エール第103話の無料動画と見逃し放送配信情報! 音「ついていけるかしら?」

エール第103話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 1990円 888円 1026円 800円〜 1017円 500円 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 14日間 14日間 103日間 14日間 103日間 103日間 103日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 550 なし 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

エール第103話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

音と裕一が初めて出会ったのは・・川俣 

 吟の家に、裕一が華を迎えにきた。

吟は「私とケンも出るので、そこまで一緒に行きましょう」と言った。

 吟とケンは教会にやってくる。

吟が華に「知ってた? 音と裕一さんが初めて出会ったのって、教会なんだって」と言うと、

華は「文通って言ってなかった?」と答えた。

吟は、「それがね。子供の頃に、川俣の教会で歌ってた音のことを、裕一さん偶然に見てた・・」と言うと、

裕一が「いいじゃないですか。その話はもう」と言って止める。

 ケンが「華ねえちゃんもやろうよ」と言って、子供達の方へ連れていく。

吟は「優しいですよね。華ちゃん」と言うと、裕一は「ええ」と答えた。

本当に大変なのはこれから

 裕一は、教会の掲示板に貼られていた催し物の案内を見ていた。

ひとりの女性が「子供達の為に、いろんな催し物をやっているんですよ」と裕一に話しかけてくる。

 吟が「佐代さん。こんにちは」と挨拶した。

吟は佐代に「古山裕一さんと華ちゃん」と紹介する。

佐代は「古山裕一って、あの作曲家の?」と聞いた。洋一は「い・・、一応」と返事をする。

「『鐘の鳴る丘』子供達、いつも楽しみにきいているんですよ」

「『とんがり帽子』も一緒に歌っています」と言った。

裕一は「ありがとうございます」とお礼を言う。

佐代は「この子たちも、ようやく娯楽を楽しめるようになって」

「今までは、命をつなぐことに必死でしたからね」

 吟が「佐代さんたちのおかげですね」と言う。

佐代は「最低限の衣食住は満たされても、本当に大変なのは、これからなんですけどね」と話した。

  古山家では、音がオルガンにうつぶせて、待っていた。

裕一と華が帰って来た。

華の部屋で、音と華が話をしていた。

音は「華の気持ち、ちゃんと考えてあげられなくてごめんなさい」

「駄目ね」と話した。

華「私も、言いすぎたし」

音「あのね。華。お母さんが歌を中断したのは、華のせいじゃない」

「お母さんが、華を選んだの」「華に会いたかったの」

二階から降りて来た音に、裕一は「ちゃんと話せた?」と聞いた。

音は「伝わったかなはわからないけど」と答える。

音 最終選考会に合格

 それから数日後、音の最終選考の連絡がきた。

電話を切ると、音はバタンと横になり「どうしよう」と言った。

「受かってしまった」「信じられない」「ほんとに私でいいのかしら」と言う。

裕一は「いいんたよ」」いいんだよ」「いいんだよ」「本当におめでとう」と言った。

「がんばる」「絶対にいい舞台にする」と音は答える。

華が帰って来た。

音は華に「これから忙しくなると思うけど」「お手伝い。頼んでもいいかしら」と聞いた。

華は「お弁当は自分で作るよ」「おめでとう」と言った。

エールなNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第103話の動画を見る

 

スポンサーリンク

エール第103話の動画配信を見る方法

エール第103話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第103話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(103%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「エール」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第103話の動画を見る

エール第103話の見どころ・感想

古山裕一のモデルとなった古関裕而とはどんな人?

ミュージカル俳優が大勢出演!

前回のお話はこちら

オペラ『ラ・ボエーム』の顔合わせ

 そして、とうとう、オペラ『ラ・ボエーム』の顔合わせの日がやって来た。

演出の駒込が音を皆に紹介した。

 顔合わせが始まった。演出の駒込が挨拶をする間、音は出演者達の経歴を見ていた。

皆、輝かしい経歴の人達だった。

 音はバンブーでコーヒーを飲んでいた。

コーヒーを飲み干して、「ああ疲れた。コーヒーおいしい」と言うと、

恵が「お稽古、大変そうね」と言った。

音は「すごい方ばかりなんです」と答える。

(稽古シーンの回想)

音が「ついていけるかしら」と言うと、恵は「音さんなら、大丈夫」と言った。

音は「がんばるしかないですよね」と答えた。

池田 駒込は調子のいいやつ?

 裕一は放送局で、池田に音のことを話していた。

池田は裕一に「奥さん。舞台経験あるんだっけ?」と聞いた。

裕一は「音楽学校中退して、ずっと休んでいたんで、これが初めての舞台なんです」

「必死に練習して、オーディション勝ち抜きました」と答えた。

池田は「ブランクあんのに。大したもんだねぇ」

「演出は誰?」と聞いた。

裕一が「駒込さんって言ってたと思います」と答える。

池田「駒込? あー。あの調子のいいやつか」

裕一が「ご存じですか?」と聞くと、

池田は「うん。まあね」「そっかー。駒込かー」「へぇー」と言った。

ラ・ボエーム稽古場

 音は主役の男性と二人の場面の稽古をしている。

音は指揮者の方ほ見ていると、男性が「古山さん。どこ見てるんですか?」

「僕を見てください。指揮は見るものじゃなくて、感じるものでしょう?」

「ハイツェーもう少し伸びませんか?」「それと、ここの歩き方なんですけど・・」

と言おうとすると、

演出家の駒込が「伊藤くん。そういうのは演出の仕事だから・・。ねっ」

と言って、遮った。

そして「少し休憩して、もう一度、今のところから行きましょう」と言った。 

音は「すみません。お願いします」と言って頭を下げた。

 古山家では、華が台所で裕一と夕食の準備をしていた。

音が帰って来た。

音は「先に召し上がっていてください」「今日の復習しないと」と言って居間を出る。

千代田音楽共同社の脇坂常務

 夏目千鶴子が、廊下を通りかかり、音が練習しているのを廊下から見ていた。

 音が歌い終わると、駒込が「よし。ちょっとは休憩しよう」と言った。

音は相手役の伊藤に「伊藤さん。いろいろご迷惑をおかけしてしまって、申し訳ありません」

と言うと、伊藤は「僕に謝ることじゃないです」と言った。

 音は廊下から夏目が見ているのに気づく。

 常務の脇坂が稽古場にやって来た。

駒込は音に「こちら、今回の公演を企画された千代田音楽共同社の脇坂常務」と紹介した。

音は「古山です。よろしくお願いします」と挨拶する。

脇坂は「どうですか。調子は?」と音に聞く。

「皆さんにご迷惑をおかけしてしまって・・」というと。

脇坂は「大丈夫ですよ。あなたなら、きっとやれる」と言った。

 駒込は音の両肩に手を置いて、励ました。

最終審査 最終審議の真相

 

(最終審査の最終審議シーンの回想)

夏目千鶴子が音以外の人に一票を入れる。

演出の駒込が同数の2人について、「ではこのふたりでもういちど」と言う。

 脇坂常務が入って来た。

駒込が最終審議中と伝える。

常務は、「主役は古山 音さんでいこう」と黒板に書かれていた音の名前を丸で囲む。

「彼女。古山裕一さんの奥さんだそうだ」

「話題になるだろう」「宣伝にも使える」と言った。

 夏目千鶴子が「あのー」

「お言葉ですが、それでは何の為のオーディションだったのでしょう?」

と聞いた。

常務は「駒込くん。いいよね」と言った。

(回想シーンおわり)

脇坂常務が「古山さん。期待していますよ」と言い、

音は「はい。がんばります」と答えた。

エールなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第103話の動画を見る

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  水産会社ならではの確かな品質! オホーツク海の海産物はもちろんの事、北海道各地より新鮮な蟹や魚貝類を買い付け、中間業者を極力通さずに300種類以上の北海道の味覚を直接全国のお客様の元へお届け!
スポンサーリンク

歴史を楽しむテーマ別ツアー