エール第75話の無料動画と見逃し放送配信情報! 『暁に祈る』完成 福島三羽ガラスのデビュー

エール第75話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 1990円 888円 933円 800円〜 925円 500円 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 14日間 14日間 75日間 75日間 75日間 75日間 75日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 300 なし 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

エール第75話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

鉄男 藤堂先生のことを思って作詞

鉄男は藤堂先生から、「俺のことを思って書いてみてくれないか」

「もし村野と古山が作った曲とともに征けたらこんなに心強いことはない」と言われ、もう一度『暁に祈る』の作詞に挑戦することを決心する。

裕一と鉄男は、出来上がった詞をもって陸軍を再訪した。 武田少佐は「これでいきましょう」と歌詞が採用された。

藤堂先生は出征していった。 久志によるレコーディングが行われ、昭和15年映画が公開された。 大ヒットとなる。

福島三羽ガラスのデビュー

ついに福島三羽ガラスが世に出た。

裕一と鉄男は打ち合わせでバンブーにいた。 保が『暁に祈る』と映画を見て来たと言い、保は久志が映画に出ていることに気が付いた。

裕一と鉄男がほほ笑んだ。 保は「今や兵隊の見送りと言えば『暁』だもんな。出征には欠かせない一曲だ」と話した。

(回想)

武田少佐:「やや感傷的ではありますが、出征したら生きては帰らないという覚悟を感じさせる。国民の戦意を高揚させるすばらしい歌詞だと思います」

(回想おわり)

鉄男は次の曲の歌詞を裕一に渡していた。

吟の国防婦人会では、「婦人会の曲も作ってもらったらどうでしょう」という声が出たが、吟は何も言わずその場を離れる。

エールなNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第75話の動画を見る

 

スポンサーリンク

エール第75話の動画配信を見る方法

エール第75話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第75話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(75%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「エール」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第75話の動画を見る

エール第75話の見どころ・感想

古山裕一のモデルとなった古関裕而とはどんな人?

ミュージカル俳優が大勢出演!

前回のお話はこちら

馬具職人の道を頑張る 五郎

豊橋では、五郎が岩城のもとで、怒られながらも馬具職人を目指しがんばっていた。

光子はお茶の準備をしながら、梅に「ずいぶん手馴れてきたわよねぇ」「岩城さん。五郎ちゃんのこと気にいっとるみたい。ずいぶん仕事も早うなったし、仕上がりだって丁寧だし、もうそろそろいいんじゃない」と言うが、梅は「いかん。甘やかすのは本人の為にならんから」と言った。

 夜、梅はまだ作業をしている五郎の様子を覗く。

五郎は「体にたたきこんで、目をつむってでもできるようにならねぇと」と言った。

梅は「そんなにできたら岩城さん超えちゃいそう。ちょっとやってみいりん。目をつむって」と言って、五郎が目をつむると、五郎の頬にキスをした。

子供音楽教室の発表会

 一年後、古山家にはNHKのニュース歌謡というラジオ番組の企画が来た。

一方、音の音楽教室では、発表会をやろうという声が子供たちから起きていた。 子供たちは発表会で音にも歌を歌ってほしいという。

華の「お母さん。やろうよ」という言葉に音も心を動かされる。 夜、食卓で裕一も「やったらいいじゃん。お母さんの歌。聞きたいな」と。 音は「がんばろうか」といった。

昭和16年12月。 太平洋戦争勃発の数日前のことだった。

エールなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第75話の動画を見る

コメント