまでさ」

鉄男「強がんなって」

  「おめえ あの親子からもらった一銭玉 大事にしまってたくせに」

久志「たかが一銭 されど一銭だよ」

音「でも やってよかったじゃない」

久志「分かった・・オーデション受けてあげるよ」

裕一「えっ!? ほ・・本当?」

久志「コロンブスに僕の力を貸そう」

  「ああ見える・・日本中が僕の歌のとりこになるってる姿が」

鉄男「俺も聞こえっぞ~」

  『あの詞がすてきなのよね~』

裕一『あのメロディー 何回でも聴きたくなるな~』

音はあきれた顔をして立ち上がった。

裕一「よし・・久志が受かれば 福島三羽ガラスで売り出すのも夢じゃない!」

  「是非 協力させてもらうよ」

久志「ああ! 君にも協力させてあげてもいいぞ」

鉄男「フン! おめえが途中で逃げ出さなきゃな」

裕一「よし・・久志」

久志「おう」

裕一「鉄男も」

鉄男「うん!」

裕一「絶対 絶対 合格するぞ!」

3人「オ~!」

三人は乾杯した。

久志が歌を好きになった理由?

●古山家・書斎

裕一は、新曲の歌詞を見ている。

音「コンコ~ン!」

音がお茶をもって、入って来た。

音「新しい依頼?」

裕一「うん・・ありがとう」

  「新人のためのデビュー曲だって」

音「ってことは・・」

裕一「久志のための曲」

音「そうなるといいね」

裕一「ねえ」

音「そういえば 久志さんって昔から歌が好きだったの?」

裕一「うん? さあ?」

音「えっ 知らないの!?」

裕一「えっ? 男同士なんてそんなもんだよ」

華がやって来た。

華「お母さ~ん!」

音「うん?」

華「おなかすいた!」

裕一「おなかすいた?」

音「はいはい 分かった分かった」

 「じゃあ ごはんにしましょう」

 「はい」

裕一「ありがとう」

音「頑張って」

裕一「うん!」

音「頑張っては?」

 「ほら」

華「頑張って」

裕一「頑張ります」

音と華が出て行く。

裕一「確かに謎だな・・」

(ナレーション)

そう 久志が歌を好きになった理由。

それは…あっ!

久志「その謎は明日のお楽しみ」

エールなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

61日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第61話の動画を見る

コメント